« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/31

2006年の大晦日

2006年もあと数時間でおしまいですが、なんか大晦日という感じがしません。普段の日曜日とさほど変わらないような気もします。でも、年の瀬らしく蕎麦はいただきましたけど、駅の立ち食い蕎麦レベルの不味い蕎麦で、なんともがっかりです。

それにしても年末年始のテレビ番組ってどこも似たり寄ったりで、見ていても時間がもったいないだけなような気がします。当然紅白歌合戦などもはや興味がありません。

とりあえず、今年1年世間的にも自分にとってもいろいろありましたけど、無事健康に1年を過ごすことができたのでホッとしています。この1年、こちらのブログにお付き合いいただいたことに感謝するとともに、新しい年もよろしくお願いいたします。

それでは、良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/30

マイル特典交換

いま、JALマイレージバンクの口座には20000マイルちょっと貯まっています。そのうち、明日で失効してしまうものが7000マイルあります。

15000マイルあれば国内線もしくは韓国線の往復特典航空券と交換できますし、20000マイルなら中国・台湾・香港やグァム等にも行けます。とはいえ、スケジュールの見込みも立たない中で特典航空券を予約してしまうと、変更の時に何かと面倒が生じてしまう可能性もあります。まあ、キャンセルの場合でも手数料として5000マイルをドブに捨てれば、残りはマイル口座に戻ってくるのですが、それもまたもったいない話です。

とりたてて今のところ出かけるめどが立っていないので、失効する間際になって「JAL IC利用クーポン」に引き替えることにしました。今なら10000マイルで15000円分になりますし、次に航空券を購入する際にこのクーポン分を使うことができます。

まあ、年が明ければ何度か飛行機に乗る機会はあるでしょうから、決して無駄にはならないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/29

今日の通勤

今日が年内最後の出勤となりました。遅出のシフトだったので、横浜から東海道線で川崎に向かいます。

いつもだったらラッシュのまっただ中で、車内はすし詰めの超満員状態なのですが、今日はすでに官公庁が休みに入っているのにもかかわらず、平日ダイヤ運行だったので、相当のゆとりがありました。ちょうど空席もあったので、川崎までの7~8分の間ですが、余裕の通勤となりました。

とりあえず、今年はこれで仕事納めになります。とはいっても、年末年始にこれといって遠出する予定はなく、のんびりと過ごすことになりそうです。せいぜい近場でふらりと出かけるくらいになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/28

マリンタワーその後

12月25日で営業を終了したマリンタワーと氷川丸。運営会社は今年いっぱいで解散となり、マリンタワーは開港150年にあたる2009年の再開に向けて横浜市が再生事業に取り組むことになっています。

さて、営業終了後のマリンタワーはどうなっているかというと、ただ展望台に登ることができなくなったというだけで、これまでとさほど変わりありません。仕事の帰り道、首都高速を走っていると眺めることができるのですが、ライトアップはこれまで通り継続して行われているので、港の風景が急激に寂しくなってしまったということはありません。もちろん、灯台としての役割も変わりなく、港に出入りする船を見守っています。

これから具体的な再生プランが出てくると思いますが、横浜の街の一つのシンボルとして甦ってもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/26

品川始発の新幹線

まだ先の話ですが、東海道・山陽新幹線で来年の7月1日にダイヤ改定が行われます。

このダイヤ改定の注目点として、品川始発の「のぞみ」が運転されることになります。現在、東京6時始発の「のぞみ1号」に先行する形で品川6時始発で「のぞみ99号」を運行します。新幹線の品川駅が開設されて初めての始発列車となります。これにより、現行ダイヤに比べて11分早く新大阪まで到達できることになります。

また、このダイヤ改定で新型車両N700系の投入がアナウンスされています。前述の品川始発の「のぞみ」を含め、上下8本の列車がN700系で運転されることになります。その後もN700系「のぞみ」で運転する列車は増えていくことになります。そのため、現行の500系「のぞみ」は東海道から締め出されることになります。

新幹線が博多まで延びた当初、東京-博多間は7時間弱かかっていました。それが、7月のダイヤ改定以降で最速4時間50分です。確かに速くなったのは痛感しますが、さすがに博多までだったら飛行機に乗ってしまうでしょう。関西・岡山・広島あたりだと時と場合によりけり、というところでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/12/25

「青春18きっぷ」が券売機で買える!

最近、JR東日本の駅に増えている指定席券売機。みどりの窓口が混雑していても、券売機の方に行列ができていることはまれなので、待ち時間なしできっぷを買えるのがありがたいです。

この指定席券売機は特急券や乗車券だけでなく、「おトクなきっぷ」も発券できるのですが、この時期に「青春18きっぷ」のボタンが登場しているのは新発見でした。ただ、券売機の仕様なのか利用開始日を入力しなければならないようになっています。とはいえ、「青春18きっぷ」は乗車時に日付印を入れてもらって利用開始ですから、発券時の利用開始日入力は全く意味がありません。

「青春18きっぷ」そのものも5日分有効のものを1枚で発券するようになっているので、以前に比べると使い勝手が悪くなっています。さすがにまるまる5日分を消化するのは最近ではなかなか難しいですから、このきっぷを利用する機会もすっかり少なくなってしまいました。

でも、鈍行列車にのんびり揺られて旅に出るのも、日常の慌ただしさをふっと忘れるのにはちょうどいいかも知れませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/24

ムーンライトながらが時刻変更

来年3月18日のダイヤ改定で、「ムーンライトながら」の運転時刻と指定席の区間に変更があるようです。

JR東海のニュースリリース
(pdfファイル)やカナロコの記事によると、下りの大垣行きの場合、東京始発が30分繰り上がって23時10分発に、横浜発が23時36分発になります。現在、「青春18きっぷ」を利用する際は、横浜から日付が変わるのでそのまま当日分で乗ることができるのですが、ダイヤ改定後は日付が変わって最初に停まる駅が小田原になり、そこまでの乗車券をあらかじめ用意しておかなければなりません(平塚・国府津には停まらなくなります)。「青春18きっぷ」のユーザーにとってはちょっと負担が増えることになります。それでいて、名古屋・大垣到着は変わらないので、長時間停車の駅が増えるのでしょう。

ただ、指定席の区間が全車豊橋までに拡大するのは歓迎です。現在、名古屋まで指定席の車両と小田原まで指定席の車両が混在しています。「18きっぷ」のシーズンになると指定席が確保できなかった人が小田原に先行して、そこから大量になだれ込んできて車内が大混乱してしまうという状況ですが、それが回避できるようになるのはありがたいと思います。

とはいえ、混雑時はまさに「走るスラム」とも言える列車ですし、とても一晩を快適に過ごせるような雰囲気ではありませんから、積極的に乗りたいという列車ではありませんけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2006/12/22

PASMOの「バス特典チケット」

昨日、PASMOのサービス開始について書きましたが、あちこちのブログを見てみると、バスの利用に関しては現在の「バス共通カード」と比較してサービスダウンという意見が大勢を占めています。

一番の問題になっているのはバスを利用するたびに付与されるポイントが1か月でクリアされてしまうということです。あまりバスを利用しない人だと、バス特典チケットがもらえないばかりか、ポイントそのものも消滅してしまいます。バス特典チケットそのものはもらってしまえば10年有効なので問題はないのですが、ポイントが1か月で消滅というのはあまりにも短いような気がします。せめて、チケットが付与されない端数の分は翌月へ繰り越しという形で生かしてもらえればいいかと思うのですが・・・。

とりあえず、神奈川中央交通のリリースによると、ポイント付与の割合については10円の支払いで10ポイントという計算になりますが、時間帯や曜日によってポイント付与の割合を変えてくるバス会社も出てくるかも知れません。

3月のサービス導入時に全車導入になるのは都営バスと川崎市バスくらいなので、PASMOでバス特典を得ようと思っても、そのメリットをすぐには活かせそうにありません。でも、自分は市営地下鉄の定期がありますし、自宅近辺の市営バス路線も3月から導入とアナウンスされているので、まずはPASMOに切り替えて使ってみるつもりでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/21

PASMO概要発表

首都圏の私鉄・バスで進められているICカード「PASMO」の概要が発表され、来年の3月18日からサービスがスタートになります。同時にJR東日本の「Suica」との相互利用も始まり、首都圏の電車・バスが1枚のICカードで利用できるようになります。

(東京都交通局のニュースリリースより)
PASMOは3月18日(日)にサービスを開始します
2007年3月18日にSuicaとPASMOは相互利用サービスを開始します

鉄道利用の場合の使い方は現在のSuicaと同様ですが、初乗り運賃を入場時に差し引いていたのがなくなり、出場時に一括精算となるのが変更点です。これにより、列車が運行不能になった時に、有人改札で行列を作ってSuicaの出場処理を出場処理をする必要がなくなり、改札機にカードをタッチするだけで出場できるようになります。

バス利用時のプレミア分をどう処理するかが気になっていましたが、バス乗車時にポイントが付与されて、1000ポイントごとに「特典バスチケット」が自動的に付与されるようになります。その「特典バスチケット」はバス乗車時に自動的に運賃として利用することができます。なるほど、これで現在のバス共通カードに対応させるというわけですね。

現在のパスネットやバス共通カードに対応していない会社でも、PASMOは導入するというところがかなりあります。また、一般の路線バスに加えて高速バスにも使えるようになるようです。実際、京急リムジンにICカードリーダーがついているバスを見ていますし、導入事業者の中に小田急箱根高速バスも含まれています。

1枚のカードがあれば電車もバスも乗れる。本当に便利になりますね。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2006/12/19

横濱カレーミュージアム閉館

横濱カレーミュージアムが事業期間の満了に伴い、2007年3月末をもって閉館となることが発表されました。

「横浜カレーミュージアム」が来年3月で閉館-企画内容転換へ(ヨコハマ経済新聞)
ニュースリリース(pdfファイル)

オープンして6年あまり。突然の発表なので驚きですが、別に入館者数の低迷という理由ではなく、当初の目的である「知られざるカレー文化の魅力を紹介することでビルと商店街を活性化させる」というものが達成できたことによるものです。確かに地方ごとに特色のあるカレー専門店やレトルトカレーを紹介することで、カレー文化の奥深さを印象づけることに貢献したことは間違いないでしょう。

閉館後についてはナムコの企画集団が内容を検討中ということで、新たなフードテーマパークになるのか、または別の形態のエンターテインメント施設になるのか、興味を引くところです。さすがに下の階にあるパチスロ・パチンコの店が拡張するということはないようです。

年が明けて3月末の閉館までは「グランドフィナーレ」と称して、これまで人気だったメニューが再登場したり、フィナーレにふさわしいスペシャルなカレーが登場するという企画も考えられているようです。

なにせカレーは好物ですから、閉館前にここならではのメニューをあれこれ試してみたいなとは思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/12/18

身近な駅からリムジンバス

最近、羽田空港へ向かうリムジンバスが発着するところが増えています。神奈川県内だけでも昔からある横浜(YCAT)に加えて、新横浜・日吉・たまプラーザ・新百合ヶ丘・相模大野・本厚木・二俣川・港南台・戸塚・大船・藤沢・箱根といったルートが設定されています。空港へアクセスは大きな荷物が伴うことが多いので、なるべくなら身近なところからバスで直行できれば、乗り換えなしで便利です。そういうニーズを取り込んで、様々なルートが設けられるようになったのでしょう。

さて、先日戸塚駅・港南台駅からのルートに乗ってみました。戸塚駅からは早朝と午前中の計4本だけですが、港南台駅からは1時間に1本程度走っています。今回は戸塚駅を10時20分に出発するバスに乗車。戸塚駅から発車する最後の便になります。ここから10人ほどが乗り込みます。市営地下鉄に沿って舞岡・上永谷・野庭団地の横を通り、鎌倉街道を越えて港南台駅へ向かいます。港南台駅でも10人ほどが乗ってきたので、まずまずの乗り具合というところです。

近くの港南台インターから高速(横浜横須賀道路)に乗りますが、なぜか逆方向の横須賀方面に向かうゲートから入ります。これは明らかに渋滞回避のルートです。狩場方面に向かうと渋滞名所が目白押しで、どこかで渋滞にはまると大変。これで飛行機に間に合わないような事態が生じれば悲惨なことになります。しかし、釜利谷から並木方面に向かい、そのまま首都高速湾岸線に入ってしまえば、こちらはよほどのことがない限りスムーズに流れます。

この日も車の流れは至って順調で、本牧ジャンクションを過ぎれば、ベイブリッジ・つばさ橋を通っていくいつものルートになります。時刻表通り、港南台からは40分で第1ターミナルにたどりつくことができました。

戸塚から1100円、港南台から1000円とちょっと高めですが、それでも乗り換えなしで空港まで直行できるメリットを考えれば、まあ妥当かなというところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/16

火事だ!

今日、自宅からほど近いところにあるアパートが火事で焼けてしまいました。夜、帰ってきてから様子を見に行ったところ、2階建てのアパートが1棟丸ごと全焼になっていました。火元は2階の部屋のようで、こちらは屋根まで完全に焼け落ちている状態でした。死傷者の有無については不明ですが、夜になっても警察が現場検証中で、原因の特定をしているところでした。

自宅のまわりは細い路地が多くて、ひとたび火災が起きても大型の消防車は入ることができません。そのため、ひとたび火の手が上がると被害が大きくなる危険性があります。私の記憶の限りでは、この近隣で火災が発生した事例が過去3件はあります。

これから空気がますます乾燥し、風の強い日もあるでしょうから、くれぐれも火の元には注意しないといけませんね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/12/14

さ、寒い・・・

夜、所用があって、その帰りに地下鉄に乗ったのですが、ドアが開くとなんかひんやりとした感じが・・・。この12月の寒い中だというのに、暖房ではなく冷風が流れていました。あまりの常識を逸脱した状況に思わず呆れてしまいました。

たまたま、今日は新横浜でクラブワールドカップが行われていて、スペイン人にメキシコ人のラテン系サポーターで熱いトークが繰り広げられていたのですが、その熱さを静めるための冷風だったのでしょうか。おかけで最寄り駅を降りるまで寒さに震えてしまいました。

これで、風邪をこじらせなければいいんですけどねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/13

ちょっと優雅にロマンスカー

本厚木に着いて、このまま新宿に向かうことにするので、ためらうことなく特急券売場に列を作ります。10分後には新宿ゆきのロマンスカーがやってきます。ホームに行けば券売機があるのですが、改札の外では有人窓口でないと特急券が買えないのはちょっと不便です。発車間際に列が長くなっているともう絶望的です。

もう発車10分前なので、通路側しか空いていないとのこと。まあ、それでも構わないと購入しました。ホームに上がって自動券売機を見てみると「特急券の変更」というボタンがあります。列車とか禁煙・喫煙、窓側・通路側の条件変更ができるみたいです。ダメもとで特急券を入れて窓側指定にしてみると、「ない」と言われたはずの窓側席が出てきました。

今度のロマンスカーの車種は「LSE」で、これは特急券にも書いてあります。車種によって乗車位置が違うのでこういう情報は必要です。「LSE」は今やロマンスカー最古参になりましたが、ロマンスカー伝統の展望席がある車両はやはり華やかさを感じます。ワゴンサービスもあって、新宿までのひとときを優雅に過ごすことができます。

もっとも、快速急行や急行が混雑していて座れる保証がないので、こういう座席指定の特急があるというのはありがたい存在でしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/12/12

新幹線アクセスバス

先月開業した新幹線アクセスの高速バス、神奈川中央交通の新横浜-本厚木・平塚田村車庫線に乗ってみました。

乗車したのは新横浜を8時10分に出発する便で、乗ったのは私を含めて3人だけ。まあ、貸切状態にならなかったのでホッとしましたが、開業して1か月あまりでこの状態では先行き不安です。とはいえ、時間帯によってお客さんの乗り具合も変わってくるので、今の段階ではなんとも言えませんが。

バスは日産スタジアムを左手に見ながら、港北ニュータウンの方に向かいます。車の量はさほどではないのですが、信号が流れに合っていないのか、赤信号で待たされることが多く、イライラさせられます。反対車線は場所によってかなり渋滞しており、時間帯によっては余裕がなさそうです。結局、横浜青葉インターから東名高速に入ったのが8時45分。新横浜を出てから35分経過していました。東名に入ってからは至って順調で、わずか15分で厚木インターにたどりつきましたが、週末は渋滞で地獄を見ることは必至です。

高速を降りて最初のバス停が厚木アクスト。ここで私以外のお客さんが降りていきました。次の旭町四丁目はソニーの事業所が目の前にあることから、明らかに新幹線を使用する出張族を意識していることがわかります。やはり電車を乗り継いでくるよりも、バスで直行の方が楽ですから。今回、途中のバス停で降りる人がいることで、一応の目的は達せられているように見受けられました。

結局、本厚木駅にはほぼ定刻に到着。電車だと町田乗り換えの面倒もありますが530円で行けますが、こちらは直行で1000円とほぼ倍額です。互角に勝負するなら800円くらいにして欲しかったところですけど・・・。とりあえず、今後の成り行きを見守っていきましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/12/11

くじらのせなか

横浜港の大さん橋は、クルーズ客船が行き来する船のターミナルです。「飛鳥Ⅱ」が頻繁に出入りするほか、「クイーンエリザベスⅡ」もやってきます。その客船ターミナルの屋上広場の愛称が「くじらのせなか」に決定しました。

大さん橋屋上広場の愛称が「くじらのせなか」に決定(ヨコハマ経済新聞)

「くじらのせなか」とはなかなかユニークなネーミングですが、公募した愛称の中でも一番投票数が多かったものです。この屋上広場は全体がウッドデッキで仕上げられていて、ところどころに天然芝が敷き詰められており、ゆったりと港の風景を眺めながらくつろぐことができるようになっています。その姿を別のところから眺めると、大きなくじらをイメージさせるようなデザインになっています。そこで、このようなネーミングがつけられて、一層親しみを持って欲しいという願いがあるのでしょう。

この屋上広場は24時間開放されているので、港の夜景の眺めも楽しむことができるようになっています。きっと、昼間とはまた違った雰囲気になるに違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/09

アキハバラデパート閉店へ

JR秋葉原駅に直結している「アキハバラデパート」が今年いっぱいで完全閉店することになりました。

アキハバラデパート、55年の歴史に幕 売り上げ、ピーク時の半分以下
(ITmedia Newsより)

駅の高架下という絶好のロケーションではありますが、なにせ築50年以上経過している建物ですから、地震でも起きたらどうなるか心配なところです。それに、近隣で再開発が進んでいますが、そこで働く人たちがお金を落としていかないので売り上げも下降していく一方というのも今回の完全閉店のきっかけでしょう。

5年前にも「閉店」騒ぎがあって、この時はリニューアルによる一時休業だったのですが、「撤退」とデカデカと書かれた横断幕を見て、どうなるのだろうと思っていたこともあります。そのリニューアルというのがいわゆる「アキバ系」のショッピングセンターへの特化だったのですが、それが見事にアテがはずれてもとの総合デパートに戻ってしまったという経緯もあります。

閉店後、再開発が行われることになりますが、どのような形になるかは来春以降に発表されるとのこと。でも、あの古めかしいデパートの建物も、いかにもアキバらしい雰囲気でしたけど、いざ閉店ということになるとちょっと寂しいような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/08

「欲しい欲しい病」は相変わらず

ホント、あのチームの体質は全く変わっていませんね。FAの選手が出ると、札束攻勢で引っこ抜いてしまうんですから。今年は日本一になったファイターズから小笠原を獲得したと思ったら、今度はベイスターズの門倉までかっさらうつもりです。

アゴパワーで明るく照らす!門倉が2年2億円で巨人とほぼ合意
(SANSPO.COM)

まあ、ベイスターズが最下位でシブチンなのは仕方ないのですが、そういう状況を見ながら横取りするチームですからねぇ。とはいえ、あのチームには独特の重圧があって、FA移籍しても活躍できない選手もいるのもまた事実。そして、若手がどんなに頑張ってもFA選手の存在でなかなか活躍できず、士気にも影響しているはず。そう簡単にチーム一丸となって優勝を目ざす集団にはなり得ないでしょう。

それにしても、ベイスターズにとってはかなりの痛手。先発投手のコマが1枚少なくなってしまったわけですから。とりあえず、ホークスから寺原をトレードで獲得しましたが、その見返りが主砲・多村の放出ですからねぇ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/07

ユーザーを馬鹿にしていませんか?

53時間にも及ぶココログのメンテナンスがようやく終わりました。ところが、お知らせによればこんなことが書かれていました。

12/5-12/7ココログメンテナンスについて

いやはや、もう開いた口がふさがりません。あまりにもユーザーを馬鹿にした対応に呆れ果ててしまいます。nifty側の都合でサービスを停止しておいて、その結果ダメだったので元の状態に戻しましたですか。ということは、メンテナンスの53時間は全く無意味だったと言うわけですね。しかも、メンテナンス明けには管理画面にログインできないという不具合まで発生するという始末。過去にもメンテナンス失敗という大失態を犯してユーザーから大反発を食らっているにもかかわらず、また同じことの繰り返しです。

やはり、機能のバージョンアップとデータベース分散化によるレスポンス問題の解消は切り離して対応すべきでしたね。それに、53時間という長時間のメンテナンスはあまりにも非常識です。問題を1度に解決しようとするからこういうことになってしまうわけですから、1つづつ問題を確実に片付けていくべきでしょう。そうすれば、メンテナンスの時間も短くできるはずです。

でも、「もう余計なことはしないでくれ」というのが本音ですね。メンテナンスのたびに不具合を起こされてはユーザーはたまったものではありません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/12/05

今日からメンテナンス

3日の投稿でも書きましたが、今日の10時からココログシステムの長時間メンテナンスが始まります。予定では53時間に及び、終了は7日の15時になります。

機能アップ、レスポンス問題の対策となすべきことは多いのですが、本当に両立しつつ対応できるのかどうか心配しています。それに、2日以上に渡って利用ができないというのはあまりにもユーザーを軽視しているのではないでしょうか。行うべきことを絞って、メンテナンスの時間はなるべく短くする方向で検討できなかったのか、疑問もあります。

ということで、この投稿をもってしばらく投稿がストップします。メンテナンス中はブログの閲覧はできますが、コメントの投稿・トラックバックの送信はできませんので、ご了承願います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/04

DearCafe

横浜駅西口から少し歩いたところにあるメイドカフェが「DearCafe」です。横浜駅近くと言っても、「横浜ウォーカー」で言うところの「奥横浜」と呼ばれている岡野交差点の向こう側に位置しています。ちょうど仕事の帰り道にちょくちょく立ち寄る機会があって、最近ではメイドさんたちに顔を覚えられつつあるみたいです。

お店そのものはこぢんまりとした感じで、白を基調とした清潔感のある女の子の部屋というイメージです。駅から少々離れたところにあるので、たいていはまったりとくつろげることが多いのですが、いわゆる常連同士が盛り上がっているとちょっと騒々しいこともあります。

イベントが多いのもこのお店の特徴で、今日は「チャイナDay」でした。いつものメイド服ではなく、チャイナドレスでお出迎えです。イベントに合わせて限定メニューが登場していて、その時でなければ味わえないカクテルやデザート類があるのも嬉しいです。今日はチャイナの日なので限定デザートは手作りの杏仁豆腐でした。これと温かいウーロン茶で冷えた身体を温めることができました。

こういうお店によくあるポイントカードはたいていの場合飲食○○円以上でスタンプ一つ、というのがほとんどですが、このお店ではすごろく式になっています。何枚かあるすごろく盤を1つ選んでサイコロを振って出た目の分だけスタンプを押すようになっています。もちろん、すごろく盤にはいろいろなイベントがあるので、なかなかゴールまでたどりつけません。とりあえず、1枚満了すれば500円の割引ですが、枚数が増えればさらに特典があります。30枚たまると1時間貸切なんていうのがありますけど、さすがにそこまで行くのは現実的ではないかも。当面は5枚ためてスペシャルデザートを目ざそうかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/03

長時間メンテ、再び

12月5日の10時から7日の15時にかけて、なんと53時間もの長時間にわたってココログのメンテナンスが行われるようです。この間、ブログの閲覧はできますが、管理画面へのアクセス、投稿は一切できなくなります。そのため、この期間中のブログの更新はできませんので、あらかじめお断りしておきます。

今回のメンテナンスの目的は、ココログの負荷問題の根本的な解決として、データベースの分散化を行なうというものです。それと同時にトラックバック・コメント機能の強化など、いくつかのバージョンアップも行われるようです。

これまで、ココログのバージョンアップというと、メンテナンス明けのレスポンスが異常なほど悪くなってしまうという不安がつきまとっています。今回はそのレスポンスの悪化の根本的解決と言うことなので、それなりに期待は持っているのですが、ヘタに機能強化するよりも、まずレスポンスの向上を見極めてから、徐々にバージョンアップをしていった方がいいような気がします。同時並行でメンテナンス作業を進めていって、失敗した時のことを考えるとちょっと恐ろしい気がします。

とにかく、ユーザーとしてはシステムが安定して、快適に動作してくれれば文句はありません。これまで、さんざんユーザーを裏切ってきたわけですから、これまでのことを教訓にして作業を進めていっていただくよう、切に希望しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/01

今年の新語・流行語大賞

今年もあっという間に師走。だんだんと今年1年を振り返る時期となってきました。本当に時の流れるのは早いものです。

さて、今年の新語・流行語大賞(現代用語の基礎知識編)が発表されました。ノミネートされた言葉の中から大賞として選ばれたのは

 「イナバウアー」
 「品格」

でした。「イナバウアー」はトリノオリンピックの金メダリスト、荒川静香の得意とする技。あのエビぞりのポーズが「イナバウアー」だと勘違いする人がいますが、実際は両足を使徒側に開いて横滑りする技だとか。「品格」という言葉が流行ったのは「国家の品格」という本がベストセラーとして売れたことによるものですが、これに関してはあまり印象がありません。

その他、トップテンの中に選ばれたものとしては「エロカッコイイ」「格差社会」「脳トレ」「ハンカチ王子」「シンジラレナ~イ」「ミクシィ」「メタボリックシンドローム」などなど。なるほど、確かに今年1年の世相を映す言葉がずらっと並んでいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »