« 東京湾フェリー | トップページ | 10万アクセス突破 »

2007/09/25

内房から外房へ

金谷港からはバスに乗り継ぎ。目指すは鴨川です。列車だと館山・千倉と半島の南側をぐるっと回っていくので遠回りになってしまいますが、バスだと山の中をショートカットしていくので列車より早く着くことができます。

9時40分に発車。バスは国道127号線を館山方面に南下していきます。海岸線ギリギリのところがあったり、行き違いができないほどの狭いトンネルがあったりとなかなかスリルがあります。鋸南町に入った保田で国道と別れ、山の中へ分け入っていきます。緩やかなアップダウンが続く道をすいすいと走ります。

30分ほど走ると、もう鴨川市のエリア。といっても、市街地まではまだまだ距離があります。バスに乗って不思議に感じたのが、このあたりはかつて鉄道が走っていた形跡がないはずなのに「○○駅」を名乗るバス停が何か所か存在すること。まあ、旧国鉄バスも主要なバス停を「駅」と名乗っていたので、それと同じような扱いなのかも知れません。

やがて、市街地が近づいてきて外房線の踏切を渡ると、鴨川駅はすぐそこ。ほぼ1時間で内房から外房側へとたどりつくことができました。

ちなみに、バスはこの先鴨川シーワールドまで行きます。今回は訪問しませんでしたが、久里浜港ではフェリーとバスと鴨川シーワールドの入園券をセットした割引チケットを発売していて、往復だと1500円も得になるようです。乗り換えの手間はありますが、なかなか太っ腹なチケットです。

|

« 東京湾フェリー | トップページ | 10万アクセス突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/16569112

この記事へのトラックバック一覧です: 内房から外房へ:

« 東京湾フェリー | トップページ | 10万アクセス突破 »