« 満天の湯 | トップページ | 阪神なんば線 »

2008/08/03

壁画アート、消去へ

東急東横線の廃止区間(横浜~桜木町)の高架下に描かれている壁画アートが、耐震補強工事を進めて行くにあたって消去されることになりました。

旧東横線桜木町駅の高架下壁画が順次消去へ-遊歩道整備のため
(ヨコハマ経済新聞)

ここの廃線跡は遊歩道に整備されることが前々から決まってはいましたが、これまで進捗している様子は見られませんでした。これにより、ようやく計画が進行していくことになるのですが、まずは補強工事によって安全性を高めていくということになります。

さて、この高架下の壁画ですが、一見しただけでは落書きとしか思えないようなものもあります。街の美観という観点から、あまりにも見苦しいものは勘弁してしてもらいたいところですが、整備後の有効活用についても積極的に意見が交わされることを期待したいところです。

|

« 満天の湯 | トップページ | 阪神なんば線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/42053760

この記事へのトラックバック一覧です: 壁画アート、消去へ:

« 満天の湯 | トップページ | 阪神なんば線 »