« 成田エクスプレスに新型車両 | トップページ | 「アキハバラデパート」の改築計画決まる »

2008/02/07

スターフライヤーの非常識

北九州を拠点としている航空会社、スターフライヤーが羽田-関西空港線にも就航してから数ヶ月経ちました。

Webサイトをのぞいてみると、やたらに目立つ言葉が「非常識」。トップページから「黒い飛行機という、非常識」と書かれています。既存の航空会社とは一線を画しているということを訴えたいのでしょうが、あまりにもネガティブな「非常識」という言葉はかなり逆効果になるような気がしてなりません。

スターフライヤーが訴える「非常識」はサービス、運賃、キャンペーンにまで及びます。

「航空会社がコーヒーにこだわりぬく、という非常識」
「座席を少なくする、という非常識」
「片道8900円、という非常識」
「特急料金や乗車券が無料になる、という非常識」

まあ、確かに新規参入の航空会社だからこそ思い切ったことができるのでしょうが、確かに常識的にはあり得ないサービスなのかも知れません。最後の「特急料金や乗車券が無料」というのは羽田空港-品川間の京急の乗車券、関西空港-なんば間の南海「ラピート」の特急券を搭乗客にプレゼントするというものです。

来週、関西方面に出かける予定ですが、関西空港まで8900円だったら乗ってみてもいいかなと思ってはいました。でも、羽田発の初便が10時台というまったく使えない「非常識」なスケジュールのため、選択肢から消えました。発着枠の関係で難しいかも知れませんが、まずは「非常識」なスケジュールを見直す方が先決ではないかと思います。

|

« 成田エクスプレスに新型車両 | トップページ | 「アキハバラデパート」の改築計画決まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/40039800

この記事へのトラックバック一覧です: スターフライヤーの非常識:

« 成田エクスプレスに新型車両 | トップページ | 「アキハバラデパート」の改築計画決まる »