« 今日が本当の開幕 | トップページ | 横浜優勝! »

2006/04/03

東京-大阪3000円台

首都圏と関西圏を結ぶアクセスとして、夜行高速バスの需要はかなり大きなものとなっていますが、最近中小の旅行会社の「ツアーバス」が激安料金を売り物にして続々と参入してきています。バスの種類によって値段設定は異なりますが、安いものでは東京-大阪間が3000円台という設定も出ています。

「ツアーバス」参入、東京-大阪「3千円戦争」(asahi.comより)

ツアーバスは旅行商品の一種ですから、価格設定もルート設定も自由というのが路線バスとは大きく異なります。これだけ安くできるのも空いている観光バスとドライバーを安く借り上げているためです。

その一方で夜行高速バスの方は多様なニーズに応えるべく、様々な対抗措置を講じています。JRバスのドリーム号では、3列独立シートを標準として、ちょっと料金を上乗せすれば眠るために開発された座席を確保できるようになっていますし(「スーパードリーム」「プレミアムドリーム」)、安く移動したい向きには4列シートトイレ付きの「青春ドリーム」(5000円)、同じくトイレなしの「超得割青春号」(4200円)もあります。「超得割青春号」は正座席が満席になれば補助席を半額の2100円で発売しています。また、近鉄バスでも格安便の「カジュアルツインクル」「フライングスニーカー」を運行しています。

確かに格安で移動できるのは「ツアーバス」の最大のメリットです。とはいえ、事故やトラブルに巻き込まれた時のことを考えると、責任の所在を明確にできるのかどうか不安も残ります。それを考えると「ツアーバス」の利用にはちょっと躊躇してしまうかも知れません。

まあ、自分としては、4列シートの夜行高速バス自体ゆったりできないので、あまり乗りたいとは思わないのですが、最低でも「青春ドリーム」くらいのレベルのバスにとどめておきたいですね。

|

« 今日が本当の開幕 | トップページ | 横浜優勝! »

コメント

この手の格安バス、しっかりしているところはちゃんとあるのですが、一方で相当に古いバスを使用しているケースもあったりします。
新聞記事の中では「空いているバスを格安で借り上げる」ような書き方にしていますけれど、実際には「貸切バスの稼働率が低いのをいいことに買い叩いている」ようなケースもあることを考えると、やはり積極的に利用する気にならないんですよね~。
まあ、私の住んでいるところは、大阪からの帰りは「青春ドリーム」が止まりますから、もともと積極的に利用する理由がないんですけれどね^^;。

投稿: のぞみくん | 2006/04/04 00:54

>のぞみくん
実際に乗られたバスはそれほどいい加減って感じではなかったようですね。とはいえ、4時台に放り出されるのはどうかと思うのですが。。。路線バスではまずあり得ないですね。
でも、こういう旅行会社も千差万別ですから、中には酷い対応をするところもあるかも知れません。
やはり、きちんとした路線バスの方が安心感がありますね。

投稿: つばさ | 2006/04/04 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/9415420

この記事へのトラックバック一覧です: 東京-大阪3000円台:

» 会員制夜行バス「キラキラ号」 [Cassiopeia Sweet Days]
乗らないうちからあれこれ言うのもどうかと思って、帰りは会員制夜行バスを利用してみることにしました。 実は、安く上げるというだけなら「青春ドリーム大阪」が5000円という運賃で存在し、上り便は私の最寄りバスストップでも停車するので、この時点で積極的に会員制夜行バスを利用する理由がなくなってきているのは事実^^;。 そこで、今回は「青春ドリームにないものがある」というポイントを重視。いろいろ探した結果、「青春ドリーム」よりもシートピッチが広くてフットレスト・レッグレスト付の専用車を運用して...... [続きを読む]

受信: 2006/04/04 00:58

« 今日が本当の開幕 | トップページ | 横浜優勝! »