2009/02/07

旭山動物園物語

本日公開の映画「旭山動物園物語~ペンギンが空をとぶ」を観てきました。

旭山動物園といえば日本最北の動物園で、いまは年間300万人以上の入場者数を数える日本有数の動物園です。この動物園を特徴づけているのが「行動展示」と呼ばれる展示方法で、動物たちが野生に近い生き生きとした姿を見せてくれるように、施設を工夫しているということです。

その旭山動物園の多難な時代から現在に至るまでのストーリーが映画の中で展開されており、園長をはじめとする飼育スタッフたちの奮闘ぶりが描かれていきます。ご多分に漏れず、地方の動物園にありがちな入場者数の減少、税金の無駄遣いと叩く議会。それでもなんとかして動物たちの生き様を見せてあげたいと願う園長は夜間や冬期間の開園、飼育係のワンポイントガイドなど、あれこれ工夫はしてみるもののなかなか効果は上がらず。ゴリラがエキノコックス症で死んでしまうことが明らかになると(これは実話)、マスコミにも叩かれ、ついに市長は廃園を検討しているところまで追い込まれてしまいます。

でも、スタッフたちは諦めません。動物の着ぐるみを身につけて、旭川駅前での存続を願うビラ配り。園長も学校を回って子どもたちに動物の魅力を訴えます。こんなことしても無駄だと思うスタッフもいましたが、「動物園をなくさないで」と貯金箱を差し出す子ども、そして市役所を取り囲む「廃園反対」を訴える大勢の市民。その小さな努力は大きな波へとつながり、市長は選挙で落選。園長は新市長に自分たちの夢を実現すべくアピール。あたかもペンギンが空を飛ぶように見える「ぺんぎん館」を完成させます。

この映画は副園長がモデルとされている新人飼育係の人間としての成長ぶりも注目できる点です。子どもの頃からいじめられっ子、人付き合いが嫌いという彼がベテランの飼育係と何度も衝突しながら、だんだんと一人前になっていく様子を見ることができます。

そして、なによりももうひとつの主役は旭山動物園の動物たち。ゾウが雪玉を投げてきたり、ホッキョクグマが襲いかかるかのように迫ってきたり、オランウータンが空中散歩したり。ほかの動物園では見られないような生き生きとした姿がスクリーンに描き出されています。

こんな素敵な魅力がつまっている旭山動物園、ぜひ一度訪れてみたいと実感した映画でした。クライマックスはもうウルウル状態になっていたほどでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/07/22

どこにでもある公園ですが…

どこにでもある公園ですが…

とあるテレビ番組のファンからは「聖地」と呼ばれているところです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/28

スガ鹿男

えっと、このタイトルはタイプミスではありません(笑)。

tvk「sakusaku」に登場する新キャラクター(アパートの住人)で、奈良の出身。鹿の面をかぶって、ピンクのウクレレを小脇に抱えて弾き語りをするしぐさはなかなかユーモラスです。本家のスガシカオ「sakusaku」をチェックしているので、あえてこの名前をつけたとか。

最近、番組に登場してこないなぁと思っていたところ、昨日の放送で久しぶりに復活。故郷の奈良に帰っていたと思いきや、信州に出かけていたようです。で、そのタイミングを計ったかのように

本家スガシカオからビデオレター

が届いていました。ご本人、このキャラが登場して軽くカチーンときた様子。近いうちに屋根の上に来て殴ってやるとのたまわっておりました。いよいよ「スガ鹿男」VS本家スガシカオの絡みが実現しそうな運びで、これは面白いことになりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/27

読売戦はコンテンツとして魅力なし?

プロ野球もペナントレースに戻って、今日からは横浜スタジアムでベイスターズ×読売の3連戦です。読売戦であれば地上波でのテレビ中継があるのが常ですが、この3連戦に関しては異変が生じています。

横浜、親会社も見限り!? 27日からのG3連戦放送1戦だけ(SANSPO.COMより)

ベイスターズの親会社はTBSですが、そのTBSが地上波での放送を1日しかやらないというのです。まあ、ちょうどサッカーのワールドカップ期間中でもあるというのが関係しているかも知れませんが、読売戦をテレビ中継すれば視聴率が取れるというのはもはや過去の話です。相変わらず視聴率は低迷しているといいます。もはや、コンテンツとしての読売戦は魅力がないということなのかも知れません。

とりあえず、今日の試合は2-1でベイスターズの勝ち。読売はこれで7連敗で借金生活に突入しています。このていたらくでは中継を見てもつまらないと思う人は多いでしょう。まあ、アンチな人ならニヤニヤと見ていられるのかも知れませんが(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/12

夜行バス3連泊・・・

いま、tvkで放映されている「水曜どうでしょう」の再編集版(金曜日23時から)で「3夜連続深夜バスだけの旅」が放映されています。

札幌から博多まで、夜行バスだけを乗り継いで行くというもので、第1走者は札幌-函館間を結ぶ北都交通「オーロラ号」(現在は「高速はこだて号」)です。そして、函館から青森まではフェリーでつなぎ、青森から東京までは「ラ・フォーレ号」。そして、トリを締めるのは日本最長距離を走る夜行バス、西鉄「はかた号」です。

今日はその第2夜。函館に着いて、舞台は一気に青森へ。京浜急行バス「ラ・フォーレ号」にミスター一人が乗り込んだはいいけれど、なんと東京まで乗客の途中休憩なし(乗務員の交代のため3か所停まるが・・・)。これではやられっぷりなどわかる由もありません。とりあえず、2回目の乗務員交代となる福島県の国見サービスエリアを出たところで今日はおしまい。来週に続きます。

夜行バスだけの乗り継ぎなので、休養は充分に乗れるのでしょうが、さすがに夜行バスで3連泊というのは体力的にきついと思います。とりわけ、最後の「はかた号」は14時間以上乗りっぱなしですから、いくら車内設備が充分なほど整っていたとしても、博多に着いた頃には憔悴しきってしまいそうな気もします。

自分もかつては関西方面に出かける時に往復夜行バス利用というのをやったことがありました。なにしろ運賃がリーズナブルなことと、朝早くから時間を有効に使えることもあって積極的に使っていたものです。でも、やはり2連続で夜行バスの車中で過ごすというのは、結構体力的に堪えました。案外、車中で寝付けないこともあって、翌日の行動に支障が出るようなこともありました。

まあ、こんな様子でしたから、夜行バス3連泊なんてとてもとても。。。「どうでしょう」のメンバーには頭が下がります。でも、やっぱり博多に着いた時はかなりのやられっぷりになりそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/04/16

テレビ埼玉改め・・・

日刊スポーツのサイトにあるテレビ番組表を何気なく眺めていたら、どうも見慣れないテレビ局があるのに気がつきます。さらに見渡してみるとこれまであったはずの「テレビ埼玉」が消えています。

ということは、いつの間に局名を改称していたというわけで、その見慣れない局名がそうなのでしょう。で、その局名が。。。ビックリ仰天の

「テレ玉」!!!

いやはや、このネーミングセンスにはもはや脱力です。反対意見もきっと出てきたに違いありません。まあ、語呂は悪くないのですが、使うのも恥ずかしいですね(笑)。名古屋テレビが「メ~テレ」と呼ばれている以上の衝撃です。ついでに言うならば「fm yokohama」がかつて「ハマラジ」と呼ばれていた頃を彷彿とさせてくれます。

テレ玉ホームページ
を見てみると、なんともゆるゆる感が漂ってきます。卵をモチーフにしたキャラクター(名前はまだない)も、いかにもゆるキャラって感じですね。

果たして、この恥ずかしいネーミング。。。定着しますかねぇ?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/03/28

木村カエラ、辞職

「辞職」と言っても別に芸能界から去るわけではありません。

tvkの音楽情報番組「sakusaku」のMCを3年にわたって務めてきましたが、今週いっぱいで降板することになりました。もっとも、予告は先週の月曜日に番組内でされていたのですが、唐突にそんなこと言われてもやはりピンと来ません。やっぱり、番組の顔だった彼女がいなくなるというのは寂しいものがありますし、ジゴロウ&ヴィンセントとの掛け合いがこの番組のいいところだっただけにやはり惜しいです。

昨日の放送では「木村カエラ辞職記者会見」が行われました。「卒業」とか「降板」という言葉を敢えて使わず、「辞職」と言い切るところあたり、この番組らしいところです。それにしても見事にかみ合わないやりとりで、思わず吹きだしてしまうこともしばしです。

Q:「今のお気持ちは?」
A:「最高です!」
Q:「イヤになってお辞めになるのではない?」
A:「痛恨の極みでございます」

なんなんだこの記者会見は(笑)。。。「痛恨の極み」と言うところを「痛恨の痛み」とか言っちゃってるし。

カエラ嬢もこの番組をステップにして、CDデビューを果たし、今の活躍は目を見張るものがあります。番組を卒業しても挑戦する気持ちを忘れないで頑張って欲しいですね。

さて、4月からのMCは中村優が担当するそうですが。。。いったい誰!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/08

日テレからも見放された・・・

先日の記事で、プロ野球読売戦の中継時間延長カットに関して書きましたが、日テレに関してはきっとこのままいくのだろうと思っていた矢先のこと、こんなニュースが出ていました。

 巨人戦ナイター中継、放送延長なしも (nikkansports.comより)

定時の中継枠の間ですでにもう決着が見えている一方的な展開になっている場合は、そのまま中継を打ち切るということで、明日の中継から適用されるようです。とうとう身内からも見放されてしまったというわけで、読売戦なら視聴率が稼げるなんて時代はすでに過去のものなんですね。

ただ、明日は仙台での横浜戦。ササキ様の最終登板が控えています。どうも中継ぎで起用される可能性が高いようですが、牛島監督のことですから、清原との宿命の対決にぶつけてくるかも知れません。この名勝負を放送カットなどしないように願いたいものですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/05

15分カット

フジテレビに続いて、TBSも読売戦の中継の延長を15分カットすることになりました。

まあ、これは当然といえば当然の措置でしょう。最近はプロ野球中継の視聴率も低迷し、読売戦と言えども5%台というていたらくのこともあります。それだけプロ野球に対する関心が薄れているというのもあるのでしょうが、ここまで落ち込んでしまうとは、本当に時代の流れを感じます。それに、テレビ局からしてみれば視聴率の稼げないソフトはどんどんカットしていかないと、スポンサー収入もままならないでしょうから、やはり通常番組への影響を最小限にとどめるという意味でも、このようなカットは有効なのかも知れません。

それはさておいて、最近の読売は本当に弱いですねぇ。。。あれだけの戦力が揃っていながらチーム状態は最悪ということは、監督の采配に問題があるということなんでしょう。まあ、私自身はアンチ読売ですからあのチームが負けさえすればそれで満足なんですけどね(笑)。

で、やっぱり日テレは意地でも中継延長のカットなんかしないんでしょうねぇ。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/08/01

「ヲタク」割引

藤沢の映画館で、「ヲタク」のための特別割引料金が設けられて話題となっています。

☆映画「電車男」に「ヲタク」特別料金/藤沢☆(カナロコBy神奈川新聞社より)

なるほど、映画の内容が内容なだけに、話題作りとして「ヲタク」割引を設定したというわけでですね。一般で1700円、学生で1400円のところ、「ヲタク」割引だと1300円の特別料金で映画「電車男」を見ることができます。しかも、「ヲタク」であることの証明は一切必要なく(そもそも、そんな証明あるわけないでしょうが・・・)、「ヲタク1枚」と自己申告すればそれでOKなのがユニークなところです。

入場者の反応も上々のようで、半数近くの人が「ヲタク1枚」と言って入場していくそうです。
映画館も知恵を絞って、なんとか入場者数を増やしたいという意気込みなのかも知れませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧