« 駅弁大会 | トップページ | まいばすけっと »

2009/01/17

冬の日光

横浜駅近くの金券ショップで東武鉄道の株主優待乗車証を1枚900円で手に入れることができたので、今日は冬の日光へと出かけてきました。浅草-東武日光の運賃は片道1320円。片道あたり420円も得になる計算になり、浮いた分でランチやお茶を楽しむことができるようになります。

日光といえば、横浜市内の小学生が団体列車を仕立てて修学旅行に出かけるところ。確かにその時も東照宮とか華厳の滝とか見た記憶はあるのですが、その時は「わぁすごい」で終わってしまったような感じでしょうか。改めてゆっくり見て回ることで、また新たな発見もできるというものです。特に冬の時期は観光客も少なく、とりわけゆっくりできそうです。

浅草を8時10分に発車する快速で出発。ボックスシートの並ぶ電車は旅の雰囲気を盛り上げてくれます。停車駅も少なく、特急とも遜色ない走りで2時間あまりで東武日光に到着。ホームに降り立つと冷たい空気で身も引き締まります。それもそのはず、街のいたる所に雪が残っていました。

街の中をゆっくりと歩いて、まず目指すのは神橋。そこから世界遺産に指定されている日光山内の二社一寺をめぐっていきます。輪王寺~東照宮~二荒山神社~大猷院の順で回っていき、荘厳かつ華麗な建造物に目を見張ります。中でも興味深かったのが東照宮・神厩舎の猿の彫刻。「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿ばかりがクローズアップされていますが、実はこの猿の彫刻は8面から成っており、猿の一生を示すとともに人の生き方を伝える道しるべとして見るように、という意図をもっているとか。建物には豪華絢爛な彫刻が飾られていますが、それはすべて意味のあってのことだそうです。

ぐるっと一回りしてちょうどお昼過ぎ。近くの食堂でゆば丼の昼食。このお店のゆば丼はゆばや山菜を醤油ベースのあんかけにしたもの。もう少しゆばの食感があればいいような気もしますが、そこそこ美味しくいただけました。そして、1873年創業の日光金谷ホテルに向かい、ラウンジでティータイム。ポットでサーブされる紅茶とホテルメイドのケーキ(いちごのタルト)でゆったりと。落ち着いた雰囲気の中で心地よい時間を過ごすことができました。

頃合いを見計らって再び東武日光駅へ。帰りは特急スペーシアで。リクライニングシートに身を委ね、ウトウトしているうちにもう浅草にだどり着いていました。

|

« 駅弁大会 | トップページ | まいばすけっと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/43769484

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の日光:

« 駅弁大会 | トップページ | まいばすけっと »