« 秋葉原の歩行者天国、当面中止へ | トップページ | 副都心線乗り歩き(その2) »

2008/06/14

副都心線乗り歩き(その1)

今日開業の地下鉄副都心線の初乗りを目指すべく「東急東京メトロパス」を片手に7時台の東横特急に乗り込みます。

8時少し前に渋谷に到着して、副都心線の駅に向かいます。真新しい出入口から地下にもぐると、そこは地下に現れた要塞都市のような空間でした。地下の宇宙船-「地宙船」をイメージしてデザインされた駅は、地下にあるにもかかわらず開放感があって、吹き抜けを通してホームまで見下ろすことができます。さらに驚くのは地下のコンコースから空が見えるところがあること。これは熱がこもりやすい地下駅の換気を促すための巨大な換気口の役割を担っているそうです。

さて、改札を入ってエスカレーターでホームにおります。あれ? と思ったのはこの駅にはメトロの駅員がおらず、東急の駅員しかいないということ。駅の案内標識もすべて東急の仕様で統一されています。東横線がここに乗り入れてくるのは4年後の予定なので、なんか違和感があります。ホームは2面4線分ありますが、当面は両端の2線のみの使用です。真ん中にはすでに線路が敷いてありますが、ところどころ渡り板があって行き来できるようになっています。

東武の車両の急行・川越市ゆきで出発。8時台の電車は先頭にかぶりつく人が多いものの、まだまだ充分座れる程度の乗車率でした。本格的な急行運転に期待をしていたのですが、前の電車が詰まっていて停まってしまうことがたびたび。開業初日からダイヤが乱れている感じでした。

それでも、新宿三丁目・池袋・小竹向原しか停まらない急行は地下鉄にしては革命的な列車なのでしょう。とりあえず和光市まで乗り通して、折り返すことにします。

|

« 秋葉原の歩行者天国、当面中止へ | トップページ | 副都心線乗り歩き(その2) »

コメント

ダイヤが乱れた原因はATO不具合で停止位置不良→修正が頻発したためというのは公然の秘密らしいです。

投稿: セバスチャン雲葉 | 2008/06/15 23:50

>セバスチャン雲葉さま
確かにドアの位置が合わずに、修正を繰り返している列車もありました。あれでは何のために習熟運転をしているのかと思いますね。

案の定、初ラッシュとなった今日は相当酷い状況だったようで。朝のダイヤ乱れを一日中引きずって、夕方は渋谷-池袋折り返しなんてやってたみたいですね。

投稿: つばさ | 2008/06/16 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/41532520

この記事へのトラックバック一覧です: 副都心線乗り歩き(その1):

« 秋葉原の歩行者天国、当面中止へ | トップページ | 副都心線乗り歩き(その2) »