« 梅雨は明けていないはずだけど・・・ | トップページ | ふがいないベイスターズ »

2008/07/13

パノラマカー

パノラマカーといえば名鉄(名古屋鉄道)の看板車両。1961年にデビューした日本初の前面展望席を備えた電車です。

そのパノラマカーにも引退の時が刻々と迫っていて、現在運用されているのは3編成だけとなってしまいました。2009年度中には全て引退してしまう予定になっています。

パノラマカー、寂しげ ひっそりと解体待つ 残り3編成(asahi.com)

私がこのパノラマカーに乗ったのは、初めて一人旅に出た時のことですから、まだ中学生の頃です。複雑怪奇な新名古屋駅(現:名鉄名古屋)で豊橋へ向かうべく、パノラマカーが来るのをひたすら待っていたことを記憶しています。あのミュージックホーンを鳴らしながら駅のホームに滑り込んでくるパノラマカーを初めて見た時は衝撃的でした。なにしろ、あの展望席が特別料金なしで座れるというのですからビックリしたものです。展望席からの眺めは本当に素晴らしく、豊橋までの1時間は楽しいひとときでした。

そのパノラマカーも現在では優等列車の運用からはずれて、ほとんどが普通列車で運用されています。名鉄名古屋駅に乗り入れる機会もごくわずかです。引退までのカウントダウンが始まって、名鉄のWebサイトにも特設ページができました(運用もここで確認することができます)。

日本の鉄道車両に革命をもたらした電車ですから、最後まで頑張って走り続けてもらいたいです。そして、あの車両をぜひどこかで保存してもらえればと思います。

|

« 梅雨は明けていないはずだけど・・・ | トップページ | ふがいないベイスターズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/41828514

この記事へのトラックバック一覧です: パノラマカー:

« 梅雨は明けていないはずだけど・・・ | トップページ | ふがいないベイスターズ »