« 季節はずれの台風接近 | トップページ | 渋谷:将八うどん »

2007/10/28

棚からぼた餅

伊勢の名物、「赤福」の賞味期限偽装。創業300年の老舗がやることとは思えない不祥事にあまりにも呆れ果ててしまいます。それだけにとどまらず、賞味期限切れの餡や餅を再利用したり、他の業者に売りつけたりと、続々と不祥事が明るみに出てきています。

そのため、現在「赤福」は無期限の販売停止処分となっており、駅の売店からも一斉に姿を消しました。名古屋駅では駅のキヨスクの中でもダントツの1番人気だったものが消えてしまったのですから、その影響も甚大でしょう。

そんな中、「ポスト赤福」をめぐる商戦もヒートアップしています。

“ポスト赤福”頂き!そっくり「御福餅」バカ売れで主役の座(サンスポ)

この「御福餅」もやはり伊勢の名産で、創業200年あまり。中身のあんころ餅も「赤福」と大差ないとのこと。包み紙のデザインもよく似ています。ということであれば、「赤福」がすぐに復活する可能性がない以上、それに代わるものとして売れるようになるというのは自然なことでしょう。

「御福餅」にとってみれば、まさに「棚からぼた餅」のような状況かも知れませんね。

|

« 季節はずれの台風接近 | トップページ | 渋谷:将八うどん »

コメント

棚の上のぼた餅も食べないほうが良かったのかどうか。(-_-;

http://www.asahi.com/national/update/1030/NGY200710300001.html

投稿: セバスチャン雲葉 | 2007/10/30 19:11

>セバスチャン雲葉さま
おやおや、ポスト「赤福」までも不正ですか。
こんなことになってしまうと、何を信用したらいいのかわからなくなってしまいますね。

投稿: つばさ | 2007/10/30 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/16903710

この記事へのトラックバック一覧です: 棚からぼた餅:

« 季節はずれの台風接近 | トップページ | 渋谷:将八うどん »