« くにがみ屋 | トップページ | ハニハニサッカーDAY »

2008/01/29

九州大分らぁめん「たまがった」

横浜駅西口に新年早々オープンしたのが九州大分らぁめん「たまがった」です。本店は京急線の神奈川新町駅の近くにありますが、ラーメン激戦区とも言える横浜駅周辺にも進出してきました。なにせ、この店の隣はもりそば(つけ麺)の元祖と言われている「大勝軒」ですし、向かい側にも別のラーメン屋があります。

大分ラーメンというのはこのあたりでは珍しいですが、スープのベースは豚骨です。そして、博多と同じく極細麺を使っています。麺のゆで加減もやわめ・ふつう・かため・ばりかた・はりがね・粉おとしと好みで選べます。ちなみに、それぞれのゆで時間が書いてあって、最も固い粉おとしのゆで時間はたったの3秒です。

今回はかためで注文。スープはコクがあってクリーミーな感じです。博多よりスープの色がちょっと濃いめかも。紅しょうがやゴマを好みで入れて食べるのがこのお店のおすすめ。自分は紅しょうがを入れない主義なので、ゴマだけをすって入れます。極細の麺とスープがからんでなかなか美味しいです。

このお店、L字型のカウンターに席が狭い間隔で配置されていて、席が全部埋まってしまうとかなり狭苦しい感じになってしまいます。また、スープ切れで早々に店を閉めてしまうこともあるようなので、早めの時間帯に訪問するのが吉でしょう。

|

« くにがみ屋 | トップページ | ハニハニサッカーDAY »

コメント

昨日ですが新町の「たまがった」を通りかかって、西口店開業の広告が貼られていたのを見ました。
子安から新町までの一国沿いもラーメン屋が多いですね。その他にも中華料理店があって、どこに入ろうかというより、逆に見ただけでお腹いっぱいになりそう。(^^;
なので定食を求めてテクノウェイブやニューステージのカフェテリア、あるいは波止場食堂へ向かうへそ曲がりと化しています。

投稿: セバスチャン雲葉 | 2008/01/30 00:13

>セバスチャン雲葉さま
新町あたりはラーメン店が密集しているとは聞いたことがあるのですが、近場であるにもかかわらず行ったことはありません。
ラーメンって意外にお腹にたまりますし、お店を変えてもラーメンばかり食べていると飽きもくるでしょうから、ご飯ものに目が向くのもごく自然なことではないかと・・・。

投稿: つばさ | 2008/01/30 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/17890998

この記事へのトラックバック一覧です: 九州大分らぁめん「たまがった」:

« くにがみ屋 | トップページ | ハニハニサッカーDAY »