« 安いのにガラガラ | トップページ | 真夏のバーゲンフェア »

2006/04/29

弥次喜多ライナー、廃止へ

横浜・町田-福山・広島を結ぶ昼行高速バス「弥次喜多ライナー」、昨年の10月より運行を開始して昼間走る高速バスとしては最長距離を走る路線として話題となりました。

しかし、運行を担当する中国バスのホームページによると、5月20日の運行をもって廃止するという告知が出ております。わずか7か月あまりで撤退ということになります。

まあ、このような事態になるのは予想していました。平日には予約客なしで空気輸送ということもあったようです。これではドライバーの人件費はおろか、燃料代・高速代も出てきません。しかし、定期の路線バスという宿命から、お客がゼロでもバスは走らせないといけません。こういう状況では撤退もやむを得ないでしょう。

JRの「東海道昼特急」が成功しているのは東京-大阪という絶対的需要が多いところに走らせていて、ゆったりと手頃な値段で移動したいという層をとらえることができたからです。しかも、ワンマン運転で、バスも夜行便と共通で、運行も非常に効率的です。

しかし、「弥次喜多ライナー」の場合はそうはいきません。このルートには夜行便も走っていますが、夜行で着いたバスをそのまま使うということができません。専用のバスを仕立てて、ドライバーも夜行便とは別に2人(乗車した方のレポートによると、福山-広島はワンマン運転)なので、コストがかさんでしまいます。「東海道昼特急」の二番煎じを目指したつもりなのでしょうが、あまりにも状況が異なっていて、これではとても成功するとは思えませんでした。

で、結局のところたった7か月で撤退ですから、どういう意図で路線を設定したのか理解に苦しむところです。

|

« 安いのにガラガラ | トップページ | 真夏のバーゲンフェア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/9821391

この記事へのトラックバック一覧です: 弥次喜多ライナー、廃止へ:

» 弥次さん喜多さん さようなら~ [Giraffe's Footprints]
リンク: 平成18年5月21日より、横浜~広島線昼行便「弥次喜多ライナー」運行廃 [続きを読む]

受信: 2006/05/17 21:17

« 安いのにガラガラ | トップページ | 真夏のバーゲンフェア »