« 快速特急:京都出町柳行き | トップページ | ゲリラ豪雨 »

2008/08/28

東池袋大勝軒

今日はお盆休みの代休だったので、いつものように都内へ出かけます。

昼食にと思いついたのがつけ麺の元祖といわれている「東池袋大勝軒」。このお店では「もりそば」と呼ばれています。このお店で修行した弟子たちが暖簾分けされてできたお店もあちこちにあるのですが(横浜駅にもある)、元祖のお店の味をいただいてみたいと思い、立ち寄ってみることにしました。

お店は地下鉄有楽町線の東池袋駅の上。11時過ぎに着いたのですが、すでに待ち行列ができています。食券の自動券売機の横にはすでに第一線を引退した親父さんが腰掛けていて、お客さんを出迎えてくれます。

つけ麺のお店は比較的回転が速いので、10分も待たずに店内に案内されます。運ばれてきた「もりそば」は極太の麺がどんぶりにいっぱい。普通盛りでも340gあります。中盛や大盛になるとその量はビックリするほど多いです。つけ汁は豚骨・鶏をベースにさば節や煮干しなどの魚系の材料をミックスしたもの。それに醤油と酢が加えられているので、甘辛さと酸味がマッチしたスープに仕上がっています。

ただ、「もりそば」の欠点は食べ進めていくうちにつけ汁の温度が下がってしまうこと。それを回避するために「あつもり」もあります。

麺のコシとボリュームは申し分ないのですが、味としてはまあ可も不可もなくというところ。横浜のお店だとゆで加減や味の濃い薄い、油の量の好みを伝えられるのですが、元祖ではそれがないのはがっかり。できれば麺はもう少し固めの方がもっと美味しかったように思えます。

なので、とりあえず元祖の味をいただけたので、それで納得。今後はわざわざここまで来なくても横浜駅の「大勝軒」で充分です。

|

« 快速特急:京都出町柳行き | トップページ | ゲリラ豪雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/42303876

この記事へのトラックバック一覧です: 東池袋大勝軒:

« 快速特急:京都出町柳行き | トップページ | ゲリラ豪雨 »