« 奪首! | トップページ | 都電に揺られて »

2007/05/05

環七路線バスの旅

今日は東京の外周をぐるっと回る環七通りを路線バスを乗り継いでたどってみました。普段なら沿線のあちこちで渋滞が発生して時間通りに動かない危険性が大きいのですが、連休中とあればスムーズに流れるだろうと予想して、実行してみました。

横浜方面からだと、スタート地点は京浜東北線で大森に出るのが順当なところですが、今回は東横線で都立大学に向かい、少し歩いて柿の木坂陸橋のそばにあるバス停からスタートすることにしました。

最初のバスは東急バスの新代田駅行き。このバスは大森駅が始発です。予想通り道は順調に流れています。目黒区からスタートして世田谷区に入っていきます。途中、東急世田谷線の踏切を渡りますが、ここは完全に車優先。いちいち一時停止していたら、渋滞が酷くなるばかりなので、電車が通る時だけ信号が変わって止まるようになっています。小田急線と交差するところでは、箱根に向かうロマンスカーVSEと偶然に遭遇できました。15分ほどで新代田駅に到着です。

次のバスは都営バスの新宿駅西口行き。すぐの乗り継ぎです。甲州街道を渡ると杉並区になります。沿道の緑も心持ち色濃くなってきているような感じです。さらにしばらく進むと右手に巨大な建物が見えてきます。某団体の大聖堂と大ホール「普門館」です。ここは毎年吹奏楽コンクールの全国大会が行われるところで、「吹奏楽の甲子園」と呼ばれているところ。自分も高校時代にはせっせとここを目指して頑張っていたものです。もっとも、ウチの学校は県予選程度の実力でしたけど(苦笑)。15分ほど揺られて高円寺陸橋で下車。バスは環七を離れ青梅街道を通って新宿へと向かっていきます。

庶民的な商店街の中を通って高円寺駅へ。ここから関東バスの赤羽駅行きに乗ります。これまでは手持ちのPASMOが使えましたが、このバスはまだ準備中のため仕方なく現金払いです。バスは中野区を少しかすめて練馬区へ。車内で都営バスの携帯サイトで運行状況をチェックしてみたら、すぐあとに王子駅行きのバスが接近していることがわかったので、こちらに乗り換えます。

PASMO
を使って乗ったら、100円しか引かれていませんでした。90分以内に乗り継げば自動的に100円引きになり、別に同じ停留所で乗り継がなくても大丈夫です。バスは板橋区~北区へと進んでいき、王子駅が近づくにつれて車内も混雑してきます。神谷陸橋で環七を離れて北本通りに入っていきます。30分ほど揺られて王子駅に到着します。

とりあえず、この日はここで打ち止め。4本のバスを乗り継ぎましたが、1時間半程度で王子まで到達することができ、案外速いものだと感じました。この先は西新井駅まではバスの本数も多いので楽ですが、難関は西新井から亀有の間です。バスは1日数本というレベルなので、ここを軸にプランを立てないと待ちぼうけになってしまいそうです。亀有から葛西臨海公園までは、直通のバスが走り始めたのでここもスムーズに行けそうです。

また日を改めて、王子から葛西臨海公園までのルートをたどってみたいと思います。バスの車窓から見る東京の街もまた楽しいものです。

|

« 奪首! | トップページ | 都電に揺られて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/14966779

この記事へのトラックバック一覧です: 環七路線バスの旅:

« 奪首! | トップページ | 都電に揺られて »