« サッポロビール博物館 | トップページ | 北のたまゆら »

2006/08/25

大通公園のとうきび屋台

再びバスで大通公園に戻ります。真っ昼間だというのにもうビアガーデンはオープンしていて、あちこちで盛り上がっていました。

さて、大通公園の風物詩と言えば、公園のあちこちに設置されているとうきび屋台なんですが、ビアガーデンのおかげで隅に追いやられてしまい、なんとなく影が薄くなっていました。でも、屋台に近寄ると醤油の香ばしい匂いが漂ってきます。この香りに誘われて、ついつい1本買い求めて公園のベンチに座ってかぶりつきます。

茹でたとうきびも美味しいけれど、醤油ダレをしみこませながら焼いたものはもうたまりません。7月も下旬になれば今年穫れたてのとうきびが味わえるはずだったのですが、この日はまだ昨年の冷凍ものでした。穫れたてのとうきびが屋台に出回るようになったのは、それから1週間後のことでした。残念・・・。

|

« サッポロビール博物館 | トップページ | 北のたまゆら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/11605148

この記事へのトラックバック一覧です: 大通公園のとうきび屋台:

« サッポロビール博物館 | トップページ | 北のたまゆら »