« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/16

京急駅メロ

公募が行われていた京急の駅メロディが決定し、発表されました。11月18日の羽田空港駅開業10周年を機に、順次各駅で展開されることになっています。

各駅のメロディは以下の通りです。

品川:赤い電車(くるり)
青物横丁:人生いろいろ(島倉千代子)
立会川:草競馬
平和島:いい湯だな(デュークエイセス)
京急蒲田:夢で逢えたら(ラッツ&スター)
羽田空港:赤い電車(くるり)
京急川崎:上を向いて歩こう(坂本九)
横浜:ブルーライト横浜(いしだあゆみ)
上大岡:夏色(ゆず)
金沢文庫:MY HOME TOWN(小田和正)
金沢八景:道(EXILE)
新逗子:LIFE(キマグレン)
横須賀中央:横須賀ストーリー(山口百恵)
堀ノ内:かもめが翔んだ日(渡辺真知子)
浦賀:ゴジラのテーマ
京急久里浜:秋桜(山口百恵)
三崎口:岬めぐり(山本コータロー)

曲名のリストを見てみると、最近の歌から昔懐かしい歌までいろいろ揃っているのがわかります。地元出身の歌手、地元をイメージした曲が採用されていて親しみが持てそうです。浦賀駅の「ゴジラのテーマ」は近くの観音崎にゴジラが上陸したことに由来するもので、平和島駅の「いい湯だな」は近くの温泉レジャーランドを意識したのでしょうか。

ただ、新逗子駅のキマグレンって知らないなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/11/15

やっと禁煙化

横浜駅西口のメイドカフェ「HoneyHoney」(通称ハニハニ)。これまでタバコに関しては全く制限がないために、たばこの煙が苦手な私のような人間にはとても耐えられる環境ではありませんでした。

禁煙席の設置については全く消極的だった某代表もここにきてようやく重い腰を上げてくれたな、という感じです。とりあえず、開店から14時までが全席禁煙の時間になります。つまりランチタイムに行けば煙に巻き込めることなく、美味しいランチをいただけるということになります。

初めての帰宅以来、店長や代表に散々言い続けてきたタバコの問題。これで少しは安心できます。で、いま神奈川県議会で受動喫煙防止条例が審議されていて、それが施行されるようになると、どのように対応するつもりなんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/07

久々の限定メニュー

横浜駅西口のメイドカフェ「HoneyHoney」(通称ハニハニ)では、時々突発的に1日限定メニューが出ることがあります。でも、最近は店長が川崎の姉妹店、「チアーズ」の方にかかりっきりになっているので、なかなかそういう機会に恵まれませんでした。

そんな中、久しぶりに登場した限定メニューはこれ。

18395739_2453005016

「ベーコンとかぼちゃのキッシュ」です。キッシュはフランスのアルザス・ロレーヌ地方の郷土料理。パイ生地で作った器に、卵とクリーム、そして野菜やベーコンを流し込んで焼き上げたものです。

かぼちゃのほのかな甘味とベーコンの塩味がマッチして美味しくいただきました。今度は突発限定のスイーツを期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/04

パノラマカー、引退間近

名鉄のパノラマカーは来年度中の引退がアナウンスされていましたが、それがさらに前倒しとなり、12月27日のダイヤ改定を持って定期運用から離脱することになりました。ただし、その後はイベント運行で運用されることはあるようです。そして、最終的には先頭車2両が保存されることが決定しています。

このパノラマカーの運用離脱はダイヤ改定のお知らせの最後にこっそりと書かれていました。パノラマカーのみならず、パノラマスーパー(全車特別車)までも運用離脱となってしまうのはかなり驚きです。まあ、基本的に特急は空港特急「ミュースカイ」を除いて一部特別車に変更するので、これは仕方ないところなんでしょうね。

それはともかく、これまで長い間活躍してきて、名車の誉れが高いパノラマカーの引退は寂しいものがあります。年内に名古屋に行く機会を作れればいいのですが、繁忙期に入ってしまうとそれどころではないのがつらいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/03

筑波山へ紅葉狩り

今日は筑波山へ紅葉狩りに出かけてきました。

つくばエクスプレスの各駅で「筑波山きっぷ」という割引きっぷが発売されていて(秋葉原から4300円)、これを使えばつくばエクスプレスとシャトルバスの往復、そして筑波山エリアのケーブルカーやロープウェイが乗り降り自由になります。

秋葉原を8時ちょうどに発車するつくば行きの快速に乗車。つくばエクスプレスを全線乗り通すのは久しぶりです。北千住までは地下区間を各駅停車ですが、ここから先はとにかく飛ばすこと。広い関東平野を突っ走り、踏切がひとつもないのでスピード感はあまり感じないものの、つくばまでわずか45分という所要時間はやはり速いです。

シャトルバスとケーブルカーを乗り継いで、まずは男体山へ。晴れていれば関東平野が一望できて、東京都心の高層ビルや東京タワーあたりまで見渡せるということですが、今日は曇っていて見通しがよくないのが残念でした。そして岩がゴツゴツの登山道を歩いて、今度は女体山側に歩を進めていきます。紅葉の方はまだまだこれからというところ。時期的に少し早かったような気がしました。

982644075_234

今度はロープウェイを使って麓に降りると、ガマ大明神がお出迎え。筑波山といえばガマの油売りが思い浮かぶほどで、山に登る前に麓の神社でその口上が披露されておりました。

982646809_105

いやはや、このガマ大明神、インパクト大きいです。

昼にはシャトルバスを使って下山。山登りの方は昼近くになっても渋滞が絶えず、気になっている様子です。そして逆ルートで秋葉原に舞い戻ってきたのは14時30分くらいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »