2009/03/25

消えゆくテレビカー

京阪特急の伝統だった「テレビカー」が2011年までに廃止されることが発表されました。

京阪、テレビカー廃止へ ワンセグ普及で「役目終えた」(asahi.com)

テレビカーは1954年に登場しているので半世紀以上の歴史があります。当時にしてみればテレビは珍しい存在だったので、非常に人気だったと言われていますが、現在は確かに携帯電話でもテレビが受信できる時代。やはり時代の流れからすると仕方ないのかなという気がします。

これに合わせて特急車両の改装も予定されており、車端部にはロングシートとつり革を設置。これも賛否両論出てきそうですが、京阪間ノンストップの時代ならともかく、樟葉や枚方市にも停車することや、通勤時間帯で運用することも考えればやむを得ないのかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/03/19

阪神なんば線、いよいよ開業

明日(3月20日)、阪神なんば線の西九条-大阪難波間が開業。阪神電車と近鉄電車の相互乗り入れがいよいよ始まります。

神戸三宮と奈良を直通する快速急行が走り、近鉄線方面からも尼崎まで普通や準急が乗り入れてくることになります。これにより、神戸と大阪ミナミが直通できるようになり、さらに奈良まで乗り換えなしで行けるようになります。

異なる会社間の相互乗り入れはあちこちで見られますが、真ん中に地下鉄を挟むのがほとんど。しかし、今回の相互乗り入れは地下鉄を挟まず、2社間でダイレクトに直通であるのと、阪神電車と近鉄電車で車両の規格が異なる同士の乗り入れということで、珍しいパターンと言えるでしょう。

これにより、姫路から神戸三宮・大阪難波を経て奈良、果ては名古屋や伊勢志摩方面までレールがつながることになります。近い将来、神戸から伊勢志摩方面へ直通する近鉄特急を走らせるという構想もあるようで、ちょっと楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/05

金太郎号

10月1日から神奈川県と関西を結ぶ高速バスの新路線が開業しました。まあ、神奈川県と言っても始発は小田急線の新松田なので、横浜方面の人が利用する機会はまずないとは思いますが・・・。

どちらかというと、静岡県東部をターゲットにした路線で、新松田を出たあと御殿場・沼津・新富士・静岡と停まっていって、京都・大阪に向かいます。もともと、このルートの兄弟路線で御殿場から山中湖・河口湖方面に向かうルートがありました。このルートが好調なことで、新たに別ルートとして開設されることになり、沼津・御殿場までは2便となります。

で、このバスの愛称は「金太郎号」。足柄山の金太郎伝説に由来するのでしょうが、夜行高速バスのイメージからするとなんとも微妙なネーミングですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/09/30

やまと号、神奈中撤退

奈良交通と神奈中で共同運行している夜行高速バス「やまと号」、横浜~奈良線が本日をもって運行を終了し、神奈中が撤退することになりました。

この「やまと号」は横浜発着の夜行高速バスとして最初に運行開始したもので、かれこれ20年経過しました。自分も何度かこの路線にお世話になったことがあり、特に早朝に奈良に到着してまだ観光客の少ない奈良公園の散策を楽しむのにはもってこいの路線でした。

横浜から奈良への夜行バスはこのままなくなるわけではなく、引き続き京成バスが運行している千葉・東京ディズニーリゾートからやってくる路線が乗り入れることになります。ただし、町田バスセンターには停まらなくなります。予約・発券業務は神奈中がこのまま引き受けることになっています。

最近、横浜発着の高速バスは路線再編が続いています。とりわけ、京成バスが引き継いで千葉方面とセットになっている路線が増えているような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/26

快速特急:京都出町柳行き

快速特急京阪電車でも走るようになるんですね。まあ、現在のK特急で、夕方ラッシュ時以降の出町柳行き限定ですが・・・。

詳しくはこちら

中之島線開業に伴う新ダイヤの概要が発表されましたけど、種別が増えてごちゃごちゃになった感じ。しかも天満橋から淀屋橋行きと中之島行きに分かれるので、余計複雑になりそうな予感がします。

おそらく、列車種別の多さは西武池袋線をしのぐような気がしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/08/05

阪神なんば線

京阪中之島線に続いて、建設中の阪神なんば線(西九条-難波間)の開業が来年の3月20日予定と発表されました。

このルートが開業すると神戸から大阪ミナミが直結することになりますし、さらに近鉄にも乗り入れて奈良方面へとつながることになります。これまで、神戸から大阪ミナミに向かうには梅田から地下鉄に乗り換えなければならなかったのが、直通で行けることになるのでかなり便利になります。ちなみに、三宮から難波までの運賃は400円(加算運賃込み)になる予定なので、これも安くなります。

こうなると、今後の興味は乗り入れによってどのようにダイヤが変化していくかになります。おそらく、三宮-難波-奈良の直通列車は走ることになるでしょうが、阪神と近鉄は電車の規格が異なるので、輸送力の面で問題が出ないかどうかちょっと気がかりです。

夢としては近鉄特急が三宮や姫路にまで乗り入れるようになれば、ちょっと楽しいかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/08

「くいだおれ」閉店

大阪・道頓堀の名物店「くいだおれ」が本日閉店し、60年あまりの歴史に幕を閉じました。

くいだおれ、閉店 60年の歴史に幕(SANSPO.COM)

いかにも大阪らしいシンボル的なお店でしたが、店舗ビルの老朽化と家族経営の限界もあって閉店。やはり口々に閉店を惜しむ声が聞こえてきます。

そこで気になるのが店のシンボルとも言える「くいだおれ人形」の去就。これまで、かなりの数のオファーがありましたが、結局のところ正式には何も決まっていない様子。リンクの記事によれば現在の場所に残すことを検討中とありましたけど、果たしてどうなるかは未知です。

やはり、大阪のシンボルなのですから、個人的には道頓堀のどこか、せめて大阪市内に保存するようにしてもらえればいいんじゃないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/28

新しい京阪電車

京阪電車のニューカラーの電車3種類がいよいよ揃い踏みとなりました。

京阪電鉄、半世紀ぶり新カラー 中之島線の新車両も公開(asahi.com)

こちらの記事では写真特集まで組まれていて、詳細がわかるようになっています。

全部の車両のカラーリングを思い切って変更して、イメージチェンジを図ろうとしているわけですが、それでもこれまでの伝統のカラーリングを活かしつつ、違和感のないデザインに仕上げられているように感じました。とりわけ特急用の8000系は、塗り替えることでいっそう引き締まったような感じを受けます(車内もリニューアルされているそうです)。

ただ、5扉の5000系にこの新しいカラーリングが似合うかどうかは、ちょっと微妙ですね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/01

神戸KANONが閉店へ

秋葉原の「くろすろ~ど」の閉館から2週間。今度は西の方から残念なお知らせが届いてしまいました。

カフェレストラン神戸KANONをご利用の皆様に大切なお知らせ
(公式ブログ:ニャンとしてKANONより)

関西で最初のメイドカフェである「神戸KANON」が6月30日をもって閉店するということです。かねてからここのお店の評判は聞いていたので、1度行ってみたいと思っていたところでしたが、この2月に訪問することができました。

2月の訪問記はこちら

落ち着いた雰囲気と丁寧な接客、それに随所に見られるこだわりに、正統派メイドカフェの神髄を見たような気がします。そんな癒しとくつろぎの空間がまた失われてしまうことは、本当に残念でなりません。

それにしても、秋葉原でも他の地方でも正統派と言われているメイドカフェがどんどん閉店しているような気がします。とにかく、「くろすろ~ど」の上の店に代表される、いわゆるアミューズメント系のお店ばかりがマスコミにもてはやされ、メイドカフェ全体が誤ったイメージで紹介されてしまうのは大きな問題だと思います。メイドカフェはどこに行っても同じと考える観光客は、正統派のお店に行くときっとがっかりさせられるのでしょう。

本当にいい店がどんどん失われていく・・・悲しいことです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/04/21

京阪中之島線、10月19日開業

今年の新線開業の締めくくりともなる京阪中之島線(天満橋~中之島)の開業日が10月19日と発表されました。それに伴って、新しいダイヤの概要も発表されています。

大阪-京都はこうなる!新線のダイヤ明らかに 中之島線(asahi.com) 

大阪側の都心が2方向になることで、大きな変化が予想されていた新ダイヤですが、中之島へは京都から直通する新種別「快速急行」が乗り入れます(1時間あたり2本)。そのほか、区間急行と合わせて1時間あたり8本の運転となります。ちなみに、快速急行は3ドアクロスシートの新型車両での運転が中心になります。

一方、淀屋橋からはこれまで京都へ直通していた特急(1時間あたり6本)のうち、2本が枚方市止まりになります。ただ、京橋駅の同一ホーム上で中之島方面と淀屋橋方面の電車の相互接続を図るようにするとのことなので、利便性は確保されています。

さらに、これに合わせるように、これまで50年以上にわたって親しまれてきた電車のカラーリングが一新されることになります。特急車も通勤車もすべての車両が対象になっていて、これまでの伝統を活かしつつも新しい京阪電車のイメージを出すことになります。まさに大変身という感じですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧