« 高速バスで箱根へ | トップページ | ひめしゃらの湯 »

2006/07/03

あじさい電車

バスで強羅駅に移動して、箱根登山電車で箱根湯本へ向かいます。3両編成の電車はちょうど座席が全部埋まるくらいのお客さんです。土曜日の午前中にしては乗っている方です。車内もあじさいの花が飾り付けられていて、季節感を感じます。

線路沿いには10000株のあじさいの花が植えられていて、この時期は見事に花をつけています。ただ、今年は花の咲き具合が例年より遅くなっているので、標高の高い強羅あたりではこれからというところもかなりあります。でも、山を下るにつれて花も満開に。線路沿いにはあじさい電車の写真を撮ろうと大勢の人たちがカメラを構えています。

電車は急カーブ・急勾配をものともせずに、ゆっくりと山を下っていきます。山を下る時に滑ったりしないように、ブレーキとかにも工夫が加えられていますし、レールの摩耗を防ぐために水をまき続けるのもユニークです。3か所のスイッチバックがあって、ジグザグに山を上り下りしていきますが、そのたびに進行方向が変わって、運転士と車掌が入れ替わります。

あじさいの花を楽しみながらの登山電車の旅は40分ほどでおしまい。箱根湯本の駅に着くとこれから山登りをするお客さんがいっぱいホームを埋め尽くしていました。それもそのはず、ロマンスカーでやってくる人たちに加えて、バスツアーもあじさい電車の乗車をコースに組み込んでいるのです。実際、すれ違う電車はラッシュ時の通勤電車並みの混雑になっていました。

さて、あじさいのあとはやっぱり温泉ですね。

|

« 高速バスで箱根へ | トップページ | ひめしゃらの湯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/10778458

この記事へのトラックバック一覧です: あじさい電車:

« 高速バスで箱根へ | トップページ | ひめしゃらの湯 »