« 最速男は横浜に戻ってくるのか? | トップページ | 鉄道博物館:ヒストリーゾーン »

2007/11/08

鉄道博物館:まずは大宮へ

さいたま市大宮にオープンした鉄道博物館、週末は入場制限がかかるほどの混雑が続いているということもあって、平日休みの時に狙いを絞っていたのですが、ようやく訪れることができました。

まずは大宮へと向かうのですが、購入したきっぷはなぜか「都区内フリーきっぷ」。実は単純にきっぷを購入するより、都区内最後の駅となる浮間舟渡からの乗り越し運賃を払った方が安上がりなのです。しかも、帰りは都区内フリー区間で乗り降り自由のおまけもついてお得です。

通勤ラッシュの湘南新宿ラインは大崎で一旦下車。新木場からやってくる埼京線の通勤快速に乗り換えます。湘南新宿ラインの電車は池袋から赤羽の間、かなり大回りするので、体感的にも埼京線の電車の方が速いような感じです。赤羽を出ると北へ向かう新幹線が並行していきますが、多種多様な列車が行き交う様子をつぶさに見ることができます。

地下ホームの大宮駅からニューシャトルの駅まではかなり歩かされます。やはり「博物館効果」なのか、大勢の人たちが電車を待っています。新幹線の高架にへばりつくような感じなので、座れてもあまり車窓は面白味はないかも知れません。

大成駅あらため鉄道博物館駅に着いたのは9時半を少し回ったところ。この日は駅から直接入場できないようになっていて、駐車場側に一旦並んでから入場します。すでにこの時点で100人くらいの列ができていましたし、その後も列はぞくぞくと長くなっていき、ざっと500人くらいはいたようです。平日ならゆっくり見られるだろうと思っていたのが、あてがはずれてしまいました。

開館の10時になると列が動き始めます。手持ちのPASMOに入場記録を入れてもらい、いよいよ館内へと入場します。

|

« 最速男は横浜に戻ってくるのか? | トップページ | 鉄道博物館:ヒストリーゾーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/17018472

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館:まずは大宮へ:

« 最速男は横浜に戻ってくるのか? | トップページ | 鉄道博物館:ヒストリーゾーン »