« のんびりと江ノ電 | トップページ | クルーンよ、お前もか・・・ »

2007/12/05

小田急の快速急行

藤沢から都心方面に出るために小田急快速急行に乗ってみました。

新宿へはJRの湘南新宿ラインもあって、こちらの方が多少速いのですが、運賃は小田急の570円に対し、JRは950円。これだけ運賃の差があれば、多少時間がかかっても小田急を選びます。この快速急行湘南新宿ラインに対抗するために、これまでの急行より停車駅を絞って速達性を重視しています。

さて、9時36分発の快速急行・新宿ゆきの電車は藤沢駅を発車した時点で座席は全部埋まっているほどです。江ノ島線内では湘南台・大和・中央林間と停車。駅ごとにお客さんがどんどん乗ってきます。そして、相模大野・町田と乗り降りを繰り返して、この時点で車内はラッシュ時間帯の混雑と変わらないほどでした。

快速急行は新百合ヶ丘を出ると、なんと下北沢まで停まりません。これは、小田急にしてみれば革命的なことだと、沿線出身のいきものがかりのメンバーも語っていました。で、その新百合ヶ丘でも大勢の人が行列を作っているのですが、こちらからも降りる人が多数います。このあとに地下鉄千代田線に直通する多摩急行が続いてくるので、乗り換える人も結構いるのです。

多摩川を渡ると複々線の区間が始まります。内側の線路をすいすいと走り抜けていきます。複々線ができる前は遅くて混雑している急行にイライラさせられていたのが、ウソのようです。複々線は梅が丘で終わって、この先はまだまだ工事中。特に下北沢は地下深いところに駅が移ることになっているので、難工事が続いてます。

藤沢から55分で新宿に到着。車内でウトウトしているうちに着いてしまったという感じでした。

|

« のんびりと江ノ電 | トップページ | クルーンよ、お前もか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/17284410

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急の快速急行:

« のんびりと江ノ電 | トップページ | クルーンよ、お前もか・・・ »