« ナベツネ、大激怒 | トップページ | 季節はずれの台風接近 »

2007/10/24

あるメイドさんの卒業

「始まりがあれば終わりがあるように、出会いがあればまた別れもあるのです」

というわけで、今日は横浜駅西口のメイドカフェ「HoneyHoney」(通称ハニハニ)でメイドさんとして頑張ってきたゆうこさん(以下、「ゆうこりん」とします)の卒業の日となりました。

ゆうこりんは黒いロングの髪と笑顔がよく似合う女の子。彼女がハニハニメイドデビューしたのは今から7か月前の3月頃のことでした。たまたまデビュー当日に自分も居合わせたのですが、その時は店長のみかさんや先輩のメイドさんに促されて、緊張した面持ちで「よ、よろしくお願いいたします」と挨拶されたことを記憶しています。

最初のうちはドキドキしながらの接客だったと思いますが、時が経つに連れてだんだんと慣れていって、立派なメイドさんに成長していく様子を見ていくことができました。「研修中」のバッチが取れた時は、本当に嬉しそうにしていましたね。

何枚かチェキを撮ってもらったこともありますが、「おとぎの国」イベントでのアリスのコスチュームを着たゆうこりんは本当にお似合いでしたね。

で、今日の卒業の日。これまで1度も注文したことがなかったオムライスを注文。メイドさんのお店ではお約束のケチャップでの文字入れがあるのですが、ゆうこりんに「今の素直な気持ちを書いてみて」とオーダーしてみました。で、少し迷って書き込んでくれたのがこれ。
071024_1814
カメラ映りがよくないので、メッセージが読みにくいかも知れませんが、わかるでしょうか。ヒントは「アタックNo.1」です。

別れというものは寂しく、悲しいもの。きっとゆうこりんも仲間のメイドさんたちも同じ気持ちだと思います。でも、これから自分の夢に向かって歩んでゆく彼女の旅立ちを笑顔で見送っていきたいものですね。

ということで、7か月間本当にお疲れさまでした。ハニハニでの経験を活かしながら、これからも頑張っていって下さいね>ゆうこりん。

|

« ナベツネ、大激怒 | トップページ | 季節はずれの台風接近 »

コメント

某星雲に帰ったみたいですね。>ゆうこりん
ところでカフェに行くことを「帰宅」と称するようですが、行きたい気分でないときを「帰宅拒否症」と言うのでしょうか?
「帰宅」経験がないそれがしはホームレスなわけですが。(^^;

投稿: セバスチャン雲葉 | 2007/10/24 23:47

>セバスチャン雲葉さま
さすがに「帰宅拒否症」とは言わないでしょうね。
もっとも、イベント等で行列ができている時などは、わざわざ待ってまで入ろうとは思いませんけどね。
まあ、「ホームレス」なら気楽に通えるところを見つければいいんじゃないかと(笑)。

投稿: つばさ | 2007/10/30 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/16862778

この記事へのトラックバック一覧です: あるメイドさんの卒業:

« ナベツネ、大激怒 | トップページ | 季節はずれの台風接近 »