« 特急「東海」 | トップページ | 木村カエラ、辞職 »

2006/03/27

横浜に「アキバ」ブーム到来?

先日、久しぶりに秋葉原に立ち寄ってみましたが、その変貌ぶりには驚かされました。「ヨドバシAkiba」のオープンとつくばエクスプレスの開業と重なって、駅周辺の再開発も進んで、雑然とした雰囲気が一変していました。それに、駅の周りや歩行者天国になっている中央通りではメイド服姿の女の子がチラシ配りをしているのをあちこち見かけました。

秋葉原周辺ではいわゆる「萌え系」のお店が増殖しています。メイドカフェから始まって、居酒屋やマッサージ、果ては美容室まで、その手のお店は飽和状態になっていて、よほど特色を出していかないとまたたく間に淘汰されてしまいそうな感じもします。

さて、その「アキバ」からの流れが横浜にも押し寄せてきました。3月になっていわゆる「奥横浜」と呼ばれている横浜駅西口・岡野地区にメイドカフェが立て続けに2軒オープンしています。

(ヨコハマ経済新聞のサイトから)
岡野に“メイドの部屋を模した”メイドカフェ「DearCafe」
萌えビジネスに横浜スタイルは生まれる?

やはり、横浜と秋葉原はさほど距離が離れているわけではないので、いわゆる「オタク」と呼ばれている人たちは聖地を目指すのでしょう。人が人を呼んで秋葉原にはお店が乱立状態になっている反面、横浜を含めて周辺ではそういうブームから取り残されている感もありました。

とはいえ、横浜で萌えビジネスを成立させるためには、「オタク」以外の人たちを取り込まないとならないでしょう。そういう意味では秋葉原とはひと味違う特色を打ち出しつつ、ブームに乗っかっていこうと試行錯誤してるところなのかも知れません。

でも、自分としてはこういうブームはどうなのかなぁ。。。

「お帰りなさい。ご主人様」

なんて言われた時には、店の前で固まってしまいそうな気もします(笑)。

|

« 特急「東海」 | トップページ | 木村カエラ、辞職 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73384/9289075

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜に「アキバ」ブーム到来?:

« 特急「東海」 | トップページ | 木村カエラ、辞職 »