« 威風堂々 | トップページ | VSEも1周年 »

2006/04/08

ふるさと銀河線

北海道の池田と北見を結ぶふるさと銀河線。いよいよ4月20日をもって廃止になってしまいます。

旧国鉄時代、北海道の赤字ローカル線は軒並み廃止となり、バス転換となってしまいましたが、唯一レールを残したのがここでした。とはいえ、人口も少ない地域ですし、沿線の観光資源も少ないですし、冬の厳しさも相まってレールを維持していくのは本当に大変だったことでしょう。

それでも、多くの人に利用してもらおうと駅の改装を行って街のコミュニティーセンターの役割を担わせるようにしたり、サポーターとも言うべき友の会の会員を全国から募って支えてもらおうと努力を続けてきました。

しかし、近年になってますます利用者が減少し、沿線自治体からの支援も困難な状況ともなり、加えて車両の老朽化(レールバスなので耐用年数が短いのでしょう)という悪条件が重なってしまったため、やむなく廃止の決断をすることになったのでしょう。

これからお別れ乗車とかで賑わうのでしょうが、どうもそういう雰囲気って好きじゃありません。廃止されるからということがわかってお客さんがドッと押し寄せたりすると、現場も大変だと思います。ましてや、ここは車両数にも限りがあるでしょうから、いつも利用している人たちに迷惑をかけてしまうのではないかと心配してしまいます。

ともあれ、最後の日まで無事故で走り続けていってもらいたいものですね。

|

« 威風堂々 | トップページ | VSEも1周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/9495432

この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと銀河線:

« 威風堂々 | トップページ | VSEも1周年 »