« ハニハニサッカーDAY | トップページ | 地下鉄副都心線、6月開業 »

2008/01/31

京浜東北線のE233系

このところ徐々に増えている京浜東北線のE233系、ホームで見かけることは何度となくありましたが、ようやく初乗りすることができました。

まあ、車両そのものは中央線のものと大きく変わっているわけではありません。でも、明らかに変わっていたのがドアの上にあるディスプレイ。中央線山手線のものより一回り大きなものになっています。

今までの主力でもある209系電車のイメージがあまりにも暗く、狭苦しいという印象があります。「寿命半分」「コスト半分」というコンセプトで造られた電車ですから、いかにも安っぽい造りで、鉄道ファンからは「使い捨て電車」とか「走ルンです」などと揶揄されていたほどです。

それを考えればE233系電車の印象はかなり明るく、走っている間も音が静かです。さすがに今回は「使い捨て電車」とは言わせないようにしているのがありありとうかがえます。

今後、だんだんと投入されて、最終的にはあっという間に新しい車両に置き換わっていくのでしょう。

|

« ハニハニサッカーDAY | トップページ | 地下鉄副都心線、6月開業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/17913580

この記事へのトラックバック一覧です: 京浜東北線のE233系:

« ハニハニサッカーDAY | トップページ | 地下鉄副都心線、6月開業 »