« 副都心線乗り歩き(その1) | トップページ | 副都心線乗り歩き(その3) »

2008/06/15

副都心線乗り歩き(その2)

昨日の記事の続きになります。

和光市始発の急行・渋谷ゆきで折り返します。今度はメトロの新型車両10000系が来ました。やはり新車は明るい感じがしていいですね。車両の間の扉がガラス張りになっているので、余計に広々とした感じがします。

池袋で降りて、ここから各駅乗り降りしてみることにします。池袋は西口側にホームがあるので、東口側に出るのは不便かなと思っていたのですが、丸ノ内線のホームへとつながる乗り換え通路ができていたので、そこを通っていけばかなり楽です。東口からグリーン大通りをてくてく歩いて、有楽町線の東池袋駅のところを右に入っていくと都電の線路が見えてきます。線路に沿って歩いていくと雑司が谷駅です。

駅前の商店街では地下鉄開業のイベントの真っ最中で賑わっています。ちょっと歩き疲れたので、けやき並木の参道を歩いて鬼子母神の境内でちょっとひと休み。木陰を通り過ぎる風が心地よく感じます。

都電の線路の地下にあるホームから一駅だけ電車に乗って、次は西早稲田。10時を回ってデパートが開店したのと、8両編成の電車が多くなってきたせいもあって、電車はかなり混雑してきました。地上へ出てみると、早大理工学部のキャンパスのとなりで、直接構内へ行ける出入口もあります。

明治通りをさらに歩くと、さぬきうどんのお店を発見。東新宿駅が近づくにつれてハングル文字の看板が増えてきます。このあたり、屈指のコリアタウンなので、屋台で美味しいものをつまんだり、珍しい韓国料理も楽しめそう。本場韓国からもパッピンス(かき氷)の専門店「アイスベリー」が上陸しているので、あらためてゆっくり歩いてみたいところです。

さて、東新宿駅ですが、急行の通過線があるので、上下2層に分かれています。深い深いホームに降りてみるととにかく狭いです。そして、再び1駅乗って新宿三丁目。降りてみるとものすごい混雑です。伊勢丹に吸い込まれるお客さんと、記念乗車券やらグッズやらを買い求める人たちが交錯してもう大変。記念乗車券の方はかなりの行列ができていて、「もう買えません!」と駅員が叫んでいるにもかかわらず、諦められない様子でした。

新宿エリアの百貨店ではPASMOを使ったキャンペーンをやっているので参戦。5か所に設置された端末に手持ちのPASMOをタッチすれば抽選に参加できるというもの。当たればPASMOにチャージができる権利を得られるのですが、それかかなわず今回はエコバック。まあ、何ももらえないよりはマシですね。

高島屋のデパ地下を一回りして、連絡口から再び駅に向かうのですが、これ結構遠いですよ~。高島屋では全面改装して副都心線からのお客を取り込もうとしているのですが、ちょっと微妙な距離なような気がします。

#もう少し続きます・・・。

|

« 副都心線乗り歩き(その1) | トップページ | 副都心線乗り歩き(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/41542608

この記事へのトラックバック一覧です: 副都心線乗り歩き(その2):

« 副都心線乗り歩き(その1) | トップページ | 副都心線乗り歩き(その3) »