« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/31

W杯チケットがない・・・

W杯本番間近になって、チケットが入手できずツアーそのものがキャンセルになってしまうという事態が出てきてしまいました。

W杯チケット入手できずツアー中止 申込者1000人(asahi.comより)

1998年のフランス大会でも、現地に行ったもののチケットが手に入らなくて、スタジアムに入れないということがありました。今回はチケット付きの観戦ツアーはFIFAの規約違反として認められないはずなのですが、このツアーを企画した会社は中国経由の裏ルートでチケットを入手できるとしてツアー催行を強行したようです。

で、その結果がこういうことになってしまったわけで、現地に行って日本代表を応援したいと願っていたサポーターの夢が無残にも打ち砕かれてしまいました。ツアーを企画した会社を信頼して申込みをしたのでしょうが、まさに踏んだり蹴ったりでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/29

赤レンガ倉庫で日本代表を応援

サッカーワールドカップ・ドイツ大会の開幕まであと11日。日本代表チームもドイツ入りして、実戦中心の練習で最終調整を行っています。

さて、横浜の赤レンガ倉庫に日本代表の応援の拠点となる「SAMURAI BLUE PARK」がオープンしました。

W杯日本代表の応援拠点オープン/横浜(カナロコby神奈川新聞社より)

前回のワールドカップ決勝の地となった横浜で、日本代表の活躍を見守りつつ、応援ムードを盛り上げていこうという趣向。ドイツ料理やビールを楽しみながら練習の様子などを大型プロジェクターで見ることができます。しかし、時差の関係でここでのパブリックビューイングはできません。

いよいよ決戦間近という雰囲気が伝わってきます。日本代表にとっては一戦必勝だと思います。とにかく、1次予選突破を目標に頑張ってもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/28

「バースデー割引」拡大

7月生まれの私のところにJALから「バースデー割引」のメールが届きました。

例年ですと夏のピーク時にかかってしまうので、今年の場合は7月13日~27日が対象期間になっていました。しかし、今年は期間が拡大になって7月28日~8月10日、8月18日~21日までの間もバースデー割引の対象となっています。ちょうどうまい具合に拡大の恩恵にあずかることができます。

とはいえ、拡大された期間については運賃も当然別立てで、羽田からだと最安が大阪の11000円、最大で奄美大島・那覇の23000円と幅があります。JTAの便には設定がないので、石垣とか宮古には行けません。

夏休みのピーク時は割引運賃そのものがことごとく使えなくなってしまうので、バースデー割引が使えるというのは結構ありがたいところです。もっとも、その権利を行使して出かけられるかどうかは今のところ未定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/27

東京であんかけスパ

名古屋グルメのひとつ、あんかけスパ。名古屋以外の土地で食べようと思っても、なかなかお店が見つかりません。そういう意味では、名古屋に行かないと食べられない、地域限定グルメなのかも知れません。

そんな中、カレーのCoCo壱番屋(←本社は愛知県)があんかけスパのチェーン店「パスタデココ」を展開しています。チェーン店と言ってもまだまだ店舗数はさほど多くありませんし、東海地区中心の展開ではありますが、そんな中に東京都内でも2店舗出店しているのは貴重な存在です。

今日行ってみたのが「千代田区末広店」。地下鉄銀座線の末広町駅から、中央通りを上野方向に歩いて3分くらいのところにあります。秋葉原からでもさほど遠くありません。アキバ散策の際の腹ごしらえにはおあつらえ向きのロケーションです。

オーダーはソースの辛さとパスタの量も合わせて注文します。このあたり、ココイチのカレーと一緒です。ソースはノーマル・マイルドスパイシー・スパイシーの3種類。パスタの量は基本300gで、最高で900gまで(それ以上注文できるかは不明)。100g増えていくごとに100円増しになります。小食の人は200gもできて、50円引きです。

というわけで、今日はあんかけスパの定番「ミラカン」の400g、マイルドスパイシーでオーダーしました(850円)。あんかけスパにはやっぱり赤いウインナーが欠かせません。極太麺にソースとトッピングを絡めて食べますが、やっぱり美味しいですね。ただ、マイルドスパイシーのソースは本当にピリ辛という程度で、名古屋の元祖「ヨコイ」のソースの方が胡椒が効いていて辛いように思えました。次回はスパイシーを試してみると、「ヨコイ」の味に近づくかも知れません。

とはいえ、400gとなると相当な量のはずですが、ソースの美味しさと相まってぺろりと完食してしまいました。また、アキバに出てきた折には別のメニューを試してみたいですね。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006/05/26

熊本黒拉麺「清正」

ヨドバシ横浜の地下2階にいつの間にかオープンしていた「熊本黒拉麺 清正」に行ってみました。ここは港北ニュータウンにある「ラーメン甲子園」の第3回の優勝店で、その後保土ヶ谷に出店。続いてヨドバシ横浜へと進出してきました。熊本ラーメンの有名店として新横浜ラーメン博物館にオープン当初から出店し続けている「こむらさき」の流れを汲むラーメンです。

煮玉子麺(750円)を注文。スープは豚骨がメインですが、そこに鶏ガラスープを加えて、さっぱりとした仕上がりでした。まあ、普通に美味しいというところ。それにマー油が加わっているので、見た目は黒く少々グロテスクかも知れません。といっても、全面マー油で真っ黒な「なんつッ亭」ほどのインパクトではありませんが。

テーブルに焦がしにんにくが置いてあるのも「こむらさき」と同じ。ふたを開けてみると香ばしい匂いがするのですが、ラーメンに入れてみるとさほどではありません。やはり生のにんにくをギュッと絞るのとは違います。煮玉子は黄身が半熟トロリとなっており、適度に味も付いていて美味しかったです。

総合的に見るとさほどインパクトのある個性的な味というわけではありませんが、まあ普通に美味しいという熊本ラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

こんな愛称ならいらない

横浜市営地下鉄の愛称名、選定委員会の討議が進んで、ようやく絞り込みにまで至るようになりました。選定委員会は以下の3パターンの候補を提示して、交通局に答申をしています。

(1)はまちか線・なかよし線
(2)ブルーライン・グリーンライン
(3)はまちか中央線・はまちか東西線

どれもこれも微妙なものばかりで、とても定着しそうには思えません。4号線は中山と日吉を結んでいるので「なかよし線」ですか。冗談でもこんな愛称にならなければいいのにと思っていたのに、本当に最終選考にまで残っているとは驚きです。「ブルーライン」「グリーンライン」にしても、電車のラインカラーと一致しないので戸惑うことになるかと思いますし、路線名に安易な横文字を使うというのもいただけません。

この中で一番まともなのは(3)の組み合わせですが、それでも「はまちか」なんて接頭語はいりません。「中央線」「東西線」ではどのあたりを走っているかわかりにくいのですが、広いエリアを走っているので地域名にこだわらない方がスッキリするように思えます。

いずれにしても、安易にイメージ戦略に走ってひらがなやカタカナを使った愛称を付けるのはやめてもらいたいものです。路線名というのはあとあとまで影響するものですから、自然と利用者に定着するようなものにすべきでしょう。もし、今回の答申で提示された愛称だったら、かえってつけない方がマシです。

まあ、あとは中田市長がダメ出しして、差し戻ししてくれるのを期待するしかないですね。もっとも、中田市長に石原都知事のようなことができるかどうかわかりませんが。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/05/22

ドリームつくば!?

軽く食事をとったあと、再びバスで東京に戻ることにします。昼下がりの時間帯、やはり並んでいる人はいません。発車時刻が近づくにつれポツポツと集まっては来ますが、せいぜい5人くらいしかいません。

発車時刻の3分前になってようやくバスがやってきたのですが、目の前に現れたバスを見て思わずビックリ仰天! 「メガライナー」の便ではないはずなのに、そこにいるのは2階建バスです。中に乗り込んで2階に上がってみれば、なんとまあ夜行便で使われている3列シートのバスです。これじゃあまるで

「ドリームつくば」

じゃありませんか。なにはともあれ、これで1人掛けのゆったりした座席で東京まで過ごせることになります。

逆コースで常磐道を東京方面に向かいますが、途中の谷和原インターの手前で事故渋滞にはまってしまいました。2車線ふさがれてしばらくノロノロ運転でしたが、ここを抜けてしまえばあとは順調。首都高速に入っても全然渋滞なし。土曜日なので向島ランプで一般道に降りて、浅草を通って上野駅に立ち寄りますが、この状況ならずっと高速を走っていた方が早かったかも知れません。

常磐道の事故渋滞があったにもかかわらず、上野駅には定時の到着。相当余裕を見込んでいるようです。

それにしても、「つくば号」で夜行便のバスを使うというのは驚きです。おそらくイレギュラーだと思いますが、つくばエクスプレス開業前なら絶対にあり得ないことでしょう。とにもかくにも、本当にラッキーに恵まれました。でも、さすがに2度目はないでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/21

つくばエキスポセンター

つくばセンターから緑に覆われた遊歩道を5分ほど歩いていくと、H-2ロケットが見えてきます。ここがつくばエキスポセンターです。

1985年、筑波研究学園地区で開催された「科学万博」をうけ、さらに科学技術に親しんでもらうことを目的として1986年にオープン。今年でちょうど20周年になります。館内は宇宙開発や海洋開発、原子力開発など、最近の科学技術をわかりやすく展示しており、体験しながら親しんでもらおうと工夫されています。

展示もさることながら、ここで見逃せないのはプラネタリウムです。この4月にリニューアルオープンしたプラネタリウムはドーム径が25.6mと世界最大級。そこに最新のシステムが導入され、満天に広がる季節の星空を見上げることができます。

今回上映のプログラムは「宇宙のかなたへ-はじまり、そしてみらいへの想い」と題するもので、種子島でのロケット打ち上げの様子から始まり、宇宙飛行士の野口さん・土井さんのメッセージが紹介され、月や惑星の探索の様子、それに今の季節に見られる星空の様子がドームいっぱいに広がります。宇宙はまさに果てしなく、その探索には終わりはありません。

実はプラネタリウムはこれが初体験だったのですが、普段意識することにない星空に目を向けるいい機会になったような気がします。都会だと街の明かりのほうが輝いているので、満天の星空を目にすることはできませんが、ちょっと田舎に出かけた時にでも星空を眺めてみるとまた違った世界を見ることができそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/20

メガライナー

今日は高速バス「つくば号」でつくばの研究学園都市を目指してみました。前回乗り損ねた「メガライナー」に照準を合わせて、東京駅へと向かいます。

バス乗り場で乗車予定の「メガライナー」が一般車代用でないことを確認して、きっぷ売り場で往復乗車券を購入します。片道1150円のところ、往復乗車券は1700円。片道あたり850円で利用できます。時間の点ではつくばエクスプレスに勝てないのは明らかなので、安さと快適さで共存しようというところなのでしょう。

さて、バス乗り場に到着した「メガライナー」は本当に巨大です。全長15mの2階建てバスは、近くで見ると見上げるような感じです。これだけ巨大なバスに80人以上のお客さんが乗れるのですが、東京駅で乗ったのは結局7~8人程度。見渡してみると2階席には自分を含めても4人しかいません。

時間になって静かに発車した「メガライナー」は日本橋を渡って、ぐるっと一回りして呉服橋ランプから高速に入ります。一般車が利用している宝町ランプはこの巨大なバス、とても曲がり切ることができません。高速に入ると反対車線の渋滞を横目にスイスイといきたいところなのですが、継ぎ目のところでゴツゴツと揺れるのは気になりました。

2階建バスはアイポイントが高いこともあって、見慣れた景色も少し違って見えます。とりわけ、防音壁があるところでは、2階席の位置が防音壁の上にくるので、壁越しの流れる景色も見られます。首都高・常磐道とも渋滞も全くなく、あっという間に桜土浦インターで高速を降ります。途中の停留所でお客さんを降ろして、70分で終点のつくばセンターに到着します。

さて、「つくば号」で「メガライナー」に乗車するのは最初で最後になります。東京駅のバス乗り場に6月1日からのダイヤ改正のお知らせが貼られており、そこには

「メガライナーの運行はなくなります」

とハッキリ書かれていました。まあ、空気を運んでいるような状態ですから、これは仕方ないでしょう。

じゃあ、「メガライナー」のバスはどうなるのか。まだ認可待ちの状態のようですが、6月以降に「青春メガドリーム」として、東京-大阪間で走ることになるようです。確かに「青春ドリーム」は格安運賃がうけて早々に売り切れることが多いので、確かに80人以上乗れる「メガライナー」に置き換えれば、たくさんのお客さんを運ぶことはできます。でも、あの座席で大阪まで乗り通すのはかなりきついのでは、と感じました。リクライニングの角度も浅いですし、なによりシートが硬いです。それに席の間の肘掛けもなく、1人分のスペースはかなり狭いように感じます。まあ、それが利用者に受け入れられるかどうかは、実際に走らせてみないとわからないですね。

とりあえず、「つくば号」での活躍を終えることになる「メガライナー」。ひとまずお疲れさまでした。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006/05/19

修学旅行も様変わり

先日、横浜市立のとある高校の修学旅行で、水難事故が起こってしまったとのニュースが報じられていました。その事故現場が波照間島ということで、そのような離島にまで修学旅行で行くのかと驚いたものです。

ちょうど、それに合わせたかのごとくカナロコ(神奈川新聞のサイト)に県内公立高校の修学旅行の動向についての記事が出ていました。

沖縄が修学旅行先の人気トップ/県内公立高校

県内の公立高校の6割は沖縄を行き先に選んでおり、次いで国内では北海道が続いています。さらに海外にまで足をのばすところもあるということです。やはり、修学旅行での飛行機利用が解禁となったことが大きいでしょうし、沖縄は平和学習と体験型学習の両立ができるというのも人気の要因でしょう。

飛行機利用が解禁になる前なら、平和学習の定番といえば広島でした。ですから、当時は山陽地方を巡る学校が多かったです。中には中学・高校と続けて関西という悲惨な学校もありました。

でも、私の母校は結構恵まれていた方で、自分の世代は九州まで足をのばしていきました。まあ、当時は「のぞみ」なんてありませんでしたから、東京から博多まで6時間以上乗ることになりましたけど、それはそれで楽しかったです。しかも帰りは今は亡き「さくら」に乗って横浜まで帰ってきました。現地ではずっと西鉄の貸切バスのお世話になって、福岡-阿蘇-熊本-島原半島-長崎-佐世保-平戸-唐津-福岡と一回りのコースでした。

まあ、時代とともに修学旅行も様変わりというところでしょうか。いきなり海外なんていうのは結構羨ましいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/18

ココログ重すぎ

今日は仕事が休みなので早い時間に投稿しています。そうしなければならないのも理由があって、今月に入ってから特に夜の時間帯にココログのシステムがめちゃくちゃ重いという状況が続いているためです。

とにかく夜になるとまともに投稿ができませんし、トラックバックの送信もできません。さんざん待たされたあとになって

「問題が発生しました」

というエラーメッセージが出てきたり、挙げ句の果てにはシステム側から

「Proxy Error」

のメッセージが返ってきて、投稿したメッセージが吹っ飛んでしまうということもしばしばです。こちらはただ投稿する文章を書き込んで「保存」ボタンを押しただけなのにです。

障害情報のアナウンスも17日になってようやく掲載されましたが、あまりにも遅すぎます。しかも、その内容も「21時から25時の高負荷の時間帯の利用を避けての利用をお願いします」というもの。でも、そういうお願いをするのってあまりにも筋違いじゃないでしょうか。本来、トラブルの原因はシステム側にあるにもかかわらず、利用者に対して利用を控えるようにというのは明らかにおかしいです。高負荷の時間帯であっても快適な環境を構築するのが運営側の務めではないでしょうか。

社長のブログでもトラブルの認識は示していますが、そもそも1か月半以上もこのような状態が続いていること自体異常だと思っているのでしょうか。「改善に努力するので、暫く時間をいただきたい」と書いてありますが、ユーザーはどれだけ待たされているのかわかっているのでしょうか。

猛省を促すと共に、具体的なスケジュールをユーザーに提示して安心して利用できる環境を整えていただきたいものです。

| | トラックバック (2)

2006/05/16

ウチの監督はベースを投げます

今日の広島カープ西武ライオンズの交流戦、広島のナインはおそろいの真っ赤なTシャツを着て登場しました。

広島・ブラウン監督大笑い-「うちの監督はベースを投げます」(SANSPO.COMより)

そのTシャツというのがなかなかのブラックジョークで、胸には「危」「DANGER」と大書きされていて、背中には「MY MANEGER THROWS BASES」。先日、一塁ベースを引っこ抜いて退場処分となったブラウン監督のことです。しかも監督のTシャツは「I THROW~」となっているスペシャルバージョンです。

これが日本人の監督だったらおかんむりなんでしょうが、そこはアメリカ人の指揮官だけあってブラックジョークも大笑いで返すだけの余裕。なかなかの大物ぶりですね。

でも、判定に不満だからと言ってベースを投げてはいけません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/05/15

W杯日本代表決定

サッカーW杯の日本代表がジーコ監督によって発表されました。

ジーコ監督はこれまでの実績を重視した選考を明言し、「選んだメンバーには自信がある」と言っており、おおむね順当なメンバー選出のように感じます。

唯一、サプライズと言えるところがFWメンバーの選出でしょうか。代表メンバーの中で一番の点取り屋となっていた久保選手が落選し、最近Jリーグや代表でもめきめきと台頭してきた巻選手が選出された時には、会見場にどよめきが起こっていました。久保選手は確かに実績はあるのですが、コンディション面で不安を抱えています。そういう選手をW杯のメンバーに入れるわけにはいかないというジーコ監督の判断なのでしょう。

今の状況の中でベスト、かつ最強の日本代表チームとなりましたが、グループリーグは難敵が待ちかまえています。最強軍団のブラジル・ヒディンク監督率いるオーストラリア・それにクロアチア・・・。グループリーグを突破し、決勝トーナメントに進むことが最初の目標となりますが、なかなか険しい道のりです。

とにかく、1戦1戦が大事です。ベストを尽くして頑張ってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/14

さよなら交通博物館

今日、神田の交通博物館が70年の歴史に幕を閉じ、閉館となりました。

東京・神田の交通博物館、70年の歴史に幕(asahi.comより)

TV各局のニュースでもこのことが報じられていましたが、最終日となる今日は開館前に1000人もの行列ができて、開館時間も1時間繰り上げたとのこと。1000人もの行列ともなるとどのあたりまで延びていたのでしょうか。万世橋は優に越えて、神田川を取り囲むようにして行列ができていたのでしょうか。で、最終的には13800人ほどの入館があって、博物館の最後を大勢の人が見届けました。

やはり閉館間際ともなると多くの人たちが押し寄せてきたようです。先日、旧万世橋駅遺構見学に照準を合わせて出かけていきましたが、まさに最後の機会に貴重なものを見ることができましたし、見学を通して子供の頃に訪れた記憶がよみがえってきました。おそらく、乗り物好きになったきっかけのひとつはここの存在だったのかも知れません。

来年の鉄道の日には鉄道博物館として大宮に移転、リニューアルとなります。交通博物館の資料も引き継がれるでしょうし、新たに実物の車両が多数展示されるとのことです。ちょっと遠くなってしまうのですが、楽しみにしたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/12

夜行バス3連泊・・・

いま、tvkで放映されている「水曜どうでしょう」の再編集版(金曜日23時から)で「3夜連続深夜バスだけの旅」が放映されています。

札幌から博多まで、夜行バスだけを乗り継いで行くというもので、第1走者は札幌-函館間を結ぶ北都交通「オーロラ号」(現在は「高速はこだて号」)です。そして、函館から青森まではフェリーでつなぎ、青森から東京までは「ラ・フォーレ号」。そして、トリを締めるのは日本最長距離を走る夜行バス、西鉄「はかた号」です。

今日はその第2夜。函館に着いて、舞台は一気に青森へ。京浜急行バス「ラ・フォーレ号」にミスター一人が乗り込んだはいいけれど、なんと東京まで乗客の途中休憩なし(乗務員の交代のため3か所停まるが・・・)。これではやられっぷりなどわかる由もありません。とりあえず、2回目の乗務員交代となる福島県の国見サービスエリアを出たところで今日はおしまい。来週に続きます。

夜行バスだけの乗り継ぎなので、休養は充分に乗れるのでしょうが、さすがに夜行バスで3連泊というのは体力的にきついと思います。とりわけ、最後の「はかた号」は14時間以上乗りっぱなしですから、いくら車内設備が充分なほど整っていたとしても、博多に着いた頃には憔悴しきってしまいそうな気もします。

自分もかつては関西方面に出かける時に往復夜行バス利用というのをやったことがありました。なにしろ運賃がリーズナブルなことと、朝早くから時間を有効に使えることもあって積極的に使っていたものです。でも、やはり2連続で夜行バスの車中で過ごすというのは、結構体力的に堪えました。案外、車中で寝付けないこともあって、翌日の行動に支障が出るようなこともありました。

まあ、こんな様子でしたから、夜行バス3連泊なんてとてもとても。。。「どうでしょう」のメンバーには頭が下がります。でも、やっぱり博多に着いた時はかなりのやられっぷりになりそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/05/11

祝!2000本安打

昨日の時点であと1本とリーチがかかっていたベイスターズ・石井琢朗選手の通算2000本安打。やはり本人も地元で決めたいという気持ちが強かったようですが、今日のイーグルス戦・1回先頭打者としてで見事に達成することができました。

横浜の石井、史上34人目の通算2000本安打達成!(SANSPO.COMより)

石井選手はもともとピッチャーとして入団したのですが、入団3年後に内野手に転向。その後は不動の遊撃手として活躍し、事実上15年間での偉業達成です。

ただ、チームの方は7回に集中打を浴びてしまい敗戦。せっかくのメモリアルデーを勝利で飾ることができなかったのは残念でした。イーグルス相手に手こずっているようでは先行き不安です。

明日からは札幌に移動してファイターズ戦です。気持ちを切り替えて、あくまでの挑戦者のつもりで試合に臨んでもらいたいものです。

そういえば、牛島監督って飛行機移動が代嫌いだそうですが、移動日なしで札幌へ行くとなるとどうするんでしょうね? まさか「はやて」~「白鳥」~「スーパー北斗」で移動することになるのでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006/05/09

交流戦スタート

プロ野球は今日からセ・パ交流戦が始まりました。ベイスターズの最初の相手は楽天イーグルス。奇しくもプロ野球最下位決定戦という不名誉なレッテルを貼られてしまいました。なんとも情けない限りです。

楽天は横浜とセパ最下位決戦(nikkansports.comより)

昨年はイーグルスには6戦6勝と相性が良かったのですが、あのノムさんが率いているだけあってやはり油断はならない相手です。でも、パ・リーグの借金を一手に抱えているだけあって、選手層の薄さは否めません。岩隈がいないので、計算できるピッチャーは一場だけしかいませんからね。

もし、イーグルスに負け越すようなことになれば、もはやどうしようもないのですが、さすがに今日の初戦はしっかりとモノにすることができました。番長の通算100勝に花を添えることができましたね。あとは2000本安打まであと3本になった石井琢郎選手も、ぜひ地元で決めてもらいたいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/05/08

3G携帯

土曜日に機種変更した3G携帯、まずは電話帳の復旧作業を行っていますが、ひとつひとつ手入力でやらないといけないので、遅々としてなかなか先に進めません。つくづく、メモリカードはメモリダイヤル編集ソフトでバックアップを取っておけば良かったと思うのですが、もはやあとの祭りです。

同じメーカーの端末でありながら、これまでの2G携帯とは操作性が多少異なるので戸惑いもあります。このあたりはマニュアルを見るより、まずはいじりながら操作を覚えていった方が慣れるのも早いのではないかと思います。

3G携帯に変更することによってなくなった機能もあります。「ステーション」機能がそれで、リアルタイムで場所に応じてタウン情報やニュース、天気予報などの情報が送信されてきて非常に便利だったのですが、これが使えなくなったのはかなり痛いです。あと、料金体系がこれまで30秒単位だったのに対し、3Gでは1分単位の課金となり、短い通話の時には損した気分になりそうです。

良くなった点はウェブの速度が速くなったこと。ストレスなく動作します。だからといってあまり使いすぎると大変なことになりますから、パケット定額をつけて「パケ死」状態にならないようにしています。

とりあえず、あせらずに徐々に慣れていくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/07

伝説のすた丼

5月3日にオープンした「品達ーどんぶり五人衆」に行ってみました。

やはりお目当ては「伝説のすた丼」です。オープンしたばかりで混雑状況が読めたかったのですが、16時過ぎという中途半端な時間だったこともあって行列もなくすんなりと入ることができました。

伝説のすた丼は600円。本店の価格よりは少し高いのですが、こういうフードテーマパークの中にあるお店にしてはリーズナブルです。店内に入るとにんにくの匂いが漂ってきます。匂いに抵抗がある人にはちょっと辛いかも。カウンター席に案内されて壁に目をやると、「掟」と大書きされたこの店での作法が書かれています。

一.絶対にすた丼を食うべし
二.いつ何時もすた丼を食うべし
三.時には・・・
四.飯は一粒たりとも残すべからず

なかなか挑発的な文章ではありますが、それだけ「伝説のすた丼」に自信を持っているのでしょう。

ところで、そのすた丼とはどんなものなのか? 豚バラ肉と長ねぎをにんにく醤油で炒めて、どんぶり飯の上にのせたもの。それに生卵を落とします。実際、ボリュームはかなりのものです。「ホントに600円でいいの!?」というほどの量はあります。この上に「特製すた丼」(750円)もあるのですが、これになるとさらにボリュームアップかも知れません。

香ばしいにんにく醤油の香りが漂って食欲をそそります。卵を混ぜてひたすらかきこみます。これは噂通りの美味しさです。辛いのが好きな人はテーブルの上にコチュジャンが置いてあるので、どんぶりに混ぜるといいかも知れません。実際試してみましたが、少しピリッとした味わいになって味の変化を楽しめます。とにかくボリュームはありますが、あっという間にたいらげてしまいました。

これ、けっこうクセになりそうなどんぶりです。これからついつい足が向いてしまいそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/06

携帯水没。。。

今朝、会社のトイレで携帯をいじっていたら、何かの拍子でポトリと落ちてしまい、見事に便器の中へ水没してしまいました。すぐに拾い上げたものの、もはや電源が入らない状態になってしまい、約2年間使っていた今の携帯はお亡くなりになってしまいました。

携帯が使えないと支障が出るので、仕事が終わってから横浜駅のボーダフォンショップに駆け込みます。話を聞いてみると水没した際の修理費用はなんと24000円! いくら保証対象外とはいえ、あまりにも法外な修理費用に唖然としました。ショップの方も機種変更した方が安上がりということなので、この際おすすめに従って機種変更することにしました。

これまでずっとシャープ製の機種を使ってきたので、やはり機種変更後もシャープ製と決めてはいたのですが、候補が何種類もあって絞り込むのに時間がかかりました。カメラとか音楽とかはあまり重視していないので、結局V703SHfをチョイス。これなら貯まったポイントを活用して3000円で機種変更ができます。

一応、今回は3G機で「おサイフケータイ」対応です。ヨドバシカメラのポイントカードとか、飛行機に乗る時に活用できそうです。でも、電子マネーはセキュリティのことを考えると積極的に使いたいとは思わないですね。

とりあえず、電話帳のデータがすべて吹っ飛んでしまったので、少しずつ手入力していかないといけません。これがなんともしんどいです。あと、同じシャープ製とはいえ、3G機だと多少操作性も変わってくるので、慣れるまではちょっと戸惑いそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/05

遅ればせながら、ゆりかもめ

3月27日に開業したゆりかもめの有明-豊洲間に遅ればせながら乗ってきました。近いところだといつでも乗れるという感覚があるので、意識しないとなかなか足が向かないものです。

都営バスでビックサイトまで行き、国際展示場正門前から豊洲に向けて乗ることにします。連休中とあってお台場を訪れる人が多いのか、列車のダイヤは遅れ気味です。まあ、4分間隔で次から次にやってくるのでそんな気にするまでもないのですが・・・。

有明を出ると新しく開業した区間になります。有明コロシアムでは何かイベントがあるのか、若者達を中心に人が集まっています。あとで調べてみたらあの亀田兄弟そろい踏みの試合があったようです。

有明テニスの森の先はまだまだ未開の地という印象です。市場前という駅名はついてはいるものの、まだ何もありません。数年後に築地市場が移転することになっていますから、そうなると様子は大きく変わることでしょう。行商人のおばちゃんが大きな荷物を背負ってゆりかもめに乗ってくる、なんてことにもなるのでしょうか。なんともミスマッチな印象です。

というわけで、あっという間に豊洲に到着。これまでは新橋からのアクセスだけだったので、イベント時には大混雑になっていましたけど、豊洲から乗れるようになることで混雑が分散されるようになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

麺小路はんなりや(海老名)

海老名駅前のショッピングモール「ViNAWALK」6番館1階にある「全国ご当地ラーメン処」。ここには7軒のラーメン店が軒を連ねていますが、今日は「麺小路はんなりや」に入ってみました。

一応、京拉麺をうたっている店で、ラーメン業界ではかなり有名な方がプロデュースしたお店のようですが、どうも京都のラーメンってまがい物が多くて、ちょっとばかり不安もありました。他の店はそれなりに混雑していたのに、ここだけはすんなり入れるというのもちょっと気になりました。あちこちのラーメンテーマパークに出店しているらしいのですが、公式のホームページがないのでその実態は不明です。

メニューをみると、鶏そばと豚そばの2種類のスープがあって、それぞれに味噌・塩・醤油味があります。こってり系のスープが好きなので、豚そばの味噌・ワンタン入り(800円)を注文しました。トッピングはチャーシュー・煮卵・コーン・玉葱・もやし、そしてワンタン。もやしの上に辛味噌がのっているのは、一風堂のマネでしょうか。

スープを一口すすってみたら、なんかぬるい。もっとも、麺と一緒に食べればそれなりの熱さになりましたけど。津軽の麦味噌を使った味噌だれということで、味付けは若干甘めです。辛味噌を溶いてもさほど味は変わりませんでした。まあ、普通に美味しいという程度で、あまりインパクトを与えるようなラーメンではありませんでしたね。

ちなみに、以前この場所には徳島中華そばの店「徳福」(本店は保土ヶ谷)が入っていました。でも、今回食べたどんぶりには「徳福」の文字が残っていました。だから、経営者は変わっておらず、看板を掛け替えただけなのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

不気味な地震

今日の夕方、横浜でも震度4の地震がありました。この時、帰宅中の高速バス車内で、ちょうどベイブリッジを渡ろうかという時間でしたけど、揺れはほとんど感じませんでした。でも、車の流れが急にゆっくりになったのは、この地震の影響だったのかも知れません。とはいえ、橋の上でゆらゆらと揺れていたらと思うとちょっとぞっとします。

震源は伊豆半島東方沖。最近、このあたりを震源とする地震が頻発しています。震源の場所は地震ごとに微妙にずれているので、一連の群発地震というわけではありませんが、ある地震の巣の活動が活発になるとそれにつられて別の地震の巣も活動が始まって、その結果同じところで地震が頻発するという現象なのでしょう。

とはいえ、毎日のように地震が頻発するようだと、本当に不気味です。東海地震とか関東の直下型地震の危険性が叫ばれている中ですから、余計に気になってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/01

真夏のバーゲンフェア

JALグループのプレスリリースによると、7月・8月にもバーゲンフェアが追加で設定されています。

詳しくはこちら

設定されている期間は7月21日~23日と8月29日~31日で、学校の夏休みの始まりと終わりを狙った設定です。ただ、7月生まれの自分にとっては、この日程はバースデー割引と思い切りかぶってしまいます。時期が時期だけに北海道方面の路線はすぐに埋まってしまうでしょう。設定期間がダブっていると発売される座席も重なってしまい、バースデー割引で予約するのは困難かも知れません。

まあ、こういうわけで自分としてはありがた迷惑なバーゲンフェアの追加設定ですが、これもANAが同じ期間に「超割」を設定したからにほかなりません。結局、航空会社の運賃設定っていつも横並びになるんですねぇ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »