« 駅長はネコのたま | トップページ | ベイスターズに工藤は必要か? »

2007/01/08

盛岡冷麺「ぴょんぴょん舎」

ラゾーナ川崎のフードコートにある盛岡冷麺のお店「ぴょんぴょん舎 オンマーキッチン」に立ち寄ってみました。本店はもちろん盛岡にあって、首都圏では東京銀座に続いて2番目の出店になります。こちらでは冷麺のほかに石焼ビビンバやチヂミなどのメニューも揃っていて、気軽に韓国の味を楽しむことができます。

盛岡冷麺のルーツは朝鮮半島、今は北の国になっている平壌の水冷麺です。そして、辛いソースを混ぜ合わせて食べる咸興(ハムフン)冷麺の2つが融合して、盛岡ならではの冷麺が作られていったということです。

カウンターで注文するのはもちろん盛岡冷麺(850円)です。辛さを選べますが、お勧めは「別辛」です。「別辛」にするとキムチの小皿が別に出てくるので、最初は冷麺のスープそのままの味を楽しみ、あとでキムチを投入して辛味の効いたスープを味わうことができ、「1杯の冷麺で2度美味しい」ということになります。

韓国で食べた冷麺はそば粉を使っているので麺が黒っぽかったのですが、ここの麺は透き通った感じです。それもそのはずで、麺にそば粉は使っておらず、その代わりにじゃがいものでんぷんと小麦粉をミックスして使っています。食べてみるとツルツル・シコシコでのどごしがいいです。はさみのお世話にならないとかみ切れないということはありません。

スープもさっぱりしていながらもコクがあり、すっと飲み干せる感じです。もちろん、キムチを投入すればスープが真っ赤になるので、パンチのある辛いスープに変わっていきます。キムチはオリジナルのキャベツと大根のキムチです。

韓国で食べる冷麺とは少し違う盛岡冷麺ですが、その街の人々に受け入れられる形で本場のものが変化を遂げていったのでしょう。そんなオリジナルな盛岡冷麺を気軽に味わえるところが身近にできたのは嬉しいことです。ラゾーナ川崎のフードコートはさながら日本全国味めぐりができてしまいそうなところですね。

|

« 駅長はネコのたま | トップページ | ベイスターズに工藤は必要か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/13394014

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡冷麺「ぴょんぴょん舎」:

» 最近のハマりもの [京の昼寝〜♪]
ラゾーナ川崎プラザ   相変わらずモンシュシュ前は行列です(笑) ラゾーナ出雲神社 この神社は、縁結びで有名な出雲大社から1916年頃に分祀されたものです。当時は東芝の前身である東京電気の川崎工場の安全と繁栄を祈念して分祀されました。2006年9月、「ラゾーナ川崎プラザ」の完成を機に現在の地に遷座され、この地を訪れる「人と人」、「人と自然」の「縁、繋がり・絆」を見守っています。また、この池の金魚は工... [続きを読む]

受信: 2007/01/22 08:43

« 駅長はネコのたま | トップページ | ベイスターズに工藤は必要か? »