« 引退間近-市営地下鉄1000形と2000形 | トップページ | 長時間メンテ、再び »

2006/12/01

今年の新語・流行語大賞

今年もあっという間に師走。だんだんと今年1年を振り返る時期となってきました。本当に時の流れるのは早いものです。

さて、今年の新語・流行語大賞(現代用語の基礎知識編)が発表されました。ノミネートされた言葉の中から大賞として選ばれたのは

 「イナバウアー」
 「品格」

でした。「イナバウアー」はトリノオリンピックの金メダリスト、荒川静香の得意とする技。あのエビぞりのポーズが「イナバウアー」だと勘違いする人がいますが、実際は両足を使徒側に開いて横滑りする技だとか。「品格」という言葉が流行ったのは「国家の品格」という本がベストセラーとして売れたことによるものですが、これに関してはあまり印象がありません。

その他、トップテンの中に選ばれたものとしては「エロカッコイイ」「格差社会」「脳トレ」「ハンカチ王子」「シンジラレナ~イ」「ミクシィ」「メタボリックシンドローム」などなど。なるほど、確かに今年1年の世相を映す言葉がずらっと並んでいますね。

|

« 引退間近-市営地下鉄1000形と2000形 | トップページ | 長時間メンテ、再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/12897592

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の新語・流行語大賞:

« 引退間近-市営地下鉄1000形と2000形 | トップページ | 長時間メンテ、再び »