« うどん4杯目:こんぴらや 兵庫町店 | トップページ | サンポート高松 »

2006/03/21

うどん番外編:東京麺通団(新宿)

本場のさぬきうどんの食べ歩きは4杯目で打ち止めになりましたが、今日は久しぶりに新宿の東京麺通団に行ってみました。

このお店、言わずと知れた田尾和俊団長率いる「麺通団」プロデュースのお店です。この「麺通団」こそが現在のさぬきうどんブームの火付け役と言われています。そして、万を持して東京に進出して本場のさぬきうどんを食べさせるべく自前の店を出したというわけです。サイトによればこのお店は「製麺所型職人セルフの店」と位置づけられています。

今日はめんたいしょうゆの大(390円)を注文。冷たいうどんにダシ入りの醤油をかけ、それに明太子をトッピングしたものです。天ぷらは種類が豊富で目移りするのですが、かき揚げとえびちくわ(各100円)をチョイスしてから会計です。レジの横に薬味が置いてあって、ネギも入れ放題です。

うどんは打ちたて・茹でたてを冷たい水で締めているので、強いコシがあります。やはりうどんのコシを実感したいのなら冷たいうどんに限ります。それに醤油と明太子、たっぷりのネギを絡めながら食べますが、この取り合わせ意外とよく合います。強いコシのうどんと明太子のピリ辛が調和しています。

不意に近場でさぬきうどんが食べたいなと思ったら、ついついここに足を向けていることが多いです。それだけ、本場に近い雰囲気だからなのでしょうね。

|

« うどん4杯目:こんぴらや 兵庫町店 | トップページ | サンポート高松 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/9196768

この記事へのトラックバック一覧です: うどん番外編:東京麺通団(新宿):

« うどん4杯目:こんぴらや 兵庫町店 | トップページ | サンポート高松 »