« 「ブルーライト」運行終了 | トップページ | 開花宣言 »

2007/03/21

PASMOスタート

3月18日からPASMOのサービスがスタート。これと同時にSuicaとの相互利用も始まって、1枚のICカードで首都圏の電車とバスに乗れるようになりました。とはいえ、バスの方はスタート時に一斉に利用できるようになったのは都営バス川崎市バスくらいで、そのほかは営業所単位で順次導入ということになっています。

自分の場合、定期券区間にJRが入らないので、手持ちのSuicで定期券を発行させることができません。そこでPASMO定期券を購入することになります。これまでなら定期券発売所のある駅までわざわざ出向く必要がありましたが、最寄り駅の券売機で購入できるのは助かります。個人情報と乗車区間を入力して、2~3分くらいで発行できました。ちなみに、定期券の通し番号は「00003」でしたから、地元の駅ではPASMOが2枚しか売れていないということになります。

使い勝手はSuicaと変わりがありません。ただ、市営地下鉄のPASMO対応機は、カードを入れてから、残高表示の画面に移り変わるまでの時間がちょっと長いような気がしました。あと、PASMO対応機が少ないこと(最寄り駅には1台だけ)、精算機には対応していないことなど不便なところもあります。その代わり、簡易型のICカードチャージ機が設置されています。

とりあえず、メインではPASMOを使うことになりますが、手持ちのSuicaは返却せずそのままにしておきます。現状、PASMOは仙台・新潟・関西では使えないので、そのエリアに出かける時にはSuicaの出番になります。

とにもかくにも、1枚のICカードでどの路線でも利用できるというメリットは大きいと思います。

|

« 「ブルーライト」運行終了 | トップページ | 開花宣言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/14342931

この記事へのトラックバック一覧です: PASMOスタート:

« 「ブルーライト」運行終了 | トップページ | 開花宣言 »