« 磐越道高速バス | トップページ | くろすろ~どのえる 2007 »

2007/12/21

あぶくま号

郡山からは新宿ゆきの高速バス「あぶくま号」に乗り継ぎ。ずいぶんと派手にロゴマークの入った福島交通の担当便です。

郡山からは15人ほどのお客を乗せて発車。混雑している郡山の市街地を抜けて国道4号線を南下していきます。市街地を出ると車の流れもスムーズになっていきます。30分ほど走って須賀川で乗車扱い。ここから乗ってくる人も多く、10人以上のお客さんが待っています。これで2人掛けの席に必ず1人はいるというほどの乗車率です。さすがに3時間以上乗るとなると、やはり4列シートでは狭いですね。隣に人が来なければ快適なのですが、来てしまうと狭苦しく感じます。

須賀川インターから東北道に入って、15分ほどで最初の休憩場所になるあぶくまパーキングエリアに到着。運転手から休憩時間はたったの5分と告げられます。5分ではトイレで用を足したところでもう時間切れ。せいぜい自販機で飲み物を買うことくらいしかできません。

071215_1451

西郷バスストップで最後の乗車扱いをして、あとはひたすら東北道を南下。すぐに栃木県に入って、右手には那須岳が眺められるようになります。それにしてもこのバスの運転手さん、かなり飛ばしているのがわかります。常に最も内側にある追越車線をキープしており、どんどん車を追い抜いてきます。

宇都宮までたどりつくと先が見えてきた感じになります。太陽も傾きつつあって、そろそろ車窓も暗くなって外の様子がわからなくなってきます。群馬県をちょっとだけかすめて、羽生パーキングエリアで2回目の休憩に入ります。ここでは15分の休憩。これだけ時間の余裕があれば、ちょっと小腹を満たすことも可能です。さすがに食堂に立ち寄っている時間はないものの、売店で大きな肉まんを買い求めてほおばります。

この先も渋滞は全くないので、スムーズに走っていきます、埼玉スタジアムを左手に見て浦和料金所を通過。このまま首都高速に入り、中央環状線の王子北ランプで高速を降ります。ここから王子駅まではほんのわずか。定刻に王子駅前に到着します。この先は明治通りを通って池袋・新宿に向かうことになっているのですが、ここはまさに渋滞確実。王子駅で下車して、電車に乗り継いだ方が時間的には確実になりそうです。

郡山から3時間半のバスの旅、久しぶりに長距離の高速バスに乗ってみましたが、取り巻く環境もだいぶ変わってきているように感じました。

|

« 磐越道高速バス | トップページ | くろすろ~どのえる 2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/17439487

この記事へのトラックバック一覧です: あぶくま号:

« 磐越道高速バス | トップページ | くろすろ~どのえる 2007 »