« 冷たい雨 | トップページ | 早い梅雨入り »

2008/06/01

神戸KANONが閉店へ

秋葉原の「くろすろ~ど」の閉館から2週間。今度は西の方から残念なお知らせが届いてしまいました。

カフェレストラン神戸KANONをご利用の皆様に大切なお知らせ
(公式ブログ:ニャンとしてKANONより)

関西で最初のメイドカフェである「神戸KANON」が6月30日をもって閉店するということです。かねてからここのお店の評判は聞いていたので、1度行ってみたいと思っていたところでしたが、この2月に訪問することができました。

2月の訪問記はこちら

落ち着いた雰囲気と丁寧な接客、それに随所に見られるこだわりに、正統派メイドカフェの神髄を見たような気がします。そんな癒しとくつろぎの空間がまた失われてしまうことは、本当に残念でなりません。

それにしても、秋葉原でも他の地方でも正統派と言われているメイドカフェがどんどん閉店しているような気がします。とにかく、「くろすろ~ど」の上の店に代表される、いわゆるアミューズメント系のお店ばかりがマスコミにもてはやされ、メイドカフェ全体が誤ったイメージで紹介されてしまうのは大きな問題だと思います。メイドカフェはどこに行っても同じと考える観光客は、正統派のお店に行くときっとがっかりさせられるのでしょう。

本当にいい店がどんどん失われていく・・・悲しいことです。

|

« 冷たい雨 | トップページ | 早い梅雨入り »

コメント

 この知らせを聞いた時、言葉が出ませんでした。

 いろいろなサービスを始めたのも、集客力をアップさせるためだったのでしょう。
 「くろすろ~ど」が引き金だったのではなく、それ以前から、全国各地の「クラシカルタイプメイドカフェ」が急減し、「風前の灯火」とさえ言われています。

 神戸(お月見猫王様の不思議な銘茶館)と日本橋にあるひいきにしているカフェは、何が何でも残ってほしいと願うばかりです。

投稿: はぐれメタル純情派 | 2008/06/01 19:46

>はぐれメタル純情派さま
心中お察し申し上げます。

さすがにKANONの閉店ともなると、衝撃度はくろすの比ではないと思います。関西で最初のメイドカフェとして長い間根付いてきたお店ですから、無理もありません。

それにしても、本当に正統派と呼ばれるメイドカフェがどんどんなくなっていくのは、やるせないものがあります。観光客ウケはしなくても、癒しとくつろぎの空間は雑然とした街の中では貴重な存在だと思います。

でも、猫茶館は今後も残るというのがわずかな救いですね。あそこは厳密にはメイドカフェではないですが、独自の世界観とゆったりとした雰囲気のお店として、一層定着することを願ってやみません。

投稿: つばさ | 2008/06/01 22:46

つばささんの意見に同感です。店内の騒がしい雰囲気のメイドカフェばかりがもてはやされ、くろすろ~どのような落ち着いて静かな雰囲気の正統派が無くなっていくのは納得しがたいものがあります。
今日、都心まで車で行く用事があったのでその帰りに2店舗ほど寄って見たのですが、最初の店は、やはり騒がしく車の運転経路記録も付けられず、2店舗目のハニーシープさんで記録整理が出来ました。ここは、くろすろ~どに似た落ち着いた雰囲気で好感が持てました。(煙草嫌いの私には、喫煙席があるのはつらいですが)ぜひ、ここは無くならないでほしいです。

投稿: JA8582 | 2008/06/02 01:36

>JA8582さま
やはりマスコミウケするのは、いわゆる「萌え」をウリにするアミューズメント系のお店になってしまうのは仕方ないところでしょう。でも、メイドカフェがすべてそのようなお店ばかりという紹介の仕方には納得できるものではありません。

「ハニーシープ」は何度か行ったことがあります。確かに静かで落ち着けるお店ではありますが、今ひとつパッとしない中途半端なお店というのが私の感じたところです。

ちなみに、私は地元では賑やかなお店に行っていますよ。要はメイドカフェも目的に応じて使い分けというわけです。

投稿: つばさ | 2008/06/02 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/41392138

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸KANONが閉店へ:

« 冷たい雨 | トップページ | 早い梅雨入り »