« 切手できっぷは買えません | トップページ | 先得割引 »

2006/09/03

牛島監督退任

横浜ベイスターズの牛島監督が今シーズン限りで退任することになり、今日正式にこのことが発表されました。

横浜・牛島監督が引責退団-球団慰留にも辞意固く(SANSPO.COMより)

非常に残念なニュースです。ベイスターズは現在最下位に低迷しているのは事実ですが、その責任を監督一人がかぶるような形になってしまったのはあんまりのような気がします。昨年は選手層の薄い中でなんとか3位となり、久しぶりにAクラスに復帰させた手腕はなかなかのものでした。今年も最下位に低迷しているものの徐々に新戦力が出てくるようになって、これからの成長次第でまだまだ上に行けるところだったのに、志半ばで退任となってしまうのはさぞかし監督本人にとっても残念なことだったでしょう。

ただ、報道されているように、チーム補強に関して球団フロントとの溝が広がっていってしまったという要素もあったのでしょう。親会社のTBSもそんなに充分な資金があるわけでもないですから、やむを得ないところもあるのでしょうけど、ある程度優勝を狙えるチームとしてシーズンを闘っていくためには思い切った補強も必要なこともあります。現場サイドの意見を受け入れず、拒否しているばかりではチームは強くなりません。現場とフロント、そしてファンが一体となってこそ魅力あるチームを作っていけるはずです。

それにしても、チームがシーズンを闘っているさなかでのこの発表は異例です。数日前に某スポーツ紙がこのニュースをすっぱ抜いたことも関係しているのでしょうが、シーズン中にこのような発表をすれば選手もファンも動揺してしまいます。今回の球団の対応には疑問が残ります。

球団オーナーも社長も「監督は2~3年でコロコロ変えるものではない」と言っています。これから後任監督を探すことになりますが、長期的な視野に立ってチームを見てくれるような人を選んで欲しいと思います。

|

« 切手できっぷは買えません | トップページ | 先得割引 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/11747134

この記事へのトラックバック一覧です: 牛島監督退任:

« 切手できっぷは買えません | トップページ | 先得割引 »