« ようやく見直しへ・・・ | トップページ | あじさい電車 »

2006/07/01

高速バスで箱根へ

今日は日帰りで箱根に出かけてきました。この時期の箱根はなんといってもあじさいの花。登山電車から楽しむことができます。そして、温泉でゆったりするのも箱根の楽しみです。

今回、アクセスに利用したのは横浜駅から発車する箱根桃源台ゆきの高速バス。始発は羽田空港なので空港リムジンの役も担っています。横浜駅8時10分発のバスは毎度おなじみの京急リムジン。また到着便はない時間帯のはずなのに、空港からすでに2人が乗っており、横浜駅からは自分を含めて3人が乗車。結局5人で御殿場・箱根方面に向かいます。

みなとみらいランプから首都高速に乗り、いつも渋滞している保土ヶ谷バイパスも順調に流れて東名の横浜町田インターへ向かいます。週末なので東名の渋滞はある程度覚悟していたのですが、拍子抜けするほどすいていました。常に時速100kmをキープしながら快調なドライブが続きます。

大井松田インターを過ぎ、バスは右ルートの方に針路を取ります。東名高速上のバスストップで降車扱いがあるはずなので「あれ?」と思ったのですが(右ルートではバスストップに入れないので・・・)、乗車時に御殿場まで降りる人がいないことはわかっているのでそのまま突っ走ったのでしょう。横浜町田からわずか45分で御殿場までたどり着いてしまいました。

インターの前と御殿場駅で自分以外のお客さんはすべて降りてしまい、貸切状態で箱根の山に向かいます。緑にうっそうと覆われている国道。急坂・急カーブが続いて、およそリムジンバスが通う道とは思えないところを走ります。乙女峠で再び県境を越えて、仙石案内所前で下車します。時計を見ると9時40分。所定では10時10分到着なので、なんと30分も早着です。

横浜から箱根直行というメリットの大きい高速バスの旅でしたが、週末なのにお客さんが少ないというのは気がかりです。空港リムジンとしての役割とともに、直行のメリットをもっとアピールした方がいいような気がしました。 

|

« ようやく見直しへ・・・ | トップページ | あじさい電車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/10750829

この記事へのトラックバック一覧です: 高速バスで箱根へ:

« ようやく見直しへ・・・ | トップページ | あじさい電車 »