« モンクステーブル | トップページ | 裏夜景を眺める »

2007/03/09

ランタンフェスティバルを巡る

夜も更けてきたところで、ちょうどこの日(2/18)から始まったランタンフェスティバルの会場に足をのばすことにします。

このランタンフェスティバルは春節祭に合わせて行われるもので、新地中華街に近い湊公園をメイン会場に、長崎市内中心部合わせて15000個のランタン(中国提灯)と大型のオブジェが飾られます。とりわけ、浜の町アーケードの会場では18時の点灯を前に、アーケード内の照明を暗くして、ランタンに明かりを灯すという演出をしており、一層華やかな雰囲気になります。

眼鏡橋周辺の中島川会場、中央公園会場とめぐり、メインの湊公園会場に向かいます。やはりここが一番賑わっており、オブジェも巨大です。例年、湊公園会場のメインオブジェはその年の干支(今年は猪)がモチーフになりますが、高さは8m以上あって迫力あります。ちなみに中国では「猪」と書くと「豚」を意味するそうなので、そのオブジェにも豚が鎮座しておりました。ステージの周りには屋台も多数出ていて、お祭り気分も高まります。島原の手延べそうめんで温まりました。

長崎の冬の風物詩として定着したランタンフェスティバル、たまたま訪れた日がその初日ということで、華やいだ気分を存分に堪能することができました。

|

« モンクステーブル | トップページ | 裏夜景を眺める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/14206326

この記事へのトラックバック一覧です: ランタンフェスティバルを巡る:

« モンクステーブル | トップページ | 裏夜景を眺める »