« 久々の野球観戦 | トップページ | マニアックな市バスツアー »

2006/06/18

スタジアムエクスプレス

今回の西武ドームへの往復には臨時特急「スタジアムエクスプレス」を利用しました。セ・パ交流戦に合わせて、池袋-西武球場前の間を1往復しています。

先発の西武秩父ゆきの特急に続いて「スタジアムエクスプレス」が特急ホームに横付けされ、観戦に行く人たちが続々と乗り込んでいきます。慌ただしく発車すると車内放送が流れますが、今回のベイスターズ戦ではライオンズの中島選手がアナウンスを担当していました。続いてライオンズのダンスパフォーマンスチーム「Blue Winds」のメンバーが車内を巡回し、情報誌を販売していきます。

それにしても、普段西武線に乗る機会は全くないので、流れる景色もどことなく新鮮です。かなり前に乗ってはいても、その頃とはかなり変わっているはずです。練馬から複々線に入るとようやくスムーズな走りになりますが、それが終わってしまうと特急らしからぬスピードまで落ちてしまうこともしばしばです。

さて、車内では「ライオンズびいき」のラジオ局の構成により、ハマスタでのベイスターズ×ライオンズ戦のダイジェストが流れています。まあ、どうしてもライオンズ寄りになってしまうのは仕方ないところですが、野球観戦のための電車として盛り上げようといろいろ考えているようです。

所沢を出ると、今度は双方のチームの応援歌が車内に流れます。スタジアムに到着目前で、雰囲気がどんどん盛り上がっていきます。ベイスターズの応援歌「熱き星たちよ」が流れる時にはもう自分の中でのボルテージのレベルが上がっていくのがわかりました。そして、再び中島選手によるアナウンスが流れて西武球場前に到着。駅員さんもユニホーム姿になって、もう野球一色となっていました。

さて、帰りの「スタジアムエクスプレス」ですが、試合の進行が遅かったため、6回あたりでスタジアムを立たなければなりませんでした。でも、そんなお客さんのために車内ではラジオの実況中継がずっと流れていました。もっとも、池袋に到着するまでにゲームセットにはならなかったのですが、なかなか粋な計らいをしてくれたものでした。

この臨時特急は交流戦期間中限定ですが、プロ野球のチームを持っている鉄道会社ならではの企画で楽しむことができました。スタジアムの行き帰りもゆったり座っていきたいというニーズもあるでしょうから、車内での企画は別としてこういう特急列車を定期的に走らせてもいいような気がします。

|

« 久々の野球観戦 | トップページ | マニアックな市バスツアー »

コメント

 こんばんは。TBありがとうございます。

 私的には「何をいまさら」という感じがしますけど、遅まきながらこうした列車を運行するようになったのは評価したいですね。

 去年は見ることが出来なかった交流戦ですが、今までオープン戦や日本シリーズでしか見ることが出来ない対戦が見ることが出来るとあって新鮮味を覚えました。それと今まであまり馴染みがない選手の姿を見ることが出来るということを考えると、交流戦も面白いですね。

投稿: mattoh | 2006/06/18 21:13

>mattohさん
せっかく特急用の電車があるのですから、もっと前からこういう列車を走らせてもよかったような気がします。今回も交流戦限定ということですが、スタジアムへの観客動員を増やすためにもこういう列車は必要だと思います。

交流戦もこれで終わりましたけど、確かに新鮮な雰囲気があって楽しめました。ファンサービスもいろいろ趣向を凝らしていますし、今後も続いていってもらいたいですね。

投稿: つばさ | 2006/06/19 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/10570035

この記事へのトラックバック一覧です: スタジアムエクスプレス:

» スタジアムエクスプレス号で球場へ [mattoh]
 先日の木曜日(1日)のことを書きたいと思います。  すでにもぶろぐしましたが、 [続きを読む]

受信: 2006/06/18 21:04

« 久々の野球観戦 | トップページ | マニアックな市バスツアー »