« 今年は水不足? | トップページ | ラッシュ時の列車遅延 »

2007/05/14

羽田からジャンボが消える

羽田空港では2010年に新しい滑走路が供用開始になる予定ですが、それに合わせて騒音の大きい旧型のジャンボ機(ボーイング747-100~300)を締め出すという方針が国土交通省で検討されています。

羽田、うるさいジャンボ締め出しへ 旧型機対象(asahi.com)

新しい滑走路が供用されることで、発着回数も大幅に増えるため、飛行ルート上の騒音軽減の対策の一環として行われます。とりわけ、着陸時のルートにあたる千葉県の住民に対する配慮というのもあるでしょう。ちなみに、旧型ジャンボは現在主流のボーイング747-400と比較しても、体感的に感じるうるささは2倍近く違うといいます。

羽田空港に行くと、まず目につくのはジャンボです。これだけのジャンボが飛んでいる国は日本をおいてほかにありません。発着枠が制限されれば、やはり大型の飛行機でたくさんのお客さんを運ばないといけません。特に新千歳や福岡のような需要が高いルートではそう言えるでしょう。でも、そのジャンボが騒音対策の一環として締め出されてしまうというのはちょっと寂しいような気もします。これが引き金となって、ジャンボがどんどん退役していくということにもなるかも知れません。

|

« 今年は水不足? | トップページ | ラッシュ時の列車遅延 »

コメント

いらんものは、
コメ兵に売ろう~!!

http://www.hamakei.com/headline/2375/index.html

ジャンボ機は買ってくれるのかな?

それにしても、なんで名古屋と横浜は仲良くしたがるんだろう???

投稿: セバスチャン雲葉 | 2007/05/14 23:55

>セバスチャン雲葉さん
さすがにコメ兵では買い取ってくれないでしょう(笑)。
でも、ジャンボ機は日本だからこそ使えるのであって、他の国ではそこまでの大型機は必要ないような気もします。だから、日本で退役してもよそでは売れないかも。

投稿: つばさ | 2007/05/17 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/15074276

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田からジャンボが消える:

« 今年は水不足? | トップページ | ラッシュ時の列車遅延 »