« 巴波川沿いの散歩道 | トップページ | 混パ決着 »

2006/09/25

東北線のグリーン車

栃木駅に戻って、今度はJR両毛線に乗って小山に出ます。小山駅の両毛線のホームは新幹線の高架下、端の方にあるので乗り換えには結構不便です。

小山からは東北線で東京方面に戻ります。長い時間乗ることになるのでためらうことなくグリーン車にします。どこで降りるかまだ決めかねていたのですが、50km以上はホリデー料金でどこまで行っても750円なので、横浜まで買っておきました。といっても、Suicaに情報を書き込むだけなので、きっぷは出てきません。

今度の列車は快速の新宿経由逗子ゆき。このまま乗り続けていれば黙っていても横浜に着いてしまいます。まあ、休日の昼下がりだし、グリーン車ならのんびりくつろいで行けるだろうと思っていたのですが、到着した電車を見てビックリ。2階席はもちろんのこと、1階席も2人分空いている席がどこにもありません。

まあ、この電車が混雑する要素はいろいろあります。宇都宮始発の快速で、新宿へ直行ですし、しかも10両編成。間違いなく普通車は大混雑でしょう。その普通車の混雑を嫌ってグリーン車に流れてきたのかも知れません。とはいえ、東北線のグリーン車がここまで混んでいるのは思いもよりませんでした。もっとも、古河で追い抜いた各駅停車は15両編成でガラガラでしたけど・・・。電車取り替えて欲しいくらいですね。

快速なので停車駅も絞ってあって飛ばしていきます。久喜ではいつも馴染みの東急の電車が停まっていましたが、どうもまだ違和感があります。大宮までは30分ちょっとですから、かなりの速さです。でも、グリーン車からは誰も降りていきません。

大宮からはいわゆる「湘南新宿ライン」のルートになって、赤羽・池袋・新宿と停まっていきます。グリーン車の席が空いたのは池袋で、新宿でようやく席が入れ替わりました。とりあえず、新宿で降りることにします。

新宿に着いたらいつもの定番で「東京麺通団」に立ち寄ってから、小田急百貨店で行われていた「北海道物産展」を一回りしていきました。

|

« 巴波川沿いの散歩道 | トップページ | 混パ決着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/12039581

この記事へのトラックバック一覧です: 東北線のグリーン車:

« 巴波川沿いの散歩道 | トップページ | 混パ決着 »