« らくらく通勤 | トップページ | 信越本線、間もなく復旧 »

2007/09/01

恐怖のメニュー

久しぶりに「HoneyHoney」(通称:ハニハニ)のランチをいただきました。先月はほとんど顔を出せなかったので、お店の中で代表と店長が「最近つばささん、顔見せないねぇ~」とネタにされていたとか(苦笑)。今日の日替わりランチは「牛肉とキノコの味噌クリーム煮」で、自分の好きなメニューのひとつでした。

昨日、「死霊の納涼祭」なるイベントが行われていたそうですが、ホラー系は最も苦手とするところなのでさすがにパス。聞くところによると、ノリノリなのは代表だけで、メイドさんたちにはとっても不評なイベントなんだとか。でも、このイベントためにランチの営業を休んでまで準備をするという徹底ぶりです。

それでも、店長みかさん手作りの限定メニューは健在。昨日のメニューを見せてもらいましたが、なんとも恐ろしいネーミングがついています。たとえば・・・

「血の池地獄」(麻婆茄子丼)
「人肉饅頭」(軟骨入り焼売)
「目玉親父風呂」(抹茶プリン・目玉親父付き)

などなど。さすがに「人肉饅頭」と言ったって本当に入っていたら大変なことになりますし、言うまでもなく段ボールなんか入っていませんよ(笑)。

というわけで、今日のハニハニ迷言集・・・
「ババァがお冷やを注いだら・・・・みんな帰っちゃう・・・」
(久々にホールに出ていたみか店長談)

えっと、みかさんって「永遠の18歳」じゃありませんでしたっけ? こういうユーモアたっぷりの店長さんですから、メイドさんたちにもお客さんにも慕われているのでしょうね。

|

« らくらく通勤 | トップページ | 信越本線、間もなく復旧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/16312949

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖のメニュー:

« らくらく通勤 | トップページ | 信越本線、間もなく復旧 »