« 春の嵐 | トップページ | 4月の卒業式 »

2008/04/09

新型スカイライナー

都心と成田空港を結ぶ京成スカイライナーに新型車両が登場することになり、発表会が行われました。

京成、新型スカイライナーを発表 成田と都心が36分(asahi.com)
京成電鉄のニュースリリース(pdfファイル)

今度の新型スカイライナーは2010年に予定されている成田空港アクセス鉄道の整備に伴って導入されるもので、最高160km運転が可能な性能を持ち、日暮里-成田空港間を36分で結ぶ予定になっています。

車両のデザインは山本寛斎氏が手がけたもので、言ってしまえば京成らしくない「風」をコンセプトとしたスピード感あふれるデザインとなっています。

新線開業後は成田空港へのアクセスも飛躍的に向上することになります。1時間あたり、新型スカイライナーが3本、新線経由の特急(一般車両)が3本、現状の京成線経由の特急(一般車両)が3本となる予定になっています。現行のスカイライナーも通勤ライナーとして残る可能性があるとのこと。

とにかく都心から遠いと言われ続けてきた成田も、これでようやく遜色ないアクセスが整備されることになりますね。

|

« 春の嵐 | トップページ | 4月の卒業式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/40831291

この記事へのトラックバック一覧です: 新型スカイライナー:

« 春の嵐 | トップページ | 4月の卒業式 »