« あおい書店がオープン | トップページ | スープカレー「心」 »

2006/11/08

ラメール号

横浜と名古屋を結ぶ夜行高速バスが「ラメール号」です。運転開始からずっと4列シートのバスで運行されてきましたが、12月2日からようやく3列シートのバスにグレードアップされることになりました。

JR東海バスホームページ

共同運行している京浜急行バスともども、夜行バスは3列シートのバスが主流だったにもかかわらず、これまでずっと4列シート車にこだわってきたのが不思議です。短距離だから4列で構わないという論理は今となっては成り立ちません。なにせ、東京-浜松の夜行便はさらに短距離なのに3列シートのバスです。

まあ、とにもかくにもようやく人並みの夜行バスのグレードになったということで、わざわざ東京や新宿に出向かなくても、横浜から安心して利用できるようになります。やっぱり、4列シートのバスはどうしても窮屈感があります。それに見知らぬ人と隣り合わせというのは抵抗があります。隣にイビキがうるさい人か、変な人が来たらたまりませんからね。

でも、「ムーンライトながら」と4列シートの夜行バス、どっちが快適かと問われれば難しいところですね。まあ、どっちもどっちというところですかね(笑)。

|

« あおい書店がオープン | トップページ | スープカレー「心」 »

コメント

ドリーム静岡・浜松が3列シートといっても、実はダブルデッカーだから定員は多いんですね。
ということから考えると、4列シートのスーパーハイデッカーが少数派なので管理が面倒になり、車両の代替時期を迎えて「どうせ乗客数が変わらないなら少しくらい定員を減らしても問題ない」という消極的な判断ではないかと思います。実際、4列スーパーハイデッカーって会社を問わず少なくなりましたし。

投稿: のぞみくん | 2006/11/09 01:31

追記。
今は京急バス本体では運行していなくて、京急観光バスによる運行のようです。人知れずコストダウンしていたようですね。

投稿: のぞみくん | 2006/11/09 01:32

>のぞみくん
最近、横浜から夜行バスに乗る機会もないのですが、お客さんもすっかり落ち着いているんでしょうかね?
まあ、消極的判断かどうかはわかりませんけど、34人乗りが29人乗りになって、3列独立シートになれば快適さの度合いはかなり変わってくると思います。
格安のツアーバスと差別化を図るとしたら、快適さを向上させることが一番ですからね。
ただ、「ラメール号」の場合「高速バスネット」で運賃が安くなるというのがないのが残念です。まあ、京浜急行バスとペアを組んでいるからやむを得ないのかも知れませんが・・・。

投稿: つばさ | 2006/11/10 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/12609654

この記事へのトラックバック一覧です: ラメール号:

« あおい書店がオープン | トップページ | スープカレー「心」 »