« 植樹ウーマン コノハ | トップページ | くろすろ~どの手作りデザート »

2007/05/25

はまっ子どうし

横浜は近代水道の発祥の地。1887年に開業して今年で120年になります。横浜の水道水は世界中の船乗りから「赤道を越えても腐らない」と称賛を受けたほど。確かに都内で飲む水道水と比較してみても、やはり美味しいように感じます。大阪の淀川水系の水道水は、消毒薬の臭いがしてとても飲めたものではありません。

関東地方の他の都県が利根川の水系に依存しているのに対し、神奈川県では相模川や酒匂川という独自の水源を持っているので、大規模な水不足に陥るようなことはめったにありません。

横浜市水道局では、水道水源の水の美味しさを広く知ってもらいたいという目的で、水源の道志川(相模川の上流)の水をそのままペットボトルに詰めた「はまっ子どうし」を発売しています。市内の百貨店・スーパー・コンビニなどで1本110円で販売されています。その売り上げの一部は水源の森の保全のために使われています。

横浜開港記念日の6月2日からは、リニューアルして開港150周年記念のラベルで販売するとのこと。横浜オリジナルのミネラルウォーターとしてアピールしていくことになります。でも、地元でしか買えないですから結構レアものと言えるかも知れませんね。

|

« 植樹ウーマン コノハ | トップページ | くろすろ~どの手作りデザート »

コメント

古い記事ですがTBを貼らせていただきますです。今は110円なんですね。

東京の水道水も近ごろは大幅に改良され、一時期の泥臭さはあまり感じなくなりました。実家で久しぶりに飲んでみてびっくりです。

人間の体も多くは水分ですから、安心して飲める水は大事だと切に感じます。

投稿: セバスチャン雲葉 | 2007/05/26 00:04

>セバスチャン雲葉さん
川崎市でもこうした「水商売」をやっていたんですね。Webサイトを見てみましたが、こちらは市内の井戸水を使っているようですね。
東京の水道水、確かにひところに比べれば良くなってきてはいるのには同意です。でも、横浜の水道水にはまだまだかなわないでしょうね。

投稿: つばさ | 2007/05/27 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/15200285

この記事へのトラックバック一覧です: はまっ子どうし:

» 飲み比べ!! 横浜vs川崎 [とのさまのおしごと by 雲葉]
(本題の前に)   これを書きながらtvkを見ています。EPOが出演してます。その名は知らなくても「オレたちひょうきん族」でエンディングを歌ってた女性と言えば、30歳以上ならまぁ知らぬはずはないでしょう。最近は車のCFで「DOWN TOWN」を男性グループが歌ってました。デビュー25年の45歳。大貫妙子と共に衰えぬ歌声は心を打ちます。 (んで本題)   片や横浜市水道局はまっ子どうし、此方川崎市水道局恵水(めぐみ)   昨日はビールの話で、今日は水です。「防災の日」が近いせいか、このところ地震... [続きを読む]

受信: 2007/05/25 23:57

« 植樹ウーマン コノハ | トップページ | くろすろ~どの手作りデザート »