« 復活、秋葉原のメイドさん | トップページ | 連休終了 »

2008/05/05

「東京→夢の下町」バス

先日の記事で紹介した「東京→夢の下町」バスに乗ってみました。5月3日、小雨が降りしきる中のことです。

東京駅から乗るのはありきたりなので、両国駅から乗ることにしました。この日は両国界隈でイベントが行われるため、通常のバス停は使用停止。国技館前の臨時停留所から乗車になります。時間になると銀色のバスがやって来ます。見た感じ、アメリカンな雰囲気を持つデザインのバスです。

時間になり発車します。両国駅を回り込み、清澄通りを北上していき、厩橋で隅田川を渡り浅草エリアへと向かいます。車内にはテレビがあって、バス停の案内をするとともに沿線のスポットを紹介してくれます。アナウンスや備え付けのパンフレットも日・英・韓・中の4か国語で用意されていて、外国人の対応もバッチリです。ただ、座席がロングシートばかりというのはちょっとがっかり。前向きに座れる席はごくごくわずかです。

浅草、かっぱ橋道具街を通り、上野駅へ。ここから中央通りを南へと向かっていきます。地下鉄末広町駅の交差点を右折。休日は歩行者天国が行われるので、昌平橋通りへ迂回します。ここを路線バスが走るのはおそらく初めて。ですから、窓からの眺めもちょっと新鮮です。ちなみにこの通り、言わずとしれたメイドさんのお店が多いエリアだったりします。

迂回ルートを回り込んで、万世橋に停車。秋葉原電気街方面はここで降ります。私ももちろんここで下車。目指すはいつものお屋敷です(笑)。

バスは30分間隔で運行されているので、下町エリアの散策を気ままに楽しむことができそうです。

|

« 復活、秋葉原のメイドさん | トップページ | 連休終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/41104926

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京→夢の下町」バス:

« 復活、秋葉原のメイドさん | トップページ | 連休終了 »