« ラッシュ時の列車遅延 | トップページ | 華麗なるインドWEEK »

2007/05/16

広がるICカード相互利用

現在、JR東日本SuicaJR西日本ICOCAが相互に利用できるようになっていますが、さらに来年中にはJR東海TOICAもこれに加わることになります。

JR東日本のニュースリリース(pdfファイル)

TOICAは現在、名古屋地区で利用できるようになっていますが、来春には静岡エリアでの利用も可能になります。加えて、ICOCAは今年夏に広島・岡山エリアでも使えるようになりますから、かなりの広範囲を1枚のICカードで利用できるということになります。ただし、相互利用ができると言っても、会社やエリアが異なっていると対応できないのはネックです。例えば、東海道線で言うと湯河原~三島のように、短距離ではありながら会社が異なることで利用できないケースもあるので、注意が必要です。

あと、自分が希望するのはPASMOも他のエリアで利用できるようにすることですね。

|

« ラッシュ時の列車遅延 | トップページ | 華麗なるインドWEEK »

コメント

こんにちは。トラックバックを打たせていただきました。

短距離利用の問題は近いうちに解決されそうな気が(楽観的ですかね)してます。クレームに会社が耐えられなくと思いますんで(^^;)。
仮に東京から大阪まで在来線のICカードエリアが広がった場合、東京駅から大阪駅まで乗り通すと、JR東海はどうやって分け前を受け取るのでしょうか?いまの「きっぷ」で乗る場合でも、どうやってチェックしているのか、すごく気になっているんですけど・・・。

投稿: ちゃいにーず | 2007/05/19 11:24

>ちゃいにーずさん
コメントならびにトラックバックをいただきまして、ありがとうございます。

会社をまたがる短距離の利用に関しては、技術的には可能かも知れませんが、会社の垣根というのは大きいような気がします。やはり一番の問題は取り分の精算なんでしょう。
ちなみに、きっぷの場合は距離に応じて会社ごとに按分するのではないでしょうか。東海が分け前を取りはぐれるということはないはずです。

投稿: つばさ | 2007/05/19 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/15097063

この記事へのトラックバック一覧です: 広がるICカード相互利用:

» 今朝の新聞 5/ 17 [にっかんせきぐち]
雨は嫌い。てゆーか、傘をさすという行為が嫌いです。おはようございます。小雨の日はロンドンウォーカーなマーケティングプランナー・せきぐちです。では、今朝の新聞です。●JRグループ3社、IC乗車券を相互利用・08年3月から... [続きを読む]

受信: 2007/05/17 08:42

» TOICAとICOCAとSuica [がんばりません]
JR東海のホームページを見ていたら、このような記事がありました。 IC乗車券の連携による新たなサービスを平成20年3月に提供することに合意しました。 [続きを読む]

受信: 2007/05/19 11:17

« ラッシュ時の列車遅延 | トップページ | 華麗なるインドWEEK »