« 鴨川街歩き | トップページ | 市営バス1系統、最後の日 »

2007/09/29

アクシー号

鴨川から東京へは高速バス「アクシー号」を利用します。13時ちょうど発のバスは20人以上のお客さんを乗せて出発していきます。

この区間はJRの特急「わかしお」と競合しますが、所要時間がほとんど変わらず、列車より割安、本数も多いことから人気が高まっている路線です。東京湾アクアラインが開通してから首都圏と房総半島を結ぶ高速バスが続々開業しており、交通事情を一変させたと言われています。

海岸線に沿って走る列車とは異なり、バスは房総半島の山の中へ分け入っていきます。市内の停留所で5人ほどさらに乗せて、鴨川有料道路を経由してJR久留里線沿いのルートをたどります。途中、亀山湖の湖畔を走ったり、久留里城趾の近くを通ります。久留里駅前や木更津市内でも少しずつお客さんが乗ってきて、なかなかの盛況ぶりです。

それにしても、このルートでは土砂を運ぶダンプカーがやたらに目につきます。袖ヶ浦ナンバーのダンプはもとより、青森や沖縄ナンバーのダンプまで見かけたのにはビックリします。これ、どうやら羽田空港の再拡張工事に伴って、埋め立て用の土砂を運んでいるようです。

やがてアクアラインへの連絡道路が見えてきますが、すぐには高速に入らず側道を走ります。最後の乗車停留所となる木更津金田バスターミナルでは、ざっと数えて20人ほどのお客さんが列を作って待っています。ここには駐車場が完備されていて、パーク&ライドが確立されています。そりゃ、マイカーでアクアラインを往復するとしたら、相当高い通行料を払わなければなりませんから、割安なバスに流れるのも当然なのかも知れません。とはいえ、鴨川からやってくる長距離便にどかどかと乗り込んでくるのは、正直勘弁して欲しいところ。10分後には君津からのバスがやってくるのですから、長距離便には乗車不可の措置をしてくれた方がありがたいです。

で、ようやくアクアラインに入って、海ほたるを通過するとあとはトンネルの中。あっという間に対岸の浮島ジャンクションにたどりついてしましいます。羽田空港を通過して、首都高速では多少の渋滞はあったものの、東京駅には5分遅れにとどまったのはなかなか立派です。

最後の一区間はかなり窮屈だったものの、まずますなバスの旅でした。

|

« 鴨川街歩き | トップページ | 市営バス1系統、最後の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/16611657

この記事へのトラックバック一覧です: アクシー号:

« 鴨川街歩き | トップページ | 市営バス1系統、最後の日 »