« 2009年2月 | トップページ

2009/03/25

消えゆくテレビカー

京阪特急の伝統だった「テレビカー」が2011年までに廃止されることが発表されました。

京阪、テレビカー廃止へ ワンセグ普及で「役目終えた」(asahi.com)

テレビカーは1954年に登場しているので半世紀以上の歴史があります。当時にしてみればテレビは珍しい存在だったので、非常に人気だったと言われていますが、現在は確かに携帯電話でもテレビが受信できる時代。やはり時代の流れからすると仕方ないのかなという気がします。

これに合わせて特急車両の改装も予定されており、車端部にはロングシートとつり革を設置。これも賛否両論出てきそうですが、京阪間ノンストップの時代ならともかく、樟葉や枚方市にも停車することや、通勤時間帯で運用することも考えればやむを得ないのかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/03/19

阪神なんば線、いよいよ開業

明日(3月20日)、阪神なんば線の西九条-大阪難波間が開業。阪神電車と近鉄電車の相互乗り入れがいよいよ始まります。

神戸三宮と奈良を直通する快速急行が走り、近鉄線方面からも尼崎まで普通や準急が乗り入れてくることになります。これにより、神戸と大阪ミナミが直通できるようになり、さらに奈良まで乗り換えなしで行けるようになります。

異なる会社間の相互乗り入れはあちこちで見られますが、真ん中に地下鉄を挟むのがほとんど。しかし、今回の相互乗り入れは地下鉄を挟まず、2社間でダイレクトに直通であるのと、阪神電車と近鉄電車で車両の規格が異なる同士の乗り入れということで、珍しいパターンと言えるでしょう。

これにより、姫路から神戸三宮・大阪難波を経て奈良、果ては名古屋や伊勢志摩方面までレールがつながることになります。近い将来、神戸から伊勢志摩方面へ直通する近鉄特急を走らせるという構想もあるようで、ちょっと楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/13

ラストラン

東京駅発の最後のブルートレイン、「富士」と「はやぶさ」が今日ラストラン。さっき、「報道ステーション」でその様子が伝えられていましたが、最後の列車を見送るために東京駅には3000人ものファンが集まっていたとか。同じような光景は熊本駅や大分駅、そして2つの列車が連結される門司駅でも展開されていたに違いありません。

なんというか、ひとつの時代が終わったかのような寂しい気持ちにはなりますが、まあこれも致し方ないことなのかも知れません。今も列車は最後の終着駅を目指して夜を徹して走り続けています。きっと、明日の朝も東京駅は最後の姿を目に焼き付けておこうと大勢のファンで囲まれることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/08

弘明寺

1100994842_64

京急でも普通車しか停まらない小さな駅。先日、テレビ東京の「アド街ック天国」でも紹介されていました。京急と地下鉄の駅の間にある商店街はかつて「東洋一のアーケード」と呼ばれており、現在でも非常に活気のある街となっています。

アーケードの中をゆっくり歩いてみると、テレビでも紹介されていたお店が連なっているのがわかります。代々続いているお店が多く、ここに限って言えば「シャッター商店街」とは無縁なような気がします。

もうひとつ、ここの癒しスポットが京急の高架下にある「みうら湯」。かつては海洋深層水風呂をウリにしていましたが、今では天然温泉がわき出ていて、黒いお湯につかれば身体の芯から温まるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/07

ティールーム「COVENT GARDEN」

横浜の東急ハンズの中にあるティールーム「COVENT GARDEN」に行ってみました。このお店は私が行きつけのメイドカフェ「HoneyHoney」のメイドさんに紹介されたお店で、「落ち着いた雰囲気で美味しい紅茶とスコーンをいただきたい」としきりに言っていたら教えてくれたところです。

スコーンと言えば秋葉原のメイドカフェ「くろすろ~ど」。メイドさん手作りのスコーンは本当に絶品でしたけど、すでにお店は閉館。先日の1日限定の復活イベントの時に久しぶりにいただいた焼きたてスコーンは、これまでと変わりなく美味しくて感激したものです。

その美味しいスコーンが食べられるお店が横浜にもある、ということを聞けば足を運ばないわけにはいきません。お店の雰囲気は2つに分かれていて、アンティーク調のスペースと、白を基調とした窓側のスペースがあります。今日は窓側のテーブルをチョイス。店内にはロンドンやパリのガイドブック(英語版)があって、自由に読むことができます。本を読みながら過ごせば、ゆったりとした時間が流れていきそうです。

スコーンのセットはスコーンが2個と紅茶がセットになって850円。スコーンは5種類あって、今日はプレーンとブルーベリーを。セットになる紅茶は日替わりのようで4種類から選べましたが(もちろんセットにならない紅茶もたくさんあります)、これまで聞いたこともないような茶葉もあってビックリ。珍しいアフリカ産茶葉の「ケニアCTC」を選んで、ミルクをつけます。

Image188_4

スコーンは「くろすろ~ど」よりも一回り小ぶりですが、サクサク感があってなかなか美味しいです。付け合わせは生クリームとブルーベリージャム、そして豆腐とクリームチーズとハチミツを合わせたクリーム。このオリジナルのクリームが絶品で、プレーンのスコーンによく合います。

紅茶もポットでサーブされて、優にカップ4杯分はありますから、ゆっくりと紅茶を楽しみたい時にはもってこいのお店です。まさに灯台もと暗しとはこのことで、こんな身近なところに紅茶とスコーンの美味しいお店があるなんて思いもよりませんでした。今度はスイーツやパンケーキもいただいてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/06

クイーン・メリー2

世界最大級の豪華客船「クイーン・メリー2」が本日横浜に入港。この豪華客船が日本に寄港するのは今回が初めてだそうです。

世界最大級の豪華客船が入港/横浜港(カナロコ)

いつもこのような豪華客船が入港するのは大桟橋ですが、今回は大黒ふ頭。というのもこの船は高さが62メートルあって、横浜ベイブリッジをくぐることができないことから、その手前の大黒ふ頭入港になりました。

横浜ベイブリッジはかつての豪華客船「クイーンエリザベス2」がくぐることができるようにと橋の高さが決められたと言われていますが、これをはるかにしのぐ豪華客船が来るようになったのはやはり時代の流れなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ