« 扇子がそのままきっぷになる | トップページ | 「困ったちゃん」なご主人様 »

2007/07/22

三菱サイダー

7/18のエントリーの中で雲葉さんがコメントをつけている「三菱サイダー」、これもまたご当地サイダーのひとつなのですが、ネーミングからして怪しい雰囲気がプンプンしてきます。

いま、手元に現物の空き缶がないのですが、「三ツ矢サイダー」と似た緑色の缶には名前の通りあの三菱の「スリーダイヤモンドマーク」が描かれています。三菱グループがサイダーまで出しているのかと思われがちですが、実はこれ、三菱グループとは全く関係ありません。製造販売元を見てみると熊本市に本社がある「弘乳舎」とあります。公式のWebサイトにも「大正8年に登録商標され三菱グループとは一切関係ない古い商品です」とコメントされています。要するに三菱グループより先に商標登録をしたので、「スリーダイヤモンドマーク」も使っているというわけです。

それにしても、なぜ「三菱サイダー」というネーミングをつけたのでしょうか。「三ツ矢サイダー」に対抗するためなのか、三菱の名を語ってどんどん売ろうと考えたのか、そのいずれかでしょう。

インパクト充分なネーミングですが、やはり現物は現地に行かないと手に入れられないのでしょう。ちなみにこのサイダー、熊本産ということで水は当然阿蘇山の伏流水を使用しています。水がいいものならば、美味しいサイダーになるはずですね。

|

« 扇子がそのままきっぷになる | トップページ | 「困ったちゃん」なご主人様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/15848447

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱サイダー:

« 扇子がそのままきっぷになる | トップページ | 「困ったちゃん」なご主人様 »