« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/30

久々に京王線

午前中、橋本に所用があって片付けたあと、都心方面に出るために久しぶりに京王線の電車に乗りました。

すっかりダイヤのパターンが変わっていて、新宿方面に向かう電車は急行(都営新宿線乗り入れ)・快速の2本立てに変わっていました。以前は相模原線内は多摩センターだけに停まる特急が豪快に走っていたのですが、調布から都心方面は電車がつかえていてノロノロ運転だったので、いつもガラガラだったものです。でも、急行に変更して停車駅を増やしたことで、お客さんも増えた感じです。

調布までの相模原線は比較的新しい路線なので、踏切がありません。ですから、どんどん飛ばしていくという印象です。あたりを見渡すと、以前よりマンション群が増えたような感じがします。神奈川県と東京都を行ったり来たりしながら、稲田堤の先で多摩川を渡っていきます。そして、調布では八王子方面からやってくる準特急と同時に到着になります。

新宿へは準特急の方が先に着くので乗り換えます。もちろん座れませんが、10分ちょっとの時間なのでガマンの範囲内です。それにしても、準特急というのは奇妙な種別ですね。

新宿に着いたのは14時を少し回ったところでしたが、この直後に踏切事故があって運転見合わせになってしまったらしいですね。もう少し遅かったら、大変な目に遭うところでした。中央線の大工事で振替輸送のメインルートになる電車がこんな状況になってしまって、大丈夫だったのでしょうかねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/29

冷房故障

毎日蒸し暑い日が続いて、仕事から帰ってくるともうぐったりです。

今朝も横浜駅から京浜東北線で通勤したのですが、ホームやって来た電車の窓があちこち開いているのに気付きました。案の定、電車の中に乗り込むと冷房が効いておらず、車内は混雑と相まって非常に蒸し暑い状態でした。

電車が発車すると車掌のアナウンスが入ります。

「ただいま、冷房装置に不具合が見つかったため、冷房を止めさせていただいております。申し訳ございません」

おいおいおい、冗談じゃないよ。ラッシュ時に冷房故障とは全くもってシャレになりません。ましてや、京浜東北線の209系電車は、開けられる窓も限られていますし、電車のスピードも知れているので、ちっとも風が入ってきません。車内の空気は淀み、このまま乗り続けていたら、疲労感も増すばかりです。

こんな電車にはさっさと見切りをつけるに限ります。次の東神奈川で下車して、後続の電車を待つことにします。微妙な遅れを持って運転していたので、車内の混雑が一層酷くなったのですが、それでも冷房がきちんと入っているだけはるかにマシですね。ようやくほっと一息つけました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/27

ANA北九州便

ANAが今月から羽田-北九州線の運航を始めています。

でも、YCAT(横浜シティエアターミナル)の掲示によると、北九州便については第1ターミナル発着と書いてありました。あれ? ANA便は第2ターミナル発着のはずなのですが・・・。

まあ、これは謎解きすれば簡単なことで、あくまでも飛行機はスターフライヤーの運航で、ANAはコードシェア便として座席の一部を買い取ったということです。スターフライヤーが第2ターミナルに移るという話は今のところ聞いていないので、ANA便であっても例外的に第1ターミナル発着ということになります。

スターフライヤー
も新北九州空港開港に合わせて、早朝から深夜までの運航でビジネス客を獲得しようとしたのですが、首都圏での知名度がさっぱりで搭乗率も目標に達することができず、結局ANAの軍門に下ってしまったということですね。

でも、スターフライヤーはなかなか個性的なサービスを展開しているので、1度は乗ってみたいところ。ANAのマイルが貯まるということであれば、次回の九州ゆきで乗ってみようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/26

偽装牛ミンチ事件

なんか、次から次へとミートホープ社の偽装の実態が明るみに出ていますけど、人の口に入るものを扱う業者としては、あまりの酷さに開いた口がふさがりません。

牛肉100%と表示されていながら、豚や鶏、ラム肉のくずを混入させて、なおかつ牛肉らしく見せかけるために家畜の血を混ぜてみたりとか、増量するためにパンくずや化学調味料を混ぜてみたりと、もうやりたい放題。このような偽装が20年以上前から行われていたということですから、もう呆れるばかりです。それに、告発があったにもかかわらず、これまで偽装を見抜けなかった行政の対応もいただけません。

それにしても、こんな酷い偽装をやられると、本当に原材料表示を信用していいものなのか、疑わざるを得なくなってしまいそうですね。消費者が安心して食べることができるように、再発防止に徹底的に取り組む必要があるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/25

ベイスターズに新外国人

今日は雨で流れていた湾岸対決の千葉ラウンド。千葉マリンスタジアムでベイスターズマリーンズのゲームでした。「ハマのおじさん」工藤投手の好投と、打の方では金城選手の活躍、またバックも守備でもり立てて今日は快勝。これで5連勝です。

でも、まだまだ先発投手のコマが足りないというチーム事情もあって、メジャー経験のある左腕の外国人投手がやってくることになりました。その名は・・・ホワイト選手です。この新助っ人、ちょっと風変わりで、自分の所有している土地から高価な建築用石材がザックザック出てきて、資産としては億万長者だとか。でも、あえて換金はせず、そのまま放置しているということです。

さて、このニュースを報じているサンスポのWebサイトには、思わずニヤリとしてしまう見出しが付いていました。

「えっ? ソフトバンクじゃないの?」

これ、携帯のソフトバンクのCMですね。松中選手をはじめとするホークスの選手たちに混じって、「この選手は実在しません」とテロップが出る「ホワイト」という選手が登場。バットの代わりに携帯を持って、「ツキ、キュウヒャクハチジュウエン」と新料金プランを告知していたものです。

サンスポさんもなかなかユーモアたっぷりのネタを提供してくれますね。まあ、「わかる人にはわかる」という程度のネタなのかも知れませんけどね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/24

野毛山動物園

横浜市内には市営の動物園が4つあります。ズーラシア金沢動物園万騎が原ちびっこ動物園、そして今日紹介する野毛山動物園です。他の都市だと東京なら上野、大阪なら天王寺、名古屋なら東山と大きな動物園が1つというのが普通なのですが、それぞれの特色を活かした複数の動物園が存在しているというのは珍しいと言えます。

 その中で最も古くから存在しているのが野毛山動物園です。1951年(昭和26年)の開園ですから、今年で56年目になります。非常に都心に近い場所にあって。京急日ノ出町駅の裏側にある小高い山の中に広がっている動物園です。JR桜木町駅から歩いても15分くらいなので、ちょっとした散策にもいいところです。ちなみに、ズーラシア金沢動物園は入園料が必要ですが、野毛山は昔も今も入園無料です。

動物は104種類いて、ライオン・トラ・キリン・ペンギンなど基本はしっかりと抑えています。中でも人気なのは愛嬌を振りまいているレッサーパンダでしょう。2本足で立つと千葉の方で話題になっていましたけど、こちらのレッサーパンダはどうなのでしょう? また、なかよし広場ではおとなしい動物たちに直接ふれあうことができます。ただ、その「おとなしい動物」の中にヘビのアオダイショウが含まれていたりします。

ズーラシアが開園したら、動物たちはそれぞれ金沢とズーラシアに移して野毛山は閉園という噂もありました。でも、結局そのまま残っているということは、やはり都心の中の癒しの空間として貴重な存在ということなのでしょう。久しぶりに生態観察をかねて訪ねてみたくなってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/22

架線切断で大混乱

今日、朝のラッシュ時間帯に東北線の大宮駅近くの架線が切断。東北線高崎線京浜東北線湘南新宿ラインが長時間にわたってストップし、大混乱になりました。

とりわけ、現場付近の列車は停電でエアコンも切れてしまい、その中で長時間閉じこめられてしまったため、気分が悪くなる人も続出。中でもトンネル内に4時間立ち往生していた列車もあって、携帯が通じず外部に連絡が取れないという状況に遭遇してしまった人たちは、特に悲惨です。

実は、自分もこのトラブルの影響をまともに被ってしまいました。横浜から川崎に向かう際に、東海道線の混雑を嫌って京浜東北線に乗ることが多いのですが、今日は完全にそれが裏目に出ました。東神奈川でトラブルの第一報が入って、しばらく停車してから発車したのですが、次の新子安のホームの少し手前でとうとう停止してしまいました。前の電車がつかえているため、先に進めない状況です。まあ、車内にはゆとりがあったため、息苦しさはありませんでしたし、エアコンは効いていたのでまだよかったのですが、それでも30分以上立ちっぱなしで閉じこめられるのはやはり苦痛です。しかも、東海道線京急線は普通に走っているので、なおさら腹がたちます。

ようやく前の電車が出発して、新子安駅に到着。この先、しばらく発車する見込みがないようなので、さっさと見切りをつけて下車。隣接する京急新子安駅に移動します。こちらも階段下まで行列ができていましたが、機転を利かせて踏切をわたり、反対側の階段からすんなり駅に入ることができました。当然、改札口も押し合いが続いていましたが、みな振替乗車証で有人改札から入る人たちばかり。PASMOは振替乗車対象外なので、人をかき分けて自動改札でタッチ&ゴー。ホームに降りたら、すぐに品川行きの普通車がやってきて、ようやく事なきを得ました。

それにしても、毎度のことながらJR東日本ってトラブル発生時の対応が後手後手です。復旧まで5時間もかかるなんて、あまりにも酷すぎます。ひとたびトラブルが起きると、広範囲に影響が及ぶので、迅速に復旧対応に臨んでいただかないと困ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/21

キットカット夕張メロン、増産へ

財政破綻した夕張市を応援しようということで、今月4日から発売されている「キットカット 夕張メロン」が増産されることになりました。

応援商品「キットカット夕張メロン」を増産 ネスレ(asahi.com)

もともと、今月中旬で生産終了になるはずだったのですが、予想以上の売れ行きを記録しているため、もうしばらく生産を続けていくということです。現時点で1000万円以上の基金が集まっており、月末に夕張市へ寄付されるとのことです。

1個につき10円を夕張市へ寄付するということですから、すでに100万個以上売れているということになりますね。「塵も積もれば」というわけではないのですが、全国各地の人たちが夕張の街を支援しようという気持ちが表れて、こういう結果になったのだと思います。引き続き、微力ながら貢献できればいいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/20

交流戦も大詰め

プロ野球の交流戦もいよいよ大詰め。あと1週間ほどですべての日程が終了することになります。今日の試合の結果でマリーンズの交流戦3連覇は消え、ファイターズともう1チームの優勝争いに絞られています。やはりここは、ファイターズに決めてもらいたいところです。

さて、横浜ベイスターズはどうなっているかというと、今日はホークス相手にサヨナラ勝ち。なんとあの強いはずのホークスには4戦全勝でした。5月の連休明けから失速状態が続いて、一時は借金も7までふくらみ、最下位も危ぶまれていたのですが、今日の勝利で無事完済することができました。とりあえず、今のところプレーオフの出場資格を持つ3位をキープしています。

それにしても、横浜スタジアムで観戦したいと思ってはいるものの、なかなか時間が取れずチャンスがありません。前に観戦した時は、まだ大魔神ササキ様が現役でいた頃ですから、本当にかなり昔の話になっちゃいますね(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/18

水陸両用バスで大阪めぐり

大阪に日本初の水陸両用バスが登場し、16日から市内を巡るツアーが行われています。

全国初の水陸両用バス、初出航 大阪(asahi.com)
ツアー紹介のWebサイトはこちら

ツアーは大阪ミナミの新名所、なんばパークスをスタートし、堺筋を北上。桜之宮公園のスロープから大川に進水し、40分間のクルージングを楽しみます。再び、陸に上がってから今度は御堂筋を南下してなんばパークスへ戻る2時間のツアーになっています。川から眺める大阪の街はまた違った表情を見せてくれるとアピールしています。

気になるツアー料金はなんばパークスで使える1000円分の食事券がついて5800円です。とりあえずツアーは6月30日まで実施、1日4便の運行になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/17

弱冷房車

梅雨入りしたはずなのに、もう中休み状態。すっかり暑い日が続いています。

これだけ暑くなってくると、エアコンの効いた電車は本当に極楽です。とはいえ、冷房の苦手な人がいるのも確かなので、だいたい1本の電車のうち1両か2両が「弱冷房車」となっています。普通の車両より温度設定を1度か2度高めにしてあるのですが、乗り込んでみると思った以上に冷房が効いていないという感じです。暑がりの自分にとっては「弱冷房車」というのはちょっと避けたいところです。

でも、自分が日常使う電車は、駅の階段の位置がちょうど「弱冷房車」になっていて、ちょっと困りもの。例えば地下鉄横浜駅の5号車がそうなのですが、階段に近いこともあって特にここは混雑しています。そういう車両が「弱冷房車」になっているのですから、暑くてたまりません。ですから、夏になると「弱冷房車」は自分としては敬遠してしまいますね。階段に近いのと涼しさ、どちらか一方を選ぶとすれば、やっぱり涼しさの方を取ってしまうでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/16

桃色トラップパフェ

1周年のイベントを終えたばかりの「メイドさんによるラウンジ くろすろ~ど」で、今度は6月のイベントメニューが登場しました。

今度のイベントメニューは盛りだくさんでパフェが2種類、フードが1種類、ドリンクが3種類あり、1度で制覇するのはさすがに難しいです。というわけで、今回は「桃色トラップパフェ」をいただいてみました。

いつもながらのことですが、こちらのパフェのデコレーションは美しいです。ベースがストロベリーソースになっていて、中にはフルーツやナタデココが盛りだくさん。ナタデココの食感がなかなかいい感じです。

でも、「トラップパフェ」というだけあって、このパフェには罠が仕込んであります。とりあえず、自力で探すことにして少しずつ食べていきます。しばらく食べ進んでいくと、口の中でパチパチとはじけるような刺激的な感覚が襲ってきます。どうやらこれが罠のようです。食べ終わったあとにメイドさんにその話をしたら、間違いありませんでした。パチパチ感の正体も教えてもらいましたけど、敢えてネタばらしはしないことにしておきます。

ちなみに、この日からグランドメニューが変わっていて、ドリンク類は値下げになっていましたし、新しいメニューも付け加えられていました。やっぱりネタ的に面白いのは「ジャンボパフェ」でしょう。通常の4倍量のパフェだそうですが、初日にして1人で完食した人がいたというのには驚きです。いくら甘いモノが好きな自分でも、さすがに一気に4人分は食べられないですね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/14

遅い梅雨入り

昨日の九州北部・四国に続いて、今日は中国地方から近畿・東海・関東甲信越地方と軒並み梅雨入り宣言が出ました。いつもの年に比べると1週間遅い梅雨入りになります。

これから1か月以上にわたって雨の多い季節を迎えますが、全国的に少雨傾向が続いているので、この時期に平年並みの雨が降らないと、この夏の水不足は決定的になります。四国あたりではすでに減圧給水の措置などが取られていて、大々的に節水が呼びかけられているところもあるようです。それに、深刻なのが農業用水の不足。田植えが終わったにもかかわらず、田んぼが干からびている状態になっているところがテレビで放映されていましたが、このままでは秋の収穫に大きな影響が出かねません。

さて、現在の神奈川県内のダムの貯水率は宮ケ瀬湖が70%台ですが、ほかは80%台を超えています。利根川水系のダムではすでに50%台まで落ち込んでいるダムがあるくらいなので、神奈川県は自前の水源を持っていることもあって、まだまだ恵まれている方です。でも、今後の気象条件に大きく左右されるところもあるので、なるべく水の無駄遣いはしないように心がけないといけませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/13

駆け込み乗車は危険です

13日の午前中、小田急線の東海大学前駅で、発車間際に駆け込んだ女性がドアに指をはさまれたまま引きずられケガをするという事故がありました。

小田急線の駅で事故、女性がけが 神奈川・秦野(asahi.com)

この駅のホームはカーブしているので全体を見渡せなかったこと、それにもかかわらず車掌がきちんと確認をしなかったこと、ドアに15mm以上のものがはさまると発車できない仕組みになっているはずなのに、それが作動しなかったことなどの要因が重なってこの事故が起きてしまったわけですが、根本的な原因は無理な駆け込み乗車をしようとした当人にあるのではないかと思います。

電車に乗っていると、よく「駆け込み乗車は思わぬケガをするばかりか、ほかのお客様の迷惑になりますのでお止め下さい」という車内放送を耳にします。にもかかわらず、このような事故はあとを絶ちません。ホームドアを設置すればこのような事故はほとんど防げるのですが、いろいろな形式が走っている鉄道会社では、ドアの位置もまちまちになってしまいますから、それもなかなか難しい話です。

次の電車が30分後というのならいざ知らず、10分以内に次の電車が来るようなら、わざわざ危険を冒してまで電車に駆け込もうとは思わないはずです。やはり、電車に乗る時はある程度のゆとりと余裕をみて乗らないといけませんね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/06/12

湘南モノレール

大船と江ノ島を結ぶ湘南モノレール。1971年に全線開業して、江ノ島へのアクセスや通勤通学の足として活躍しています。

このモノレールの特色は懸垂式と呼ばれるもので、線路は屋根の上にあって、そこから車両が吊られている様子を思い浮かべればいいかと思います。ですから、モノレールが走っている様子を下から眺めてみると、さながら空の上を駆け抜けていくような、そんなイメージになっています。

大船と江ノ島の所要時間は14分ほど。乗っていると結構スリルとスピード感を味わえます。実際、宙づりのような状態になっているので、それが最高70km/hで突っ走り、おまけにそのスピードでトンネルに突っ込んでいくとなるとかなり怖いです。同じシステムのモノレールとして千葉都市モノレールがありますが、あちらがのんびりと走っているのとは好対照です。

のんびりと走る江ノ電と合わせて、空中散歩を楽しみつつ体験乗車してみると面白いかも知れません。JR東日本で発売している「江ノ島・鎌倉フリーきっぷ」なら両方に乗ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/11

おとぎの国のハニハニ

横浜駅西口のメイドカフェ「HoneyHoney」(通称ハニハニ)の6月イベントが始まりました。今回は「おとぎの国のHoneyHoney」と称して、いつものメイドさんが童話の世界の登場人物に扮してお迎えするというものです。

ですから、お出迎えのご挨拶もいつもとちょっと違い、「お帰りなさいませ。王子様(お姫様)」になります。夜の部のメイドさんは4人いましたが、それぞれ白雪姫・不思議の国のアリス・赤ずきん・魔女のコスチュームをまとっていて、いつも以上に華やいだ雰囲気になっていました。キャスティングもはまっていて、魔女はもうすっかり役になりきっていました。テーブルには絵本が置いてあり、プロジェクターではピノキオとか不思議の国のアリスなどのアニメが映し出されていました。

さて、イベント限定メニューは白雪姫をイメージしたカクテル「ぷるぷるアップル」とピノキオの顔をかたどったピラフ「ピラフノキオ」、アリスのお茶会をイメージした「お茶会スコーン」の3種類です。

070611_2007

今日は「お茶会スコーン」をいただいてきました。手作りの紅茶入りスコーンをショートケーキ風にアレンジしたもので、サクサクのスコーンが美味しかったです。

今回、ポイントカード満了の特典で、メイドさん全員とチェキで記念撮影をしてきたのですが、相変わらず写真映りの悪い自分にすっかりショボーンでした(苦笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/09

湾岸対決

【今日のプロ野球の結果】 横浜スタジアム
横浜ベイスターズ 2-0 千葉ロッテマリーンズ

【今日のJリーグの結果】    日産スタジアム
横浜F・マリノス 1-0 ジェフユナイテッド千葉

というわけで、今日はプロ野球・Jリーグともに「横浜VS千葉」の「湾岸対決」でした。昼間はハマスタ、夜は日産スタジアムで野球とサッカー両方が楽しめる共通観戦チケットも販売されました。

このコラボイベントのサブタイトルには「昼も夜も勝つのは横浜だ!」と銘打っていましたけど、とりあえず試合結果もその通りになってやれやれでした。どちらのチームもどうも最近低迷気味ですから、これをきっかけに少しでも上昇気流をつかんでもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/08

くろすろ~ど1周年

秋葉原にある「メイドさんによるラウンジ くろすろ~ど」が1周年を迎え、今日から10日までの3日間、1周年の限定メニューが登場しています。というわけで、早速今日いただいてきました。

限定メニューのひとつが「1stアニバーサリーパフェ」。ベースに手作りのマスカットゼリーを使って、チェリーソースやパイナップルなどのフルーツ、それに生クリームとアイスでデコレーションされています。マスカットゼリーの緑とチェリーソースの赤で「くろすろ~ど」のメイド服をイメージさせたものです。いつもながら思うのは「くろすろ~ど」のパフェはデコレーションが美しく、とてもボリューム感があります。パフェだけでお腹いっぱいになるので、食事のあとのデザート感覚でいると痛い目に遭うかも知れません(笑)。とあるメイドさん曰く、「パフェだけはほかのお店にに負けませんから」というのもうなずけます。でも、今回のパフェはゼリーをふんだんに使っているので、そんなに重い感じではなく、最後まで美味しくいただけました。

そして、紅茶にこだわりを持つお店なので、「バースディ」と称するフレーバーティーが用意されていました。ベースはダージリンで、そこに花びらをブレンドしているとかで、甘い香りが漂ってきました。1杯目はストレートで、2杯目はミルクティーでと2つの楽しみ方ができるのがポットティーのいいところです。

1周年を機に、グランドメニューの変更、営業時間の延長などが計画されているようですが、これからも何かと騒がしい秋葉原の街の中で、静かでほっと一息つける素敵な空間であり続けて欲しいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/07

ファミマで夕張応援企画

財政破綻してしまった北海道夕張市を支援するために、ファミリーマート「けっぱれ夕張 DOSANKO FESTA’07」が6月25日まで開催されています。

ニュースリリース

この企画の売上の一部は夕張市の「幸福の黄色いハンカチ基金」に寄付されるとのことです。で、品揃えの方は通常であれば北海道限定でしか買えないもの、北海道産の食材を活かしたメニューなど最大で68アイテムが並びます。

商品リストを見て気になるものといえば、やはり「エスカロップ」でしょうか。北海道でも根室でしか食べられないメニューで、バターライスに薄切りのカツをのせて、デミグラスソースをかけたものらしいです。今回は根室の洋食屋監修のもとで作られたものですが、現物を食べたことはないので、結構楽しみにしています。こちらは19日からの限定発売になります。

ちなみに、今日は駅前のファミリーマートで「KitKat」の夕張メロン味を買ってみました。140円と通常の「KitKat」より割高なのはワケがあって、発売元のネスレが独自に売上のうち10円を夕張市に寄付することになっているからです。ですから、パッケージにも「夕張を応援しよう!」「あなたの想いを届けます」のメッセージが書かれています。

夕張の街が元気になるように、私たちにできることは大したことがないかも知れませんが、こういう形で少しでも支援できたらいいなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/06

横浜市電保存館

その昔、横浜でも路面電車(市電)が走っていました。1972年に全廃となるまで、70年にわたって市民の足として活躍してきました。自分も幼少の頃、市営墓地へ墓参りに行く時に市電に揺られた記憶があります。

その市電が走っていたことを記憶にとどめるための施設として、市営バス滝頭営業所の一角に横浜市電保存館があります。かつて市内を走っていた市電の車両が7両展示されており、もちろん車内に入ってみることもできます。市電に乗ったことがある人なら懐かしく、そうでない人でもレトロな雰囲気を味わうことができます。

さらに、鉄道模型の大パノラマも設置されていたり、市営地下鉄の運転シミュレーターもあるので、大人も子供も楽しめる施設となっています。ちなみに、HOゲージのパノラマには来年開業予定の地下鉄4号線の車両模型が新たに走り始めています。

市電保存館のWebサイトを見ると、最盛期(1961年)の市電路線図をダウンロードすることができるのですが、これを見てみるとかなり広い範囲に路線を広げていたことがわかります。横浜駅・桜木町駅を中心に生麦・杉田・弘明寺・六角橋のあたりまで走っていたみたいです。この時、根岸線はまだ開業しておらず桜木町止まり。根岸・磯子方面は市電が頼りの時代だったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

ベイライナー水戸・横浜号も廃止

横浜と水戸を結ぶ高速バス「ベイライナー水戸・横浜号」が6月15日の運行をもって廃止されることになりました。みなとみらい地区に乗り入れたり、割安な往復割引きっぷを発売したりして、それなりにテコ入れは図っていたのですが、結局開業してわずか1年半あまりでの廃止ということになってしまいました。

まあ、時々すれ違う際にちらっと見てみてもお客さんがほとんど乗っていない状態でしたし、通常運賃が3500円と東京発の高速バスよりもかなり割高というのも、客がつかない要因だったのかも知れません。事実、横浜からだと電車で東京駅まで出て、高速バスに乗り継いだ方が安いくらいです。

やはり、横浜から東京都内を通り抜けるルートは、高速バスにとって鬼門なのでしょうか。アクアライン関連の高速バスは東京・横浜・川崎いずれからでもすっかり定着しているのとはまさに対照的です。横浜と水戸との流動もさほど太いものではなさそうですから、苦戦するのもやむを得ないところなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/03

町田市は東京都だけど・・・

町田市はれっきとした東京都の都市なのですが、よく神奈川県に属していると勘違いしている人が結構多いような気がします。

まあ、そう思うのも無理もない話で、町田駅に降り立ってみて、駅前を走っているバスには

「神奈川中央交通」

と書いてあります。それに電話のエリアも相模原と同一で、都内の隣接する都市に電話をかけると、県外通話扱いになってしまいます。電気通信上、町田市は神奈川県に属していることになっているのです。あと、東名高速のインターチェンジも「横浜町田」ですね。

事実、現在の町田市が神奈川県に属していたこともあるのです。東京都に移管されたのは1893年だそうです。

さて、JR町田駅の裏側にヨドバシカメラがあります。Webサイトを見てみるとここの住所は「町田市原町田」となっています。で、隣のマンションを見てみると、住所は「相模原市上鶴間本町」と書いてあります。実はこのあたり、神奈川県との都県境が非常に入り組んでいるところで、地図サイトを見てみるとヨドバシカメラの建物の中に都県境が通っていることがわかります。つまり、建物が2つの都県にまたがっているというわけ。建物の中をウロウロしていると、知らずのうちに2つの都県を行ったり来たりということになります。

で、ふと思ったのですが、こういう場合ヨドバシカメラはどちらに税金を納めているのでしょう? 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/02

携帯でバスロケ

今日、所用があって町田に出かけてきました。目的地は町田駅から神奈中バス利用なのですが、町田駅周辺の道路は渋滞に巻き込まれることが多く、時間通りにバスがやってこない、または目的地になかなか着かないということがよくあります。

そんな時ありがたいのがバスロケーションシステム。携帯を使って、あとどれくらいでバスがやって来るのがリアルタイムで知ることができます。神奈中では町田市内のほかに相模原・多摩・厚木・上大岡周辺と湘南台と慶応大学を結ぶ「ツインライナー」でもこのバスロケーションシステムを利用することができます。このおかげでバス待ちのイライラは解消することができます。

さらにユニークなのが、いま乗っているバスが目的地に何時に到着するのかも知ることができます。バスの車両番号(神奈中の場合、営業所を示すひらがな1文字と数字の組み合わせ)を入力すれば、たちどころにこの先の停留所に到着する時刻を予測して表示してくれます。この先、どれくらい渋滞しているかおおよその見当もつけることができますし、いつ到着するかがわかっていれば、仮に渋滞に巻き込まれても案外落ち着いていられるかも知れません。

いずれにしても、利用者の立場に立ったシステムにすることで、利便性を高めていくことと、利用可能エリアの拡大を期待したいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »