« 共通1DAYカード(札幌) | トップページ | 札幌市交通資料館 »

2006/08/18

羊ヶ丘展望台

久しぶりに羊ヶ丘展望台を訪れてみました。

以前は札幌駅から延々とバスに揺られてやっとの思いでたどり着いたという記憶があるのですが、今は地下鉄東豊線の終点、福住駅からバスで10分ちょっとで行けるようになったので、かなり便利になりました。このバスも至って普通の路線バスなのですが、展望台のゲートの前でおばちゃんが乗り込んできて入場料を徴収されると、一転観光路線に早変わり。展望台にたどり着くまでガイドが流れます。

クラーク博士の「少年よ大志を抱け」の銅像はここの定番。その近くには北海道日本ハムファイターズ誕生の記念碑が新たに設置されています。展望台からは羊たちが草を食べている牧草地の向こうに札幌の街並みを眺めることができます。以前と変わったところが札幌ドームの存在で、福住駅からほど近いところにあるので、展望台からもよく目立っています。

ほかにも雪まつり資料館とかもあって、これまでの雪まつりの歴史の展示を見ることができますし、裏側のラベンダー園ではやはり満開の花が紫色のじゅうたんで敷き詰められているかのようでした。ただ、気付かなかったのが足湯の存在。もちろん温泉ではないでしょうけど、少し時間の余裕があってくつろぐことができたはずなのに、ちょっと残念でした。

売店には「羊乳アイス」が売られていました。これは生産元の美深町のとある牧場のほかでは、ここ羊ヶ丘展望台でしか食べられないというレアものです。羊のミルクで作ったアイスなんてどんな感じなんだろうかとおそるおそる食べてみましたが、コクがあるのに後味さっぱりでなかなか美味しくいただけました。

|

« 共通1DAYカード(札幌) | トップページ | 札幌市交通資料館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/11499252

この記事へのトラックバック一覧です: 羊ヶ丘展望台:

« 共通1DAYカード(札幌) | トップページ | 札幌市交通資料館 »