« 市営バス再編計画 | トップページ | スペーシア »

2006/09/17

ありあけのハーバー

「ありあけのハーバー」といえば、横浜土産の代表格としてすっかり定着しています。

♪ありあけ~のぉ~はぁ~ばぁ~

という独特のサウンドロゴが流れるCMを見たことがある人もいると思います。

気球をデザインした包装紙を開けると、船の形をした焼菓子が出てきます。中身はというとカステラ生地の中に栗あんが入っていて、しっとりとした食感で甘味も控えめ。ちょっとしたおやつにも最適です。

この「ありあけのハーバー」は1954年に発売(当時の製品名は「ロマン」)、1966年に「ハーバー」と名前を変えて販売され、例のCMとも相まって横浜を代表するお菓子として広く知られるようになりました。

ところが、1999年6月に製造元の有明製菓が副業の失敗を理由に倒産してしまい、「ハーバー」も製造中止。店頭から姿を消してしまいました。しかし、このままではいけないと思った元従業員たちと「ありあけのハーバーをもう1度食べたい」というファンの思いがひとつとなって「ハーバー復活実行委員会」を設立。商標やロゴマークの譲渡を受けて、2001年4月に「ありあけのハーバー」は復活し、現在に至っています。

復活当初はどのデパートも取り合ってくれず、小さな屋台で販売が行われたとか。それでも我慢し続けた結果、再び市内のデパートでも取り扱われるようになりました。ネット通販も取り扱っているので、ぜひ1度食べてみてはいかがでしょうか。

有明製菓のサイトはこちら

|

« 市営バス再編計画 | トップページ | スペーシア »

コメント

すいません、さっき食べてました(´・ω・`)
嫁はんが実家に行くときはいつも土産にしています。あちらでも評判が良いようなので。

投稿: 雲葉@横浜ジプシー | 2006/09/17 23:36

>雲葉さん
やっぱり横浜土産の定番として、どこに持っていっても間違いがないというのがこの「ハーバー」なんですね。

投稿: つばさ | 2006/09/18 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/11934829

この記事へのトラックバック一覧です: ありあけのハーバー:

» ありあけのハーバー@いただきもの [酔いどれ天使の今夜も千鳥足]
昔なつかしの横浜銘菓「ありあけのハーバー」ってご存じですか? 私は知りませんでしたが、横浜土産といえば、「崎陽軒の焼売」か「ありあけのハーバー」というぐらい有名なお菓子だったそうです。 つい先日、法事で母方の菩提寺に行った際に、お茶請けとして出してい....... [続きを読む]

受信: 2006/10/05 10:23

« 市営バス再編計画 | トップページ | スペーシア »